« 天皇賞を振り返る | トップページ | NHKマイルカップ 平日見解 »

2005.05.03

出目考 その2

 出目とは何ぞや?
 出目とは結果として出現している数字の羅列です。
 出目とは確率論ではありません。
 目を読むことは思考の方法⇒推論の組み立て方法です。
 そこに意味を見出せるかどうかは、その人のセンスに関わる問題ですし、
 見出した意味が個々人で全く異なることがあって当然ですし、的外れな
 ことが多々あってもいいのです。
 出目のアプローチは私の場合、馬券を絞る補完データとして重要なものです。
 今回の天皇賞にあたっては、後見解の5枠10番へのアプローチが事前に
 できているかどうかというセンスと、前日見解2での出目の終了と始まりという
 考え方を組み合わせれば、当たり馬券に近づけたのでしょうが、結果は
 事前に有力な出目をピックアップできず、戦歴を中心に天皇賞の格を重視した
 馬券を選択した時点で、当たり馬券から遠ざかっていたというのが、終了後の
 結果からの感想です。
 烏丸Sの07番の出目継承や、谷川岳Sの6枠出目は純粋に出目からのピックアップ。
 どちらもすっきりとはいきませんでしたが、馬券アプローチとしては面白いでしょ。

 読んだらクリックしてネ!

|

« 天皇賞を振り返る | トップページ | NHKマイルカップ 平日見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出目考 その2:

« 天皇賞を振り返る | トップページ | NHKマイルカップ 平日見解 »