« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.27

高松宮記念 当日見解

【高松宮記念】

 高松宮記念が施行日を現在の1回中京8日目に移したのが
 2000年、国際化したのが2001年。01年以降の枠連出目は、
 重ならず、パック化されてました。
 01年 6-7(12-13-18)
 02年 3-5(05-09-16)
 03年 1-8(01-18-15)
 04年 2-4(03-08-18)

 01年の勝ち馬トロットスターは3連勝で臨んだこのレースを
 12番ゼッケンで勝ち、CBC賞、シルクロードSをステップ
 にしている点で、今年のプレシャスカフェがよく似た馬タイ
 プの馬であることがわかります。
 02年のショウナンカンプは芝重賞経験のない上がり馬として
 の役割を果たしており、今年は該当馬なし。
 03年のビリーヴは、スプリンターズS1着⇒香港スプリント
 惨敗⇒阪急杯敗退というステップが、カルストンライトオと
 似ています。
 04年のサニングデールは、シルクロード⇒阪急杯のステップ
 前年の馬券対象という点で、キーンランドスワンでしょう。
 
 近4年は全てタイプの異なるステップを踏んできた馬が1着
 となっており、今年が上記対象馬から1着馬を選ぶのか、そ
 れとも全く異なるタイプであるメイショウボーラーのような
 馬を持ってくるかを選択することが重要です。
 高松宮記念は2着馬が近走安定(馬券対象)にある馬が好走
 していますので、メイショウやプレシャスを2着に据えた馬
 券も一考かなと思っています。
 あとは、連続馬券対象の8枠というところでしょうか。
 中京芝1200mのイメージは外枠の差し馬ですから・・・。

 出馬表構成としては、02番ギャラントアローが昨年と同じ1
 枠02番。14番ゴールデンキャストが前走と同じ14番。
 ゴールデン馬名が内外5番目、1番人気、2番人気が内外7
 番目とシンメトリーとなっていますので、カブ、ゾロ、裏表
 には要注意です。

 特徴的な出目はあまりありませんが、CBC賞が6-5で、
 接触目でしたので、枠連接触目には注意が必要です。

 綜合すると、人気サイドでの勝負は、13-12-07という3連単。
 あとは各パーツから想定される穴馬券絡みでいきたいと思い
 ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

高松宮記念 前日見解

芝1200mのG1は馬券対象である1~3着馬を指示する同枠や裏番を含んで、
継続性を保つような複合的な出馬表構成がなされていることが多いカテゴリー
です。
遡って調べるとよくわかりますが、トロットスター、ビリーヴ、デュランダルといった
表舞台での活躍馬やリキアイタイカンのような影武者として活躍する馬がいます。
今年は、昨年スプリンターズS勝ちの13番カルストンライトオ、2着同枠馬の08番
シルバーゼット、昨年高松宮記念3着馬15番キーンランドスワンなどが直近の
影響馬です。05番ゴールデンロドリゴや18番アドマイヤマックスもその対象です。

問題は直接連対かサポートかという点。
カルストンライトオは同枠ゴールデンキャスト、裏番タマモホットプレイ
シルヴァーゼットは同枠メイショウボーラー、裏番コスモラブシック
キーンランドスワンは仮同枠キョウワハピネス、裏番ウインクリューガー
現時点の人気順に並べると、
メイショウボーラー(2番人気)
カルストンライトオ(3番人気)
ウインクリューガー(5番人気)
キーンランドスワン(7番人気)
タマモホットプレイ(8番人気)
コスモラブシック(12番人気)
ゴールデンキャスト(13番人気)
シルヴァーゼtット(14番人気)
キョウワハピネス(17番人気)

今の所下記の馬がいいのでは?と思っています。
07番メイショウボーラー(シルバーゼット同枠)
14番ゴールデンキャスト(カルストンライトオ同枠、ゴールデンロドリゴ裏番)
15番キーンランドスワン(前年3着)

続きを読む "高松宮記念 前日見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日杯 見解

【毎日杯】
 
 別定増量の02番コンゴウリキシオーと06番ローゼンクロイツの
 2頭がポイントとなります。2000年以降出走のなかった年を除
 き、外国産馬が連対している点に注目し、02番を上位と考えま
 す。馬券は、02、03、06、07、09、12の6頭で。 
 

続きを読む "毎日杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経賞 見解

【日経賞】

 02年に当レースを勝ったアクティブバイオが入った6枠に
 コスモバルクが入り、ここがポイントとなります。
 出目からは4枠or7枠(08番、01番、04番)で人気薄休養
 明けの中山巧者スパークホークが穴として面白い存在です。
 01、03、04、08、09、12の6頭の組み合わせで。

続きを読む "日経賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

阪神大賞典 見解

【阪神大賞典】

 出目は1枠or3枠と6枠or8枠。
 01番を軸に09番のカブ目で04番、10番をまず考えます。
 01番軸の場合は、別定増量の09、04、08が相手。
 09番軸の場合は、01、03、04、10を相手。

続きを読む "阪神大賞典 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリングステークス 見解

【スプリングS】

 出目は4枠or8枠と1枠or7枠。
 実績馬2頭が括られた4枠を中心とみます。
 相手に7枠13番or1枠02番で、05、06、11までを。

続きを読む "スプリングステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若葉ステークス 見解

【若葉S】

 唯一の関東馬コパノスイジンが8枠14番に配置されました。
 出目も8枠が有力で2000m戦2勝の13番タガノデンジャラスが軸。
 02番、05番を上位の相手と見て、03番、10番、11番までを。

続きを読む "若葉ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フラワーカップ 見解

【フラワーカップ】

 出馬表からは前走500万特別勝ちの2頭が裏表に配置された02番シーザ
 リオと13番ウェディングヒミコが有力な軸候補となります。
 特に牝馬限定の実績が求められる重賞ではありませんので、2000m戦
 勝利の無敗馬という観点から、02番が上位で13番をサブと見ます。
 出目からは06番と09番がポイントです。枠出目から6枠も有力なので、
 09番サオヒメが3連複、3連単の相手候補の筆頭。
 (02番)⇒(09番、13番)⇒(01番、05番、06番、09番、13番)


 


続きを読む "フラワーカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

報知杯FR クリスタルC 出目

【報知杯フィリーズレビュー】

 ★直前の3歳限定牝馬OP芝1400m枠連出目継続

 02年 菜の花賞 5- ⇒ フィリーズR -3
 03年 紅梅S  3-8 ⇒ フィリーズR 4-1
    ※紅梅S出走取消有
 04年 紅梅S  6- ⇒ フィリーズR 4-
 05年 紅梅S  8-7 ⇒ フィリーズR 8枠or7枠

 ★フィリーズR自身の出目継続(3連複発売以降)

 03年 フィリーズR 4-1(07-02-03)
 04年 フィリーズR 4-2(07-03-15)
 05年 フィリーズR 4枠or2枠(07番or03番or15番)

【クリスタルカップ】

 ★3歳別定オープン芝1200mの出目継続

 01年 菜の花賞   -4 ⇒ クリスタルC -7
 03年 クロッカスS 7-4 ⇒ クリスタルC 4-7
 04年 菜の花賞   3- ⇒ クリスタルC -5
 05年 菜の花賞   5-2 ⇒ クリスタルC 5枠or2枠

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.12

3月12日 その他見解

【阪神スプリングジャンプ】

 ★阪神障害重賞の馬番出目継続

 02年阪神JS 12-09-11
 03年阪神SJ 12-11-09
 03年阪神JS 07-10-11
 04年阪神SJ 07-01-09
 04年阪神JS 07-08-03
 05年阪神SJ 07番or08番or03番

 ◎08番コアレスプレジャー(安定感重視)
 ○11番アズマビヨンド
 ▲06番チアズシャニング
 以下02番、05番、07番 

【アネモネS】

 ★3歳牝馬トライアル チューリップ賞との馬番で出目継続

 01年チューリップ賞 11-05-09 ⇒アネモネS 01-05-04
 02年チューリップ賞 05-08-09 ⇒アネモネS 05-06-10
 03年チューリップ賞 10-06-01 ⇒アネモネS 08-12-01
 04年チューリップ賞 13-02-15 ⇒アネモネS 13-02-07
 05年チューリップ賞 03-02-11 ⇒アネモネS 03番or02番or11番

 実績馬と好調馬注意!
 ◎11番スズカフォイル/○10番アンブロワーズ
 以下06番、08番、12番、13番まで

【大阪城ステークス】

 ★阪神芝2000mオープン 前年忘れな草賞との枠連出目

 00年忘れな草賞 2-1 ⇒ 01年大阪城S 8-1
 01年忘れな草賞 3-7 ⇒ 02年大阪城S 3-7 ※同目
 02年忘れな草賞 7-2 ⇒ 03年大阪城S 1-1 ※ゾロ目
 03年忘れな草賞 7-4 ⇒ 04年大阪城S 7-8
 04年忘れな草賞 1-8 ⇒ 05年大阪城S 1枠or8枠orゾロ目

 調子重視のゾロ目狙い
 ◎07番スズノマーチ
 ○08番エスジービーム
 以下02番、03番、06番、09番、12番       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山牝馬S 見解

【中山牝馬ステークス】

 出目的な観点からは、1枠or7枠の連対と4枠と5枠の非連対が
 浮上します。昨年1着のオースミコスモが1枠で参戦ということ
 で、ここが大きなポイントとなります。3着のフラワーチャプも
 参戦してきて、その間を池江厩舎の3頭出しで埋めるという枠順
 構成で、出馬表も目を惹きます。
 馬券は1枠2頭01番ユキノスイトピー、02番オースミコスモと
 7枠14番ジョリーダンスは必須。
 中山1800mハンデ戦歴から04番チャペルコンサート。
 同様の理由で12番マイネヌーヴェル。
 押さえで、05番レクレドールに10番ウイングレット(3着候補?
 として)を。

   
     

続きを読む "中山牝馬S 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

中京記念

【中京記念】

 国際化初年度レースです。ファストタテヤマが唯一国際レース連対歴
 を持っており、これがポイントとなります。エイシンチャンプを含め
 7枠は要注意です。
 出目は5枠or7枠と1枠or6枠なので、10-12や10-13を軸とした3連
 複、3連単を。01、07、08を馬券対象に考えています。

続きを読む "中京記念"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.05

弥生賞 見解

【弥生賞】

 ディープインパクトが圧倒的な人気をしそうですが、このステップで弥生賞
 というのはイマイチピンと来ないのは私だけでしょうか。
 調べてみると、95年にイブキタモンヤグラが5着に敗れている事例があり、
 さらに疑いを抱いてしまいました。
 こうなると裏番に配置されたアドマイヤジャパンを軸に据えたくなります。
 このタイプは1着はないものの2着候補としては十分ありますので、01番を
 軸にして07-08の3連単マルチ。01-10から02、06、07、09の3連複に、01番
 を2着付けした接触目の3連単を押さえで。

続きを読む "弥生賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月5日 その他メイン見解

【オーシャンS】

 7枠が前年の1着馬シルキーラグーンと一昨年の1着馬である
 ネイティヴハートの組み合わせです。ネイティヴハートは4年
 連続の出走で、02年は盛岡OROC2着から参戦して5着、以
 降はスワンSからの参戦で03年3着→1着、04年7着→6着、
 今年はスワンS7着からの参戦です。加齢してきていますが、
 昨年もNSTオープン2着、アイビスSD3着とこのクラスで
 の衰えはみせていませんし、唯一国際戦での3着以内がある馬
 としての戦歴も軽視できません。
 ということで、軸は7枠。ネイティヴハート自身が□地馬でサ
 イン馬となりますので、同枠シルキーラグーン、裏番のキング
 オブサンデーに注意。コースと距離からは10番、12番。
 穴で昨年のシルキーラグーンっぽい04番クリスタルヴィオレを。
 

【中京スポーツ杯】

 中京1800mの1000万クラスのハンデ特別戦はサンプルの少ない
 レースです。3連複発売以降では出目継承をしています。
 03年有松特別  1-2(02-03-11)
 03年尾藤橋特別 2-3(03-06-16)
 04年豊中特別  4-3(07-06-02)
 4枠or3枠(07番or06番or02番)が有力ですが、4枠07番が軸
 とみていいでしょう。
 相手に08番、15番、10番、16番。01番、03番の4歳馬までを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリップ賞 見解

【チューリップ賞】

出目指示は5枠or7枠。あるいは09番or13番or06番。
出馬表を見ると、内外03番目のシンメトリーの位置に
2戦2勝馬が配置され、10Rと12Rの7枠外(14番)
が坪憲章厩舎でサンドイッチ状態となっています。
1600mでの実績も加味すれば、軸は人気でも13番の
ディアデラノビアでしょう。
牝馬戦線トアイアルということを考えれば、相手は
牝馬戦での実績馬。03番エイシンテンダー、10番の
オリエントチャーム。14番エリモファイナルが候補
で、3連複では09番、12番、01番までを。

続きを読む "チューリップ賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »