« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.27

ジャパンカップ 当日見解

ジャパンカップの検討をしていて気になる点があります。
設計上10Rで施行されるG1競争は、東京優駿とジャパンカップの2レース。
今年は天皇賞(秋)が4Rの中止で10Rとなりましたが、これは天覧競馬との
絡みが強く、レース自体もエンペラーズカップ100年記念の冠がついています。
来年の東京優駿当日は12R施行を含め大幅なレースの組み換えがあります。
来年も10Rでレースは行われますが、今年までとは大きく異なってきます。
今年の東京優駿といえばディープインパクトですが、武豊騎手が今回を同じ
3枠05番の配置です。今年一杯はディープインパクトの呪縛から逃れられ
そうもないので、ディープインパクト3冠勝利馬番馬券14番、05番、07番の
組み合わせは洒落で買ってみたいと思います。
天皇賞(秋)からは、ヘヴンリーロマンスとゼンノロブロイの1、2着が
出走してきます。平日見解ではロブロイの2着継承の見解を述べましたが、
実はダービー、オークス枠連非連動という要素が長年続いていて、その観点
からオミットする枠は2枠、3枠、4枠で、ゼンノロブロイの連対はないと
いう線もあるのです。その場合浮上してくるのが、10番ヘヴンリーロマンス
なのではないかと思うのです。ひとつは札幌記念から天皇賞(秋)を勝った
エアグルーヴが同年のジャパンカップで2着になっている点。出目からは
昨年のジャパンカップや今年のジャパンカップダートの重なり出目である事。
また、当日の東京競馬場は2Rと4Rがジャパンカップと同じ18頭立てです
が、10番ボニヤと15番佐藤哲が同馬番で騎乗だという事。15番はセン馬で、
昨日の見解と繋がってきますので、15-10という軸の3連単が面白いのでは
ないかという見方もできます。騎手に移行すれば、一昨年の1着馬タップ
ダンスシチーと昨年の2着馬コスモバルクですが、こちらは上昇度の点から
やや疑問が残ります。
今のところ、軸は15-10と07-08を軸とした3連単馬券が勝負馬券。
どちらもセン馬を1着に、天皇賞秋の連対馬を2着に据えた馬券ですが、
オークス、ダービーの枠連出目排除とゾロ目(イレギュラー要素)を意識
した馬券で行こうと思っています。

 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

11月27日 東京競馬 特別競争 特選出目

■東京7R 
 セレブレイション賞 7枠or07番

 ★2005年 東京7R特別
  0529 ガーベラ賞 7-6 08-07-09
  1030 くるみ賞  4-7 04-07-03
--------------------------------------
■東京8R
 ウェルカムS 16番or08番or09番

 
 ★1600万東京ダ1600m ~麦秋S~
  03年 麦秋S 12-07-05 ⇒ 秋嶺S 08-04-05
  04年 麦秋S 14-12-15 ⇒ ウェルカムS 14-02-01
  05年 麦秋S 16-08-09 
------------------------------------------------------
■東京9R
 キャピタルS 3枠or8枠 08番(3着?)

 ★古馬OP芝1600m ~ポートアイランドS
  01年 ポート 1-4 ⇒ キャピタル 1-4
  02年 ポート 5-3 ⇒ キャピタル 5-8
  03年 ポート 5-8 ⇒ キャピタル 6-8
  04年 ポート 6-3 ⇒ キャピタル 3-5
  05年 ポート 3-8

 ★東京OP芝1600m
  03年 キャピタルS 07-12-08
  04年 いちょうS  07-06-08
  04年 キャピタルS 04-09-08 ⇒ 04番or09番or08番
  05年 いちょうS  04-06-08
------------------------------------------------------
■東京11R
 アプローズ賞 10番or(04番)or(03番、09番)
 

 ★アプローズ賞自身
  01年 05-04-07
  02年 04-14-10
  03年 13-10-04

 ★東京 1000万特別芝1600m賞タイトル ~tvk賞
  03年 tvk 04-02-05 ⇒ アプローズ 13-10-04
  04年 tvk 01-03-05 ⇒ セレブレーション 14-03-06
  05年 tvk 03-09-10 ⇒

 競馬ランキングで他の予想をみてみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.26

ジャパンカップ 見解 外国馬

セン馬が勝つかも・・・
過去ゾロ目のJCは3回ありました。
89年ホーリックス-オグリキャップの2-2
93年レガシーワールド-コタシャーンの4-4
そして昨年のJC5-5です。
その翌年の勝ち馬は、90年ベタールースンアップ、94年マーベラスクラウン
でしたが、ともにセン馬でした。
今年のセン馬は4枠07番ベタートークナウと7枠15番キングスドラマ。
現在12番人気と13番人気のこの両馬が穴馬として浮上します。
特にロブロイと同枠のベタートークナウは昨年のブr-ダーズカップターフ
の1着馬で、マンノウォーSではキングスドラマと1、2着でした。
今年のブリーダーズカップターフで昨年の凱旋門賞馬バゴに先着を許して
人気を下げていますが、ここは怖い存在なのではないでしょうか。
JCDの決まり目が10-07-06ですので、その目を大切に外国馬は
07番ベタートークナウを重視してレースを検討したいと思います。
※昨年のジャパンカップは09-10-07。07番と10番は重なった目ですので要注意!

 競馬ランキングで他の予想をみてみよう

続きを読む "ジャパンカップ 見解 外国馬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪杯 見解

 昨年の2着カンパニーとその同枠だったアサカディフィートがキーとなります。
 最有力はカンパニーで昨年の京阪杯2着から国際レース中山記念G2を2着し、
 前走の毎日王冠を人気で一叩き。同枠スズノマーチも今年のエプソムCを勝って
 いて、この枠は国際競争芝1800m重賞では主張ができる枠になっています。
 同用に1枠も前走京都芝1800mOPのカシオペアSを勝ったアサカディフィート
 と芝1800m重賞勝ちがあり、京都コース2勝、前走毎日王冠3着のケイアイガ
 -ドでこちらも有力枠で、01番は出目候補馬番でもあります。
 また今年の50回を迎える重賞は02番、05番、10番が馬券対象出目。
 関西地区の古馬G3芝1800mの出目は01番、12番、05番。
 01、02、13、12、10を中心に。
 
 競馬ランキングで他の予想をみてみよう
 

続きを読む "京阪杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

ジャパンカップ 平日見解


 昨年はゾロ目決着。先週のマイルチャンピオンシップ同様のペリエ、ルメールの
 ワンツーで決まったジャパンカップでした。
 今年の馬券を検討する上で、まず2つの視点が考えられます。
 ひとつは昨年の1~3着馬(馬券対象馬)が揃って出馬登録している点。
 デルタブルースは賞金の関係で出走が難しそうですが、3頭揃って出走となると
 マイルCSでの7番目の炙り出しや、天皇賞の13番連続継承のような見方が可能
 となります。
 もうひとつの視点は、テイエムオペラオーとゼンノロブロイの類似性です。
 テイエムオペラオーとゼンノロブロイはともに天皇賞(秋)~ジャパンカップ~
 有馬記念の3冠ボーナスを獲得した馬ですので、両馬のボーナス獲得の翌年の
 戦績をみてみましょう。
 ■テイエムオペラオー
   01年 大阪杯   G2 4着 2-3(同枠3着)
   01年 天皇賞(春)G1 1着 1-5
   01年 宝塚記念  G1 2着 3-4
   01年 京都大賞典 G2 1着 5-5
   01年 天皇賞(秋)G1 2着 7-5
   01年 ジャパンC G1 2着 4-3
   01年 有馬記念  G1 5着 4-1(裏番3着)
 ■ゼンノロブロイ
   05年 宝塚記念  G1 3着 6-3
   05年 インターNSG1 2着(03--06)
   05年 天皇賞(秋)G1 2着 1-7
 秋初戦の天皇賞(秋)がともに2着スタートという点が共通項で、JCでの     
 ゼンノロブロイの2着付けの馬券は一考に値します。ロブロイの鞍上はデザーモ。
 外国人騎手連対傾向の継続を意識すると、ロブロイは馬券対象から外せません。
 昨年2着のルメール騎手がハーツクライに騎乗しますので、この2頭が日本馬で
 マーク対象。ディープインパクトの新聞広告がでましたので、07番や金子馬主の
 ホオキパウェーブはサイン馬として注意しないといけない存在です。
 外国馬は、アルカセットとウィジャボードに注目しています。

 競馬ランキングで他の予想をみてみよう

続きを読む "ジャパンカップ 平日見解"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005.11.22

ジャパンカップダート 平日見解

 ジャパンカップダートは同じ開催日程で施行されたことがないレースです。
 そして、第1回、2回はウイングアロー、中山変更開催を挟んで第4回と
 5回はアドマイヤドンを軸とした馬券決着となっており、その間の橋渡しは
 ダートG1のフェブラリーSで行われています。
 今年のフェブラリーSは昨年のJCDの影響下にあり、タイムパラドックの
 同枠シーキングザダイヤが2着、裏番ヒシアトラスが3着、1着には自身の
 馬番14番を使用してきました。
 アドマイヤドンなき後のポイント馬はタイムパラドックス、もしくはフェブ
 ラリーSでその同枠で川崎記念2着のシーキングザダイヤでしょう。
  

 00年 6回東京7日 11R 3-1 06-01-05
  1着 ウイングアロー   岡部幸雄
  2着 サンフォードシチー 村山明
  3着 ロードスターリング ヴァルディヴィア

 01年 5回東京7日 11R 5-4 09-08-01
  1着 クロフネ      武豊
  2着 ウイングアロー   横山典弘
  3着 ミラクルオペラ   幸英明

 02年 4回中山7日 11R 5-2 09-03-02
  1着 イーグルカフェ   デットーリ
  2着 リージェントブラフ 吉田豊
  3着 アドマイヤドン   藤田伸二

 03年 4回東京7日 11R 3-3 05-06-09
  1着 フリートストリートダンサー オニール
  2着 アドマイヤドン   安藤勝己
  3着 ハギノハイグレイド 福永祐一

 04年 5回東京8日 10R 7-5 14-10-04
  1着 タイムパラドックス 武豊
  2着 アドマイヤドン   安藤勝己
  3着 ジンクライシス   蛯名正義

 競馬ランキングで他の予想をみてみよう

続きを読む "ジャパンカップダート 平日見解"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.11.20

マイルチャンピオンシップ 当日見解

リキアイタイカンが当日に取消をしてきました。今年はマイル戦線の流れを分断するという見地
から出走取消レースになることは想定できたことですが、何を示唆するのでしょうか。
武幸四郎騎手は本日2鞍騎乗。5Rの7枠07番で、7枠あるいは07番がクロズアップされて
きます。
生産者岡田牧場も3Rで2枠02番。02番はリキアイタイカンの裏番にもあたりますので、
1枠02番のアドマイヤマックスが浮上します。
やはり07番アズマサンダースは気になりますね。ダンスインザムードの同枠、ルメールの裏番
なので、昨年の2着要素を継承した07番の2着付けの馬単と3連単を本日の勝負馬券としたい
と思います。

 競馬ランキングで他の予想をみてみよう

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.11.19

マイルチャンピオンシップ 前日見解

デュランダルの連覇を疑い、昨年はデュランダルの2着固定馬券を考えたのですが、
今年は来年の阪神競馬場の改修と牝馬戦線でマイルG1が創設されることや、短距離
戦線の再整備による新設重賞などを考えると、やはり収束を図る要素が強いマイル
CSになるのでは?というのが私の考えです。
出馬表から昨年の同要素を引き継ぐのが、09番バランスオブゲームとデュランダル、
テレグノシスの並び、ルメール、松永幹の並びです。
ポイントは1番人気デュランダルです。同一G13連覇という要素は、普段だったら
明らかに消し要素のひとつですが、来年の大幅変更を前にしたここなら勝ってもいい
かもしれないと思わせるところが微妙なのです。いずれにせよ、1番人気馬としての
立場でのレースへの影響力がありますので、同枠13番サイドワインダーや裏番05番の
ハットトリックを含めて注意が必要となります。この両馬は京都コースに影響力を
持っているうえ、今年から国際化された東京新聞杯と関屋記念の勝ち馬でもあるから
です。紀宮様関連でデュランダルの母サワヤカプリンセスが人気の要因にもなって
いると思いますが、先週の宮厩舎同枠のスイープトウショウが勝ったように、サイン
馬はサイン馬としてのみ機能することも多いので、7枠or05番という考え方で穴馬へ
アプローチ方が面白いと思います。馬券としてはゾロ目含みも考えられますので、
13-14、05-14(14-15)といったラインを軸とした馬券も一考です。
とにかく気になるのは、平日見解で上げた「7」という数字。とりあえず本日は
07番アズマサンダース絡みの3連複は購入しましたが、要素としては外7番目の
12番ダイワメジャーが母スカーレットブーケや鞍上ルメール、ルメール、松永幹と
いう昨年の2着枠と同じ騎手配列などなど要素も多いですし、こちらがいいのかも?
とは思うのですが、イメージがわかないのと4番人気という評価にとまどっている
ところです。
人気薄では、18番アルビレオが岡部幸雄引退記念レースの勝ち馬で過去にもオグリ
キャップメモリアルを勝っている点、母がスワンプリンセスで地方の岩田騎手鞍上で
白井寿昭厩舎所属などベタベタな要素ふんだんな馬として期待をしています。
内から、05、07、08、12、13、14、15、18。ラインクラフトは今から再検討しますが
基本は軽視していこうと思っています。

 競馬ランキングで他の予想をみてみよう

続きを読む "マイルチャンピオンシップ 前日見解"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

トパーズS 見解

【トパーズS】
 今年の京都ダ1800mの古馬G3はいずれもブラックコンドルの隣馬が
 連対しています。このレースが同じカテゴリーではないのでなんとも
 いえませんが、出目傾向と併せても、05番カフェオリンポスあるいは
 07番マルブツトップが有力です。どちらの馬も別定OPでの実績が
 ありますので、この2頭が面白いと思います。
 3連勝中の09番ウェルバランス、同コース重賞連対馬06番ブラック
 コンドル、15番オーガストバイオが上位馬として相手候補です。
 
 競馬ランキングで他の予想をみてみよう


続きを読む "トパーズS 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スポーツ杯2歳ステークス 見解

無敗の3冠馬の下は初戦敗退。ディープインパクトの全弟のオンファイアが
東スポ杯に出走してきます。今週もディープインパクトものの告知が多く、
スクリーンセイバーダウンロードサービスや巨大アメリカントラックの告知
http://www.jra.go.jp/info/index.html があったり、12月18日は三冠馬の
誕生を記念して競馬場への入場料を無料にしてくれるそうなので、今年は
ディープインパクト一色で終わりそうです。とはいえ、オンファイアを特別
視する必要もないと思いますので、ここは必要以上に人気になりそうなこの
馬は軸とせず、出目要素の濃い02番フサイチリシャールを軸、特に02-10を
軸とした3連馬券を厚めに購入したいと思います。

 他の予想も見てみよう!

続きを読む "東京スポーツ杯2歳ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.18

マイルチャンピオンシップ 平日見解

7番が気になるマイルCSです。
昨年の馬券対象馬が3頭揃って出走する今年のマイルCS。
04年
 1着 07番:デュランダル     池添
 2着 15番:ダンスインザムード ルメール
 3着 08番:テレグノシス     横山典
05年
     14番:デュランダル     池添
     08番:ダンスインザムード 北村宏
     15番:テレグノシス     勝浦

1着 14-7=7 2着 15-8=7 3着 15-8=7

これは気になる!

内外7番目がアズマサンダースとダイワメジャーですが、
アズマサンダースはダンスインザムードと同枠ですし、
ダイワメジャーは昨年2着騎手のルメールということで、
連対要素をたっぷり含んでいる馬となります。
両馬とも今年芝1600mの重賞勝ちがあり、この要素は
穴馬としての資格探しの一要素でもあります。
14番-15番の並びは昨年の1着枠の構成と同じで、
まずは穴を07番、12番と定めて、05、08、11、12、13、
14、15といった馬券は注意したいところです。
昨年と同目の07、08、15の3連単マルチも一考です。


 他の予想も見てみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.11.13

エリザベス女王杯 見解

来年春古馬牝馬G1の新設を意識して、今年のエリザベス女王杯を見ると、
新設レースが芝1600mで実施されることへの流れを意識せざるを得ません。
1600mと2200mへの影響力を考えるとき、今年の2200mG1宝塚記念を
勝ち、安田記念を2着したスイープトウショウを無視するわけにはいかな
いと思います。
古馬G1の馬券対象馬は下記の通り。
1枠01番オースミハルカ   04年エリザベス女王杯2着
2枠03番アドマイヤグルーヴ 03年、04年エリザベス女王杯1着、04年天皇賞秋3着
4枠08番スイープトウショウ 05年安田記念1着、05年宝塚記念1着
7枠13番サミットビル    05年サンチャリオットS2着、
旧世代からの橋渡しを意識すると、昨年の1、2着馬がそのまま馬券になる
という見方は疑問があります。となると、今年の古馬G1への影響力から
スイープトウショウは外せないと思うわけです。
ベタな話ならば、紀宮様ご成婚で4枠に宮厩舎という後押しもあります。

旧世代を全くオミットしてしまうときは、13番のような外国馬であったり、
古馬戦線で全くレースをしていない同枠14番のヤマニンシュクルのような
馬がいいとは思いますが、そこを軸とした馬券が組みにくいのは事実です。

相手は、6枠11番エアメサイアに注目をしています。武豊の同一G14連勝
の流れと皇室行事関連の武豊、福島記念で6枠11番に昨年エリザベス女王杯
3着のエルノヴァが配置されているのも後押しとなっています。
福島記念とオーロカップの外6番目が藤沢和雄厩舎。ともに6枠のため、
6枠には大きなポイントがあり、同枠ヤマニンアラバスタが芝2200mを含む
3連勝で臨んできているのも大きなポイントです。

ここでも外6番目の7枠13番もポイントがあり、この場合は前で説明した
旧世代の完全オミットの図式が働くと思います。

馬券は08-11または08-12を軸とした3連複、3連単馬券。
昨年の出目、04、12、17、2200mG1宝塚記念の出目04、06、11を重視し、
昨年の1、2着馬の影響の仕方も考慮した上で、馬券を購入したいと
思います。
別線では外国産馬が機能する馬券を押さえで。

 他の予想も見てみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.11.12

福島記念 見解

 昨年5枠同枠で1、3着だったセン馬のセフティーエンペラー
 ラヴァリージェニオが今年は内外4番目のシンメトリーに配置されました。
 まずはこの2頭がポイントであることは明らかです。
 昨年のエリザベス女王杯3着のエルノヴァは外6番目の配置で内6番目が
 エルカミーノ。
 出馬表自体がシンメトリーの要素持っているのがよくわかります。
 出目からは5枠10番が最有力で10番ブルートルネード
 鞍上の長谷川騎手は昨年1着のセフティーエンペラー騎乗ですので、
 軸は5枠10番セフティーエンペラーを指名したいと思います。
 10番の同枠09番と裏番07番の馬券は注意。
 10番から04番、13番を相手とした3連馬券は必至でしょう。

 他の予想も見てみよう!


続きを読む "福島記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王杯2歳ステークス 見解

 過去の出目傾向からは、04番デンシャミチが有力です。
 内外2番目がフォーティナイナー産駒、内外4番目がサクラバクシンオー産駒で
 外2番目、4番目がラフィアンの馬でそれに挟まれた08番コイウタが相手として
 気になります。
 馬券は04-08を軸とした3連単、3連複。
 01、02、05、06、07、09、10と流し気味に。

 他の予想も見てみよう!

続きを読む "京王杯2歳ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.11.06

ファンタジーステークス 見解

【ファンタジーS】

 芝1400mG3というカテゴリーのレースは、このファンタジーSしかありません。
 芝1400mの特異性を象徴するように近3年は京都の芝1400mの牝馬限定新馬戦を
 勝ち上がってきた馬が1着をし、りんどう賞2着馬が馬券対象となっています。
 近年の勝ち馬に相当するのが09番ブラックチーターで、□地馬の同居という支持
 要素も得て有力だといえます。りんどう賞組からは2着の10番マルカアイチャン、
 1着の14番クリノスペシャルの2頭で、ここも押さえが必要です。
 1番人気のアルーリングアクトの2枠も芝1400mOP勝ちの3勝馬の同居枠で
 両馬とも馬券対象からは外せません。
 牝馬限定要素を重視すると軸は、09番ブラックチーター。
 02、03、10、14に加えて06、04までで。

 他の予想も見てみよう!

 

続きを読む "ファンタジーステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005.11.05

アルゼンチン共和国杯 見解

 昨年のG2芝2500mはチャクラの枠ですべて決着しました。
 昨年のアルゼンチン共和国の2着馬はチャクラの同枠のテンジンムサシでしたが
 今年はG2芝2500mでこのテンジンムサシの裏番の馬が1着になっています。
 単順に考えれば、1枠02番の裏8枠17番ファストタテヤマが1着候補ですが、
 今年のこのカテゴリーは枠連1-3で01番の勝利という側面も持っています。
 となると1枠02番の同枠という扱いで、1枠01番サクラセンチュリーが浮上
 します。鍵はテンジンムサシで1着候補を01番or17番とした馬券を重視したいと
 考えています。相手はこのG2芝2500mで連対のある2頭が同居した3枠が強く
 1-3の3連続か3-8の裏を使った同種の馬券が有力ではないでしょうか。
 1番人気のデルタブルーズを使う場合も、1-6、6-8という同種馬券に注意
 が必要です。またチャクラ、テンジンムサシに挟まれた2枠も気をつけたい枠
 となります。
 
 他の予想も見てみよう!

続きを読む "アルゼンチン共和国杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブラジルカップ 見解

昨年2着のリンガスローレルが出走します。鍵となる馬はこの馬で、
同馬と同枠のモエレアドミラル、裏番のジャズアップには注意が必要です。
ブラジルカップ自身は3年連続で7枠と03番の出目を継続していますので、
パラダイズリヴァーやステンカラージンもマーク。
東京ダ1400m準OPならば、春望Sの2着ワキノカイザー、立夏S1着の
ステンカラージン、神無月S1着タイキエニグマが馬券に近い馬で、
端数ハンデのスリージェムまでが馬券圏内と考えています。
01、02、03、07、08、12、14、15からの絞り込みですね。
 
他の予想も見てみよう!

続きを読む "ブラジルカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カシオペアS 見解

非常にまともな見地から考えると、このレースは2枠02番スズノマーチのために
あるレースといって過言ではないでしょう。今年から国際レースとなったOPの
エイプリルステークスと同じく国際レースなった芝1800mのG3エプソムカップ
で1着という戦歴は、ここで主張するには余りあるものがあります。
また内外6番目にペリエ、ルメールの外国人騎手を配置し、その同枠の内外5番
目に平井馬主のエイシンを配置しているシンメトリーの出馬表を考えると、相手
は内外2番目の関係からグレートジャーニーが相応しいような気がします。
セン馬2頭のサンドイッチになっているのも注目点となります。加えて、8枠は
今年から国際レースとなった東京新聞杯と中京記念の3着馬の同居です。
02-**-11という3連単馬券がひとつのねらい目となります。
2着も国際レースなら朝日CC2着の10番エリモハリアーがいいでしょう。
今年の芝1800m古馬オープンの出目は下記の通りで明らかに10番が浮上します。。
 050423 オーストラリアT 10-09-08
 050626 福島テレビOP  06-10-08
 050710 巴賞       10-02-07
02-10-11で決まれば、これほどキレイな馬券もないのでしょうが、
5枠6枠の配置は非常に気になりますので、無視はできないでしょう。
昨年のカシオペアSの出目は03-02-01。少なくとも02番は3連馬券の軸として
信頼できるような気がします。

他の予想も見てみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »