« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004.10.28

武蔵野S&スワンS

【武蔵野S】

 昨年はロングカイソウが3着かつ1着同枠。ここはこの馬がキーホース。
 同枠、裏番に要注意です。騎手ではペリエ、田中勝春でエコルプレイス、
 サイレスボーイ、厩舎は松田国英なので特にエコルプレイスには注意が
 必要です。

 ★国際G3レースでは富士Sとの枠出目連動
 01年 富士S -1 → 武蔵野S 8-8
 02年 富士S -8 → 武蔵野S 7-
 03年 富士S -2 → 武蔵野S 1-
 04年 富士S 1-4 → 武蔵野S 1枠or4枠
 オープンクラスの東京ダート1600mという観点からは、
 トップオブワールド、エイシンハンプトン。準オープンまで広げれば、
 ピットファイターまでを視野に入れて。

【スワンS】

 こちらは昨年1着のギャラントアローが出走します。この馬に注意を
 払いながら馬券を考えたいと思います。

 ★国際G2芝1400mの京王杯杯SSとの出目関連
 01年 京王杯SS 8-7
 01年 スワンS  7-8
 02年 京王杯SS 8-8※ゾロ目
 ---------------------------------
 02年 スワンS  3-(05-10-02)
 03年 京王杯SS (11-06-13)
 03年 スワンS  13-07-08)
 04年 京王杯SS 07-11-02)
 04年 スワンS  4枠or6枠(07番or11番or02番)

 ★古馬芝1400mオープン競争
 02年 NSTオープン 6-※カブ目
 02年 スワンS    
 03年 京王杯SS   7-
 03年 NSTオープン 3-3※ゾロ目
 03年 スワンS    7-
 03年 オーロカップ  5-※カブ目
 04年 京王杯SS   (07-11-02
 04年 NSTオープン -7(09-12-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇賞 秋 平日見解2

出馬表が発表されました。

 05番には、ツルマルボーイ。今年は東京コースの安田記念を制し、昨年は同レース
 2着。7勝のうちの4勝を左回りであげ、左回りの連対率は75%と名うての左回り巧者
 です。とりあえずこの馬を中心視した馬券を考えざるを得ません。
 G14連対はメンバー1ですので、遜色ない馬といえるでしょう。菊花賞を1番人気で
 落とした橋口厩舎です。ここがこの馬を1、2着で考えた馬券をまず購入します。
 相手は、外05番目13番のゼンノロブロイ。春の天皇賞2着の実績に、鞍上にはシン
 ボリクリスエスで1着だったペリエならば、ツルマルとのシメトリーの配置も考慮して、
 馬券からは外せません。まずは人気でしょうが、この2頭を軸とした馬券が本線です。
 あと、テレグノシス、シルクフェイマス、リンカーン、良ならアドマイヤグルーヴやサクラ
 プレジデントといったところを考えています。

 

続きを読む "天皇賞 秋 平日見解2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

天皇賞(秋) 平日見解1

どうもパッとしない秋のG1予想です。
今週は週末の更新ができませんので、平日でボチボチと・・・

春はサンライズジェガーを機軸にした予想で、裏番のリンカーンを指名したのですが、
サンライズジェガーの同枠のイングランディーレが走ってアウトだった天皇賞。

同じ考え方ならば、昨年2着のツルマルボーイがキーホースであり、この馬をどう
考えていくかが私の馬券の基本となります。
春の天皇賞はヴィータローザが2着ゼンノロブロイの同枠で橋口厩舎がこの天皇賞
もポイントとなるのでは?

秋のG1の出目は05番継続。
もう1戦押してみるのも手ではありますが、さてどうでしょう。

続きを読む "天皇賞(秋) 平日見解1"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.22

10月23日見解 富士S

【富士S】

★関東地区本場(東京・中山)の古馬G3芝1600mの枠連出目

01年 東京新聞杯   4-1※1番人気
01年 ダービー卿CT 5-6
01年 京成杯AH   5-6※1番人気
01年 富士S     8-1
--------------------------------------
02年 東京新聞杯   -3
02年 ダービー卿CT 4-7
02年 富士S     -8
---------------------------------------
03年 東京新聞杯   -6
03年 ダービー卿CT 7-2
03年 京成杯AH   7-5
03年 富士S     -2
---------------------------------------
03年 東京新聞杯   8-
03年 ダービー卿CT 6-7
03年 京成杯AH   -1
03年 富士S     7枠or1枠

★東京1600m国際重賞 安田記念との枠連出目

00年 安田記念 6-5 ⇒ 富士S 6-5
01年 安田記念 -5 ⇒ 富士S -1
03年 安田記念 -8 ⇒ 富士S 5-
04年 安田記念 7-5 ⇒ 7枠or5枠

★オープンクラス 富士タイトル 白富士Sとの連動

00年 白富士S -1 ⇒ 富士S -5
01年 白富士S -3 ⇒ 富士S -1
02年 白富士S -2 ⇒ 富士S -8
03年 白富士S -1 ⇒ 富士S 5-
04年 白富士S 3-6 ⇒ 富士S 3枠or6枠
3連複発売以降は馬番も連動    03番or05番or08番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞 前日見解

トライアル影響下の菊花賞という視点から菊花賞を見ます。

02年 
 セントライト記念 17頭 6-5 12-09-16 ⇒内外09番目、
 神戸新聞杯 16頭 5-8 09-15-14 ⇒内09番目、外02番目、内14番目
 菊花賞 18頭 1-4 02-07-14 ⇒内02番目、内14番目
---------------------------------------------------------------
03年
 セントライト記念 14頭 2-4 02-05-09 ⇒内外09番目、
 神戸新聞杯 13頭 2-6 02-09-11 ⇒内09番目、内02番目、内11番目
 菊花賞 18頭 4-1 08-02-17 ⇒内外02番目、外11番目
---------------------------------------------------------------
04年
 セントライト記念 15頭 7-3 13-04-14 ⇒外02番目、
 神戸新聞杯  8頭 7-2 07-02-08 ⇒内外02番目
 菊花賞 18頭 7枠or2枠 (02番、07番、08番、11番、12番、17番)

05番を支持する共通出目がありました。

★今秋3連単後のG1
 スプリンターズS 3-1 05-01-12
 秋華賞   6-8 11-16-05

★04年芝3000m
 万葉S       -3 05-03-02
 阪神大賞典    -6 05-06-08

昨日の見解を後押しするような出目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞 平日見解

今週は金曜日、土曜日と研修、来週は金曜の夜から日曜日まで広島へ行きますので、
馬券予想のアップが定期でできません。
私がみつけられていないのかも知れませんが、この秋のG1は出目連動が全く機能して
いないような気がします。3連単の発売が始まり、出目が寸断されることは予想していた
のですが、こうも的外れとなると、どう攻めようか考えあぐねます。

もともと菊花賞は、連動出目が探しにくいレースです。
少ないカテゴリー内での予想となるので、傾向が出やすいような気がしますが、
これがなかなか見当たらない。

 菊花賞自身の連動 ⇒ 08-02-17 ※01年~03年 02番連動

 馬齢G1の連動 ⇒ 11-16-05 ※03年は秋華賞~朝日杯FSまで連動

この出目が連動すれば、確実に大穴ですがちょっと自身がない。
-------------------------------------------------------------
こんな見方もあります。

皐月賞2着 8枠
 16番 ハーツクライ 安藤勝己
 17番 スズカマンボ 蛯名正義
 18番 コスモバルク(2着) 五十嵐冬樹

東京優駿2着 3枠
 05番 ハーツクライ(2着) 横山典弘
 06番 アドマイヤビッグ 武豊

これは牡馬3冠をハーツクライの枠で2着統制するというものです。

また、皐月賞の2着同枠の2頭は菊花賞で内外4番目の04番と15番
東京優駿3着同枠の2頭が内外5番目の05番と14番に配置されている
のも気になります。
ハーツクライが抽選で出走した○外のトゥルーリーズンというのも
ポイントのひとつですし、
東京優駿の下記の枠順も気になる素材です。
 6枠11番 グレートジャーニー 小牧太
 6枠12番 キングカメハメハ  安藤勝己(1着)
 7枠13番 スズカマンボ    武幸四郎
 ※ちなみにグレートジャーニーは菊花賞落馬のノーリンズンの弟です。

あと、8枠のコンドル2頭の並びや7枠のコスモのサンドイッチ配置もあります。

キングカメハメハの天皇賞リタイアで補填される関係者は、
休み明けの安藤勝己? 馬主の金子真人? 調教師の松田国英?

今のところ下記のような組み合わせはどうかなと思っています。
1着:04番、15番
2着:09番、10番
3着:05番、14番

続きを読む "菊花賞 平日見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.17

秋華賞 前日見解

悩ましい秋華賞です。
馬券は3つのラインから攻めます。

1つめは、ダンスインザムードを中心視した馬券。
桜花賞からオークスへの人気と着順を考えれば、過去の秋華賞と照らしあわせ
ても、オオアリな馬なので、完全無視とはいきません。
これは相手が重要で、桜花賞で連対を分け合った裏番17番アズマサンダースと
オークスで同枠を構成した12番ヤマニンアラバスタ。そして3着候補として
06番グーロリアスデイズと16番ヤマニンシュクルと上記の12番も。
これは、牝馬3冠での06番の3着統制とヤマニンの3着統制を意識してです。
馬券は下記の3連単で5点。これが気持ち的には押さえ馬券。(購入済み)
1着:02番
2着:12番、17番
3着:06番、12番、16番
----------------------------------------------------------------------
2つめは、クラシック参戦馬を連対からオミットした馬券。
ローズSの影響を考慮すれば、自ずと中心は15番レクレドール。ここは牝馬
3冠の7枠統制を意識した馬券となります。馬番出目まで見据えるならば、
13番バレエブランということもありますので、大穴が期待できる馬券となり
ます。クラシック出走のない馬の入った枠が4枠、7枠、(1枠)なので、
枠連で4-7、7-7。1-7はオッズ的にはちょっと・・・。
馬単は下記を想定して考えていますが、こちらはギリギリまで考えます。
1着:13番、15番
2着:13番、15番、14番、08番
3着:15番、14番、14番、08番、06番、12番、16番、02番、17番
42点ですが、全て1000倍超ですので100円でも4200円でくればオイシイ。
---------------------------------------------------------------------
3つめはスプリンターズSの反省を込めて3連複馬券。
万券以下を購入しようと思いませんが、上記のふたつの流れを意識して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.16

10月17日見解 府中牝馬S

【府中牝馬S】

 古馬牝馬戦線は比較的わかりやすい出目傾向が伺えます。
 今回は、1枠と5枠という枠番出目と01番、07番、09番という馬番出目があります。
 1枠01番オースミハルカはクイーンS、5枠09番マイネヌーヴェルは福島牝馬Sと
 ともに今年の牝馬戦線で実績を残していますので、この2頭にまず注目でしょう。
 特に裏番にメイショバトラーがいて、同枠が唯一の3歳馬のオースミハルカを上位と
 考えています。となると、相手には東京コースで実績を残している馬。
 3枠06番オースミコスモは連対パターンの馬ですし、東京コースの実績もあり、
 同枠に牝馬3冠のスティルインラブと申し分ない枠順。スティルインラブの直接連対
 も考えられますが、過去の休養明けの実績を考えるとオースミの方が馬券的には
 おいしいのではと考えます。あとは6枠の2頭と7枠13番エリモピクシーと8枠16番
 メイショウバトラーを。
 1枠、5枠を馬券対象と考えない場合は、4枠07番のトシザダンサーが軸ですが、
 やや苦しいでしょうか。

続きを読む "10月17日見解 府中牝馬S"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デイリー杯2歳S 見解

【デイリー杯2歳S】

 あまり強い出目傾向が見当たらなかったのですが、「デイリー杯」つながりで 
 クイーンCとの出目。(少しブレイクしすぎますが・・・)
 そこからは04番と09番。04番はやや人気、09番はブービー人気ですね。
 あとは、同じ2歳G2戦ということで京王杯2歳ステークスとの繋がりで、
 前年の枠出目を継ぐというもの。こちらも2歳S化して歴史が浅いので
 どうかと思いますが、ここからは4枠or3枠。
 出目は3枠04番:ショウナンパントル(現在4番人気)でしょうか。
 相手に人気の05番:エイシンヴァイデンに01番:ライラプス、08番:オーヴェールに、
 穴で06番:ニホンピロブレイブや6枠2頭(特に10番)あたりでいかがでしょうか。
   

続きを読む "デイリー杯2歳S 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋華賞 平日見解3 出馬表を見て

秋華賞の枠順を見て、感じたこと~

 ★府中牝馬Sで唯一の3歳馬レディインブラック1枠02番
  (この馬は、桜花賞でダンスインザムードの同枠でした)

 ★メイショウオスカルはトライアルのローズS9着時と同じ09番

 ★6枠はオークスの直接馬券対象枠

 ★02番、17番はシンメトリーで桜花賞直接連対馬

 ★ヤマニンシュクルは阪神JF(G1)1着時と同じ16番

 ★ヤマニンシュクル-アズマサンダースはオークス時と同じ並びの同枠

 ★トライアル勝ち馬レクレドールとインゴッドは7枠同居。ゾロ目考慮。

 ★桜花賞、オークスと3着内に来た06番と13番は内外6番目のシンメトリー
  秋華賞でシンメトリーを構成しやすいのは02番、17番。
  さらに17番同枠の16番ヤマンニン(ローズS1着15番の対番)まで考えると
  桜花賞の1~3着。

 ★直接06番と13番を使えば大穴。06番3着固定で遊びで面白い馬券。

 ★クラシック経験無し 01番、07番、08番、13番、14番、15番 ⇒ 4枠・7枠
  クラシック経験有りと無しの同居は1枠のみ

 何となく02番指示が強そうですが、15番、16番の対番も目が話せません。
 06番の3着連動かヤマニンの3着統制が3連単馬券の要素として魅力です。
 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

秋華賞 平日見解2 出目考

今年の秋華賞を出目的な視点から考えるにあたって、ある視点への答えを
どちらと考えるかといったことが重要になってきます。
それは、桜花賞から優駿牝馬へ続いた下記の出目の捉え方です。
 桜花賞 5-7(09-13-06) ⇒ 優駿牝馬 7-1(13-01-06)
単純に見れば、7枠統制、13番、06番の出目あるいは06番の3着統制という
見方がひとつの考え方なのですが、ここに3連単の発売と定量戦/馬齢戦の
違いという2つの問題があります。
2002年の3連複発売時には、枠出目を非継承パターンで統制し、馬番出目は
継続させませんでした。
秋華賞と菊花賞と2歳戦が馬齢戦となった昨年は馬番出目を継承させ、
枠出目は桜花賞と優駿牝馬からひとつずつを継承した形をとりました。
さて今年ははどうなうのでしょう?
順番が大事という観点から見れば、06番の3着固定の3連単という馬券は
買わざるを得ないかもしれません。

続きを読む "秋華賞 平日見解2 出目考"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋華賞 平日見解

秋華賞の過去の傾向をまとめてみました。
3連単発売初年度となる今年の秋華賞。
ダンスインザムードやダイワエルシエーロといったクラシック馬には
あまりうれしくない傾向が見つかりました。
このレースは穴勝負。まずの注目はローズSの勝ち馬レクレドール。
ダイナサッシュからの血統はティコティコタックの父サッカーボーイに
繋がり、兄弟馬にステイゴールドのいる良血。馬券内から外れた
ことのない安定感も魅力です。1着降着のあった紫苑Sの1、2着も
クラシックの影響下になく今年はトライアル戦の連対馬に注目と
いったところでしょうか。
ダンスインザムードはアメリカオークスの2着という戦歴がポイントで
これを活かせれば、クラシック組の中では唯一連対の可能性を持つ
可能性がある馬といえるかも知れません。

過去の秋華賞は以下で

続きを読む "秋華賞 平日見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.10

国際レースに臨むにあたって

 昨日の見解ではすっかり忘れていましたが、国際レースでは国際レース歴を
 洗うのもひとつのアプローチです。

 毎日王冠の出走メンバーで3着以内の経験馬は下記4頭

 01番マイソールサウンド 読売MC1着
 04番テレグノシス 安田記念1着、京王杯SC1・2着、
 06番ブルーイレブン 金鯱賞2着
 10番ローエングリン 読売MC2着、安田記念3着
 
 京都大賞典の出走メンバーでは下記の4頭が対象となります。
 
 04番ゼンノロブロイ 日経賞2着
 06番ファストタテyマ 阪神大賞典3着、オールカマー2着
 08番ダイタクバートラム 阪神大賞典1着
 09番アドマイヤグルーヴ エリザベス女王杯1着

 毎日王冠は近年 国際戦連対歴有りv.s.国際戦連対歴無し
 京都大賞典は昨年から国際化されましたが、ともに国際戦連対歴有りでした。

 また、負担重量からは
 毎日王冠が、増量有りv.s.増量無し、京都大賞典が増量馬同士での決着が目立ちます。
 毎日王冠は対立構図での馬券構成。京都大賞典は実績重視の馬券構成でしょうか。

続きを読む "国際レースに臨むにあたって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.09

京都大賞典 10月10日見解

【京都大賞典】

 別定競争を考えるとき、まず増量馬について注目をします。京都大賞典は
 3歳54キロ、4歳上57キロの牝馬2キロ減で、増量対象は01番チャクラ、
 09番アドマイヤグルーヴです。
 枠の構成上09番の裏02番、01番の裏の10番を含めて、内外の2頭は
 このレースでは注目対象となります。
 実績上はG1ホースのアドマイヤグルーヴですが、他の3頭もコース実績を
 考えると目を離せません。
 出目では、人気の04番、05番に加えて、08番に特に集中しており、
 ダイタクバートラムは外せない馬でしょう。

 出目は以下で。

続きを読む "京都大賞典 10月10日見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日王冠 10月10日見解

【毎日王冠】

  注目馬は、4枠04番テレグノシス。
  □地のサイレントグリーンが外から4番目で、内から4番目のテレグノシスを
  後押ししています。
  出目からも後押しが多く、連の軸として04番から。
  穴として東京コースに実績のない11番ヴィータローザを注目しています。
  
  出目詳細は以下で

続きを読む "毎日王冠 10月10日見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月9日 見解


京都の夕刊フジ杯大原ステークスは5枠・6枠に注目。
また03番の3着を意識した3連単や3連複馬券が面白いかもしれません。

アイルランドトロフィーは07番ヴリルに注目。穴で01番カフェブリストル。

東西両メインはともに9頭立て。
大原Sでは唯一の関東厩舎の藤沢厩舎02番ウイングラシアスがポイントで
アイルランドTの06番プレジオを含めて、連対の可能性を探る必要があります。

大原Sは穴狙い、アイルランドTは本命中心で。

続きを読む "10月9日 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.03

スプリンターズSを振り返って

 結局は、昨年の1着枠を構成した2頭が1、2着という結果。
 高松宮記念からの継承はデュランダルの2着でなされました。
 番組構成上は納得の馬券ではありましたが、出目的な予想は
 全て外れてしましました。
  外国馬の隣枠の連対というファクター ×
  新馬券発売時の前年枠連出目の継承  ×

 このカテゴリーレースは出目継承の傾向が強かったので、この
 秋の新馬券を対象にした予想をたてるうえで、反省を強いられ
 ました。  
 
 ドリーム競馬の宮川君の発言ではないですが、イチローの51番
 にやられた!といった感じです。

 馬場の考慮を最終的には加味し、5枠09番をやめ、6枠12番を
 ピックアップ。05番を馬券に追加し購入しましたが、3連単の
 フォーメーションで2・3着付け。
 馬券は下記の組み合わせの3連単40点を購入しました。
  1着:01番、03番、14番、16番
  2着:01番、03番、05番、12番
  3着:05番、12番、14番、16番
 3連複を勝っておけば・・・は後の祭り。ザンネン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月3日 見解 シリウスS・STV賞

【シリウスS】

 同じ阪神でダート1400mG3プロキオンSとの出目連動をみると、

 02年 プロキオンS 7-(11-13-05) ⇒ シリウスS -4(12-05-10)
 03年 プロキオンS 6-11-13-15) ⇒ シリウスS -2(11-02-01)
 04年 プロキオンS 8-7(14-13-15) 

 昨年2着のツルマルファイターが8枠14番に入り、8枠鉄板のレースと見ます。
 
 また、今年のダート1400mG3戦は、下記の通りで7枠or13番の2着傾向です。

 根岸S 5-(10-13-12) ⇒ プロキオンS 8-(14-13-12)

 馬券は13番エコルプレイスから厚めで、相手本線に02番サイレスボーイ。
 あと、03番、10番に14番。大穴で7枠の2頭でしょうか。

【STV賞】

 ★STV杯⇒STV賞の馬番出目の継承
 
  02年 STV杯 10-01-09 ⇒ STV賞 14-05-10
  03年 STV杯 09-03-07 ⇒ STV賞 09-04-05
  04年 STV杯 10-08-04

 10番or08番or04番とSTV賞自身の縦の出目から09番、04番、05番も。

 ★あおぞら特別との出目継承(1000万クラス 札幌芝1200m)

  01年 あおぞら 8-(13-10-11) ⇒ STV賞 -3(10-03-08)
  02年 あおぞら 8-(12-03-10) ⇒ STV賞 7-(14-05-10
  03年 あおぞら -6(03-12-04) ⇒ STV賞 5-(09-04-05)
  04年 あおぞら 4-5(04-07-09)

 共通出目は4枠04番ですが、幅広く4枠or5枠に馬番の出目を加味した
 馬券を購入したいと思います。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリンターズS 追加見解

昨年のスプリンターズSから連続で出走しているのは下記の2頭です。

 5枠08番 デュランダル
 5枠09番 カルストンライトオ

つまり1着枠にいた2頭のみだけなのです。
この2頭が今年のスプリンターズSでは、下記の配置です。

 1枠01番 デュランダル(1着)
 3枠05番 カルストンライトオ

そして今年の高松宮記念の連対枠を見てみると。

 2枠03番 サニングデール(1着)
 2枠04番 シルキーラグーン

 4枠07番 シーズトウショウ
 4枠08番 デュランダル(2着)

デュランダルは08番の馬番を継承し、1着⇒2着。
サニングデールが03番の馬番を継承いており、1着⇒2着と
いうのがひとつの推理。
また、カルストンライトオが隣馬を教えると考えると、
04番ナムラビッグタイムがサニングデールと同枠という利を
活かして穴馬として浮上してきます。
これはウインラディウスがシルキーラグーンの隣で、デュラ
ンダルの裏番という構図と同じものです。
03-04というゾロ目や01-16というカブ目を軸とした馬券は、
押さえ馬券として買ってみたいと思っています。

前年の5枠or6枠という出目継承を外すには、ゾロ目やカブ目
といった馬券が有力候補。
そうなると、2-2、2-7、1-8といった枠連をベースに
した馬券が1-5や5-7をベースとした馬券と同じくらい
重要になってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.02

スプリンターズS 前日見解

過去の外国馬が出走したスプリングSは下記の通りです。

94年 6枠09番 6枠10番 7枠11番 ⇒5枠08番 1着
95年 3枠06番 5枠09番       ⇒4枠08番 1着
97年 1枠02番 3枠05番 4枠08番 ⇒2枠03番 2着
98年 6枠12番(取消し)        ⇒5枠10番 1着
00年 4枠07番             ⇒5枠09番 2着

04年 3枠06番 6枠11番 6枠12番
    2枠or4枠 5枠or7枠

94年から97年は隣枠、隣馬番が連対。98年の取消しを境に
隣枠2つ隣馬番にスライドしています。まずは隣枠という
ことで2枠or4枠、5枠or7枠でしょうが、前哨戦勝ちの
5枠09番ゴールデンキャストは11番の2つ隣、高松宮記念
2着同枠で自身がG1連対経験のある7枠13番シーズトウ
ショウが連対馬として有力候補となります。

昨年1着のデュランダルが高松宮記念2着を経て、3連単
馬券の洗礼を受けずにここに臨み、高松宮記念1着のサニ
ングデールは3連単馬券を経て出走します。
上記の2頭も09番は経験あり、13番は経験無しという図式
で、組み合わせに悩むところです。
とりあえず枠連で1-5、1-7、2-5、2-7。
昨年の枠連出目継承の観点から5枠絡みの馬券が有力です。

あとはG1馬2頭をオミットする場合ですが、デュランダ
ルをキーホースと考えると、同枠02番シルヴァーゼット、
裏番が16番ウインラディウスですが、ウインラディウスの
同枠シルキーラグーンが高松宮記念で1着同枠なので、16
番を大穴の連対候補と考えます。サンデーサイレンス産駒
藤沢厩舎のこの馬に穴の期待を寄せて穴馬券を購入します。

外国馬の扱いが難しいのですが、このカテゴリーのG1は
過去に3着馬が1頭いるだけで、望み薄といったところ。
ただ、昨年からの継続出目の6枠に2頭が括られましたの
で、6枠の2頭には注意が必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

札幌2歳S 見解

札幌2歳Sは現在1番人気(9時現在)のモエレフェニックスがキーホース。
モエレ自身が来るかどうかは別として、その馬を中心に検討を進めるのが
正しいアプローチだと思います。
馬券は3枠中心。相手に2枠。
3連馬券は、02、03、04、06、08、11、14から取捨しようと思います。

本日は出勤のため、馬券も控えめにと思っています。

出目解説 詳細は以下で

続きを読む "札幌2歳S 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »