« 函館2歳ステークス 見解 | トップページ | 8月9日 出目傾向 »

2008.08.10

関屋記念 見解

【関屋記念】新潟11R
01年 1新8 11R G3混特 芝1600MA別 09頭 3-4(03-04-06) ※内外04番
02年 2新6 11R G3混特 芝1600MA別 14頭 5-5(08-07-04) 内04番※内外07番ゾロ目
03年 2新6 11R G3混特 芝1600MA別 16頭 2-3(04-05-03) 内04番※準ゾロ目3接触
04年 2新6 11R G3混特 芝1600MA別 15頭 7-6(12-10-09)
05年 2新6 11R G3国特 芝1600MA別 18頭 8-6(17-11-14=18) 6枠※準ゾロ目3着同着
06年 2新8 11R G3国特 芝1600MA別 18頭 7-6(13-11-03) 6枠内11番外08番
07年 2新8 11R G3国特 芝1600MA別 18頭 3-7(06-15-10) 7枠
08年 2新8 11R G3国特 芝1600MA別
----------------------------------------------------------
荒れる関屋記念というイメージですが、01年から7年連続で1番人気馬が
馬券対象となっています。05年は3着同着で区切りをつけ、06年から
2回新潟最終日への施行日変更。
06年は05年1着の07番サイドワインダーの裏番の11番ダイワバンディット
(8番人気)が2着。ちなみに、05年は11番ダイワメジャーが2着で、
『11番:ダイワ:2着』の構成が注目のポイント。加えて1着も重賞勝ちの
ある7歳馬起用という共通点を持っていました。勝った13番カンファーベスト
(14番人気)の裏番06番には唯一のセン馬ロードフラッグ(04年2着馬)が
配置され、特異要素指示があり、1番人気テレグノシス絡みでも高配当
となりました。
07年も11番ダイワバンディットと2年連続同要素でしたが、こちらは囮。
前年1着馬16番カンファーベストとセット位置(仮想同枠)で唯一セン馬
14番ロードフラッグの同枠15番シンボリグランが2着でした。
前年3着のマイケルバローズが今年の鍵となる馬です。裏番番に配置された
1番人気12番マルカシェンクが馬券の中心。
相手も人気の03番トップオブツヨシと08番マシュリク。押さえに04番、
01番、02番、10番、11番を。


★2008年 古馬G3芝1600m国際
 0105京都金杯  16頭 5-8(09-16-10) ※準ゾロ目
 0202東京新聞杯 16頭 4-5(07-09-01) 5枠内09番外08番
 0128京都牝馬S 14頭 3-4(03-05-06)→4枠外10番※準ゾロ目
 0401ダービー卿 16頭 8-3(16-05-14)→3枠内05番
 0805関屋記念  12頭 8枠3枠 05番/12番or01番or10番

■過去7年の馬券対象馬前走
1着        2着        3着
天皇賞秋 16着(09) 阪急杯  05着(05) 米子S  09着(05)
新潟大賞 13着(08) 七夕賞  13着(08) 安田記念 09着(05)
北九州記 03着(03) 安田記念 08着(02) 岡部幸雄 05着(04) 米子S  03着(04)
金鯱賞  02着(06) 七夕賞  06着(02) NSTオ 01着(04)
NSTオ 05着(04) 米子S  02着(04) 安田記念 02着(06)
NSTオ 01着(01) NSTオ 11着(13) 豊栄特別 01着(01)
朱鷺S  01着(02) 中山記念 06着(01) 北九州記 01着(02)

|

« 函館2歳ステークス 見解 | トップページ | 8月9日 出目傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関屋記念 見解:

« 函館2歳ステークス 見解 | トップページ | 8月9日 出目傾向 »