« シリウスステークス 見解 他 | トップページ | 10月7日 東京競馬 特別競争 »

2006.09.30

スプリンターズステークス 前日見解

【スプリンターズS】 中山11R
01年 4中8 11R G1国指 芝1200M定 12頭 4-2(04-02-09)→内02番09番
02年 4新8 11R G1国指 芝1200M定 11頭 4-7(04-09-11)→4枠内04番09番
03年 5中8 11R G1国指 芝1200M定 15頭 5-6(08-11-13)→内11番外03番08番※内外08番
04年 4中8 11R G1国指 芝1200M定 16頭 3-1(05-01-12)→外05番
05年 4中8 11R G1国指 芝1200M定 16頭 7-2(13-04-12)→内12番外05番※内外04番
06年 4中8 11R G1国指 芝1200M定 16頭
--------------------------------------------------------------
短距離G1を考える時は、いつも同じ視点ですが、
まずは前年のスプリンターズS、同年の高松宮記念との関係を見てみましょう。
**************************************************************
 05年 スプリンターズS
 1着 7枠13番 サイレントウィットネス コーツィ クルーズ
 2着 2枠04番 デュランダル    池添謙一 坂口正大
 3着 6枠12番 アドマイヤマックス 武豊   橋田満
-------------------------------------------------------------
 06年 高松宮記念
 1着 6枠11番 オレハマッテルゼ  柴田善臣 音無秀孝
 2着 7枠14番 ラインクラフト   福永祐一 瀬戸口勉
 3着 7枠13番 シーイズトウショウ 池添謙一 鶴留明雄
**************************************************************
昨年のスプリンターズSは前年2着のデュランダルが2着、前年と同じく12番が3着、
前年3着のケープオブグッドホープは前年1着馬番に入りましたが、同じ11文字の
外国馬のサイレントウィットネスの1着を指示するサインとして使われたようです。

今年は昨年の1着馬サイレントウィットネスが7枠14番に入り、高松宮記念の1着馬
オレハマッテルゼが4枠07番に、3着のシーイズトウショウが3枠05番に配置されま
した。高松宮記念でオレハマッテルゼと内外08番目の対称位置にいたブルーショット
ガンは今回同じく内外07番目の対称位置となっています。

キーホースは前年1着馬のサイレントウィットネスでしょう。同枠13番にセントウル
Sでシーイズトウショウの2着だったテイクオーバーターゲット、裏番03番に英国で
G1連勝中のレザークと関連馬番を有力外国馬で固めていて、上位独占もありえます。
来年以降の短距離路線がどうなるかということとも関連しますが、外国馬を上位とした
レースが展開されることも考えられます。

スプリンターズSへの影響という点では夏季のサマースプリントで、初代チャンピオン
のシーイズトウショウがどういった視点から組み込まれるかが気になるところ。
3枠は芝1000mのアイビスSD以外の連対馬を集めた枠となっていているのですが、
この2頭が中山の芝1200mコースに全く実績なく、同レースでの成績はシーイズトウ
ショウが04年7着、05年12着、ゴールデンキャストは04年11着、05年8着とい実績です。
内外01番に、函館、札幌の1着馬が配置をされたことも気になる点で、ディープイン
パクトの池江厩舎は16番でチアフルスマイルを出走させています。

グローバル・スプリント・チャレンジは世界中を駆け回っている13番テイクオーバー
ターゲットが48ポイントでほぼタイトルと100万USドルを手中に収めています。
この馬以外にポイント規定を満たすような馬がいないこともありますが、13番は
このシリーズと昨年1着馬番で1着馬同枠という大きなアドバンテージを持っています。

スプリントG1の継承要素から見ると14番(13番)の7枠の外国馬2頭。
高松宮記念1着馬オレハマッテルゼ。
サマースプリントから05番シーイズトウショウと16番チアフルスマイル。

今のところ、こんな感じかなと思っています。


★高松宮記念連対馬ののスプリンターズSでの馬券対象

 01年 1着 トロットスター   スプリンターズS1着へ
 02年 1着 ショウナンカンプ  スプリンターズS3着へ
    2着 アドマイヤコジーン スプリンターズS2着へ
 03年 1着 ビリーヴ      スプリンターズS2着へ
 04年 2着 デュランダル    スプリンターズS2着へ
 05年 1着 アドマイヤマックス スプリンターズS3着へ


グローバル・スプリント・チャレンジ

 0204 ライトニングS(G1)    1着 テイクオーバーターゲット(10)
 0218 オーストラリアS(G1)   出走無し
 0620 キングズスタンドS(G2)  1着 テイクオーバーターゲット(20)
                   2着 ベンバウン(5)
                   11着 レザーク(1)
 0624 ゴールデンジュビリーS(G1)1着 レザーク(10)
                   3着 テイクオーバーターゲット(8)
 0910 セントウルS(G2)     1着 シーイズトウショウ(10)
                   2着 テイクオーバーターゲット(10)
                   7着 メイショウボーラー(1)
                   8着 ゴールデンキャスト(1)
                   17着 キーンランドスワン(1)
 1001 スプリンターズS(G1)
 1210 香港スプリント(G1)

|

« シリウスステークス 見解 他 | トップページ | 10月7日 東京競馬 特別競争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スプリンターズステークス 前日見解:

» スプリンターズSを考察する [理のミスディレクション]
ブログランキング鋭意参加中! ↓↓↓ ←クリックありがとう^^ 秋のGI第一弾スプリンターズSを考察してみましょう。 ここをゲットして勢いづけたいものです。 今回からスプリンターズS国際GI認定となります。 そして本日10/1よりこういう事になっています。 JRAと元本会騎手 岡部幸雄氏との「アドバイザリー契約」の締結について 国際GIレース認定と岡部騎手で何か思い出しませんか。 トウカイテイオーのジャパンCです。 この時も国際GIレースに認定された年で見事親子2... [続きを読む]

受信: 2006.10.01 12:54

« シリウスステークス 見解 他 | トップページ | 10月7日 東京競馬 特別競争 »