2019.01.05

第57回スポーツニッポン賞京都金杯 見解


前走で古馬マイルオープンを制した12番パクスアメリカーナが中心。
内枠有利なレースで前走好走の2枠2頭にディープ産駒02番サラキア。
裏番06番アドマイヤアルバまでが相手候補。
押さえに01番08番09番11番15番17番へ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回日刊スポーツ賞中山金杯 見解

内枠有利な傾向も踏まえて、出目の08番マウントゴールド、06番エアアンセムが中心。
相手に前年2着の11番ウインブライトと02番アドマイヤリード。
押さえに01番04番09番15番を。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.23

第63回有馬記念 見解

障害の怪物オジュウチョサンの参戦が注目を集める有馬記念。
グランプリレースと呼ばれる有馬記念と宝塚記念は馬券対象馬とその同枠裏番に入った馬で馬券を構成する資格継承馬券で決まることが多いレースです。
枠順からは内外06番目に配置された下記の2頭が最も重要な資格継承馬となります。
 16年有馬記念1着 06番サトノダイヤモンド(18年宝塚記念1着同枠)
 18年宝塚記念1着 11番ミッキーロケット
天皇賞秋1着の1番人気12番レイデオロとアルゼンチン共和国杯を勝った05番パフォーマプロミスも馬券対象グループ馬となり、まずは3枠6枠を馬券の中心ととらえるべきでしょう。
次候補は昨年も同枠に括られた8枠で、昨年3着の15番シュヴァルグランは人気落ちで食指が動きます。オジュウチョウサンの裏番で同じ7歳馬のサクランプルールもコース巧者で大穴狙いの押さえと考えています。
これに加え、スマートレイアーと同枠でレースを作る14番キセキ。
押さえに内枠の02番03番04番とサウンズオブアース同枠の08番を。

JRAのFacebookは1990年オグリキャップ。
 馬番:08番ブラストワンピース
 人気:04番人気⇒08番ブラストワンピース
 前走:JC⇒14番15番10番06番07番
 5歳牡馬:04番06番09番11番
 前々年制覇:3歳、5歳 06番サトノダイヤモンド
 騎手:武豊⇒01番オジュウチョウサン
 前年有馬記念5着⇒15番カレンミロティック
 地方出身馬:09番リッジマン
 芦毛:13番スマートレイアー
復活という意味では、06番サトノダイヤモンドが最も近い気がします。

軸馬:06番11番
相手馬:05番12番14番15番
押さえ:02番03番04番08番16番

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.09

第70回阪神ジュベナイルフィリーズ 見解

今週は2歳女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズ。
JRAのFacebookは11年ジョワドヴィーヴル。
 馬番:13番ダノンファンタジー
 04番人気:11番ビーチサンバ
 前走/新馬1着→10番タニノファッション
 騎手/福永祐一:11番ビーチサンバ
 ディープインパクト産駒:04番シェーングランツ13番ダノンファンタジー
 馬主/サンデーレーシング:09番クロノジェネシス17番トロシュナ
 生産者/ノーザンファーム:02番09番13番15番16番
 兄弟G1馬:04番シェーングランツ11番ビーチサンバ

兄弟姉妹にG1馬という要素を重視すると04番シェーングランツと11番ビーチサンバ、前走アルテミスSの連対馬が軸候補となります。
上記2頭に09番クロノジェネシスを加えた3頭が最有力。
押さえに10番13番02番01番05番12番17番を。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.02

第19回チャンピオンズカップ 見解

鍵馬は近年3年間馬券の構成要素に関連していた05番ノンコノユメ。
JRAのFBに掲出されているホッコータルマエと同様、今年のフェブラリーSで中央G1を初制覇しました。裏番11番オメガパヒューム、同枠04番アポロケンタッキーを含めて、馬券フォーカスとなります。
昨年のチャンピオンズカップ最先着で、今年京都競馬場で行われたJBCクラシックを制した08番ケイティブレイブがもう1頭の鍵馬で、同枠09番サンライズソアを含めて馬券候補です。
05番08番11番09番といった上位勢のBOX馬券が最有力で、押さえに1番人気人気02番ルヴァンスレーヴ、京都巧者の高齢馬06番15番と唯一牝馬でG1馬の01番を。。

Facebookは昨年に続き 2014年ホッコータルマエ
 人気:2番人気⇒08番ケイティブレイブ
 馬番:08番ケイティブレイブ
 前走:JBCC4着⇒05番ノンコノユメ
 性齢:5歳牡馬⇒08番ケイティブレイブ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.18

第35回マイルチャンピオンシップ 見解

昨年1着の02番ペルシアンナイトが鍵馬。
昨年のマイルCSと今年の安田記念で裏番から連対馬を指示し、京都マイル重賞の京都金杯を勝った04番ブラックムーンが影馬となります。
馬券の軸は02番ペルシアンナイトとブラックムーンの裏番に入った15番アエロリット。
アエロリットは京都での実績がないため、昨年と同じ富士S5着からの叩き2戦目となる02番ベルシアンナイトが中心です。
相手に上記アエロリットと京都マイル巧者08番モズアスコット、07番ロジクライの4枠2頭。
軸馬の同枠01番ステルヴィオと裏番17番ロードクエストの5頭。
過去10年で前走4着馬、10着以下馬は馬券になっていないことから実績上位の03番06番14番は評価を落とし、13番18番を加えて押さえに。

JRAのfacebookは1987年ニッポーテイオー。
枠馬:7枠
馬番⇒11番ジャンダルム
前走天皇賞秋⇒03番アルアイン/04番ブラックムーン
前年マイルCS2着⇒14番エアスピネル
安田記念2着⇒15番アエロリット
01番人気⇒08番モズアスコット
年内複勝率100%⇒08番モズアスコット/10番ミッキーグローリー
4歳前走1着⇒15番アエロリット

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.11

第43回エリザベス女王杯 見解

ディアドラやアーモンドアイが不在で、やや盛り上がりに欠けるエリザベス女王杯となりました。
出馬表からは高齢8歳牝馬のスマートレイアーが目を惹きます。
この馬を鍵とすると同枠でG12着4回の12番リスグラシューと裏番で昨年の勝ち馬07番モズカッチャンが馬券の軸馬として浮上します。
JRAFacebookでファレノプシスを取り上げたことを「札幌記念から参戦するG1牝馬」と考えると、07番モズカッチャンが最も有力です。
上記の2頭の相手には秋華賞から08番カンタービレ、昨年2着の09番クロコスミア、牡馬混合重賞2着から参戦する05番レッドジェノヴァ。
押さえに02番06番13番16番などが候補となります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.28

第158回天皇賞(秋) 見解

古馬芝2000mのG1は現在1番人気が4連勝中。
昨年は春秋の2000mG1をキタサンブラックが制しましたが、今年も1番人気05番スワーヴリチャードに注目が集まります。
04番レイデオロとのゾロ目含みと09番サングレーザーの内外05番の三連単馬券が本線。
10月28日実施の天皇賞秋がいずれも06番が馬券に絡んでいる点と武豊が秋のG1が3連続3着中という傾向から06番マカヒキの3着付けも狙い目となり、05番-04番-06番と05番-09番-06番の2点は押さえておきたい馬券です。
1番人気の連勝も武豊の3着もいずれ途切れる要素なので、絶対視はしていませんが、軸は05番か06番におきたいと思います
唯一牝馬03番ヴィブロス、センター配置07番アルアイン、宝塚記念を制して人気薄の11番ミッキーロケットを加え、天皇賞秋の影響馬01番ステファノスと裏番13番アクションスターを大穴の押さえで。

JRAのFBは2008年 ウオッカ
騎手:武豊⇒06番マカヒキ
牝馬:03番ヴィブロス
人気:01-02-03の人気順決着

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.21

第79回菊花賞 見解

3歳牝馬戦線ではアーモンドアイが三冠となりました。
菊花賞は皐月賞、東京優駿の大荒れを受けて高配当を期待したいところです。
鍵は、皐月賞馬で東京優駿2着の05番エポカドーロ。
同枠06番メイショウテッコンと裏番14番グロンディオーズを含めたグループ馬が中心。
東京優駿の結果から05番人気の14番グロンディオーズと07番人気の06番メイショウテッコンは狙い目です。
相手に京都巧者02番グレイル、09番エタリオウ。
押さえに03番04番07番10番11番12番13番15番16番18番を。
東京優駿の出目継承からは07番12番を重視したいと思います。

JRAのFBは2004年デルタブル-ス
 8-3(18-05-01)※内外01番/人気08番04番06番
馬番:18番グローリーヴェイズ
騎手:岩田康誠→02番グレイル
馬主:ノーザンレーシング→11番12番13番14番
生産者:ノーザンファーム→02番03番07番09番11番12番14番15番
08番人気:02番グレイル
前走:1000万ハンデ特別戦1着→10番アフリカンゴールド

02番グレイルや条件特別から参戦する10番14番に注目です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.14

第23回秋華賞 見解

11番アーモンドアイの牝馬三冠がかかる秋華賞。
過去10年では、オークスからの直行はすべて4着以下に敗退している点は、2番人気の07番ラッキーライラックとともに懸念材料となります。
過去オークスからの直行で馬券になった2頭は、2006年カワカミプリンセス(オークス馬)、2001年テイエムオーシャン(桜花賞馬)で、いずれもG1勝ち馬だったことから、1番人気のアーモンドアイは軸として外せません。
過去10月14日に行われた秋華賞は、いずれも1番人気2番人気ともに馬券になっていて、荒れない決着でした。
◆10/14施行の秋華賞
 2012年 7-1(14-01-02) 人気01-02-06
 2007年 7-8(13-17-16) 人気02-07-01
 2001年 1-5(02-09-06) 人気01-02-03
また、過去傾向から重視するポイントは下記の通り。、
●社台グループ生産 9-7-7 
 01番05番06番07番08番09番11番14番15番16番18番
●前走4着以内 9-8-7 連対候補はほぼ前走4着以内
  01番02番04番05番06番07番09番11番12番13番14番16番18番
●前走の着差 0.2秒以内の勝ち負け 8-7-7
  02番05番16番
●前走4番人気以内 10-6-6 
  05番07番09番10番11番12番13番16番18番
上記をすべてクリアしているのは05番サラキア
馬券は11番と05番を中心に02番が本線。
ディープ産駒のローズS組02番01番10番08番に紫苑組で内枠の04番06番を。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第69回毎日王冠 見解