« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.26

第86回中山記念 見解

【中山記念】中山11R
02年 1中2 G2混指 芝1800MA別 14頭 7-8(11-14-07) 内07番外04番
03年 3中2 G2混指 芝1800MA別 12頭 2-7(02-09-05) 7枠外04番08番※11番中止
04年 2中2 G2混指 芝1800MA別 15頭 1-2(01-02-15) 2枠内02番※07番取消内外01番
05年 2中2 G2国指 芝1800MA別 14頭 7-1(11-01-02) 1枠内01番02番外14番
06年 2中2 G2国指 芝1800MA別 12頭 5-1(06-01-12) 1枠内01番※内外01番
07年 2中2 G2国指 芝1800MA別 16頭 1-5(02-09-12) 1枠5枠内12番
08年 2中2 G2国指 芝1800MA別 16頭 4-8(07-16-05) 
09年 2中2 G2国指 芝1800MA別 10頭 2-5(02-05-06) 内05番
10年 2中2 G2国指 芝1800MA別 16頭 2-3(03-05-10) 2枠内05番 
11年 2中2 G2国指 芝1800MA別 12頭 7-3(09-03-04) 3枠内03番※内外04番
12年 2中2 G2国指 芝1800MA別 11頭
------------------------------------------------------
共通出目から中山金杯1着の03番フェデラリストが浮上する。
裏番09番フィフスペトルも03番とあわせで狙ってみたい馬です。
人気の11番トゥザグローリーや05番レッドデイヴィスは押さえ。
穴で04番、06番、08番、10番といったところを組み合わせで。

続きを読む "第86回中山記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第56回阪急杯 見解

【阪急杯】阪神11R
02年 1阪2 G3混指 芝1200MB別 16頭 2-1(03-02-08) 内08番
03年 1阪2 G3混指 芝1200MA別 15頭 4-1(07-01-09) 1枠外09番15番
04年 1阪2 G3混指 芝1200MA別 16頭 1-5(02-10-15) 1枠外15番※内外02番
05年 1阪2 G3国指 芝1200MA別 16頭 2-8(04-16-12)
06年 1阪2 G3国指 芝1400MA別 15頭 5-7(09-13-10) ※14番中止
07年 1阪2 G3国指 芝1400MA別 16頭 1-3(01-05-03) 
08年 1阪2 G3国指 芝1400MA別 16頭 2-2(03-04-02) 内03番外14番※ゾロ目3接触05番降着
09年 1阪2 G3国指 芝1400MA別 16頭 2-7(04-13-03) 2枠内03番04番外13番14番※内外04番
10年 1阪2 G3国指 芝1400MA別 16頭 1-2(02-04-06) 2枠内04番外13番 
11年 1阪2 G3国指 芝1400MA別 16頭 8-1(15-02-04) 1枠内02番04番外13番15番※内外02番
12年 1阪2 G3国指 芝1400MA別 16頭 
------------------------------------------------------
昨年の勝ち馬サンカルロが8枠16番。2着馬ガルボが2枠04番で出走。
いずれも前走阪神Cと東京新聞杯を勝ってここに参戦。今年も
有力な連対候補だ。出目のフォーカスは16番サンカルロ。
内枠の同コース好走馬で04番ガルボに加えて、02番スプリング
サンダー、05番オセアニアボスを相手に、勝ち上がりの07番
オーセロワ、13番ドリームカトラス、14番ルナキッズを押さえに。
穴で1番人気同枠の15番マルカフェニックス、裏番01番キョウワ
マグナムまでを。

続きを読む "第56回阪急杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.25

第21回アーリントンカップ 見解

【アーリトンカップ】阪神11R
02年 1阪1 11R G3混特 芝1600MB別 13頭 6-7(09-11-13) 内13番
03年 1阪1 11R G3混特 芝1600MA別 16頭 2-1(04-02-11) 内11番
04年 1阪1 11R G3混特 芝1600MA別 15頭 3-5(05-09-08) ※03番取消内外08番
05年 1阪1 11R G3混特 芝1600MA別 12頭 7-7(10-09-01) 内09番※ゾロ目
06年 1阪1 11R G3混特 芝1600MA別 15頭 5-4(09-06-04) 内09番外12番※内外06番
07年 1阪1 11R G3混特 芝1600MA別 16頭 1-7(02-14-09) 内09番
08年 1阪1 11R G3混特 芝1600MA別 13頭 8-4(12-05-03) ※04番取消
09年 1阪1 11R G3国特 芝1600MA別 13頭 1-6(01-08-11) 
10年 1阪1 11R G3国特 芝1600MA別 16頭 4-2(07-03-13) 
11年 1阪1 11R G3国特 芝1600MA別 13頭 8-3(12-03-02) 内03番※内外02番
12年 1阪1 11R G3国特 芝1600MA別 13頭 
------------------------------------------------------------
武豊の影響力が強いレースですが、今年は武豊の出走がなく、昨年
関西リーディングの岩田騎手が検討の中心となる。朝日杯で5着の
ダローネガが軸馬候補の1頭。阪神コースも得意で連対馬として信頼しても
よさそうである。
もう1頭は先行して阪神マイルで連対実績のある02番オリービン。
05番、07番、10番、11番に押さえで13番08番のきさらぎ賞組。
02番とのあわせで12番人気薄までを馬券として考えている。

続きを読む "第21回アーリントンカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.18

第29回フェブラリーステークス 見解

先週は急病のため、更新お休みしました。
本日より復帰します。
【フェブラリーS】東京11R
02年 2東8 G1混指 ダ1600M定 16頭 5-6(09-12-02)
03年 2中8 G1混指 ダ1800M定 16頭 3-4(05-08-07) ※準ゾロ目
04年 1東8 G1混指 ダ1600M定 16頭 5-1(10-01-15)
05年 1東8 G1混指 ダ1600M定 15頭 8-4(14-07-10) 内10番外02番
06年 1東8 G1混指 ダ1600M定 16頭 7-5(14-09-03) 内14番※内外03番
07年 1東8 G1国指 ダ1600M定 16頭 6-4(12-07-15) 
08年 1東8 G1国指 ダ1600M定 16頭 8-5(15-10-16) 内15番※準ゾロ目04番中止
09年 1東8 G1国指 ダ1600M定 16頭 8-7(15-14-02) 8枠内15番外02番※内外02番
10年 1東8 G1国指 ダ1600M定 16頭 2-2(04-03-06) ※ゾロ目
11年 1東8 G1国指 ダ1600M定 16頭 6-7(12-13-05) 内外05番
12年 1東8 G1国指 ダ1600M定 16頭
---------------------------------------------------------------
昨年の勝ち馬トランセンドが圧倒的な実績を引っ提げて今年も参戦する。
一昨年のJCDから中央開催のダートG1を四連勝中。逃げというマーク
されやすい馬だが、大崩れすることなく、連対を確保し続けている点は、
軸馬として信頼がおける点となる。まずは、ここからの馬券を。
5枠10番ワンダーアキュートと09番エスポワールシチーはゾロ目含みで
頭まで。その他03番シルクフォーチュン、11番ダノンカモンの重賞実績馬に、
押さえで07番、14番、15番までを。

続きを読む "第29回フェブラリーステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.05

第62回東京新聞杯 見解

【東京新聞杯】東京11R
02年 2東2 11R G3混指 芝1600MC別 12頭 7-3(09-03-11) 外10番
03年 2中2 11R G3混指 芝1600MC別 14頭 2-6(02-09-01) 内09番
04年 1東2 11R G3混指 芝1600MD別 15頭 8-6(15-10-02) 6枠内02番外06番14番
05年 1東2 11R G3国指 芝1600MD別 14頭 8-7(13-12-06) 8枠※10番取消
06年 1東1 11R G3国指 芝1600MD別 16頭 5-8(10-16-03) 8枠
07年 1東1 11R G3国指 芝1600MD別 16頭 6-2(12-04-02) ※03番取消
08年 1東1 11R G3国指 芝1600MD別 16頭 4-5(07-09-01) 
09年 1東1 11R G3国指 芝1600MD別 16頭 3-7(06-14-02) 
10年 1東1 11R G3国  芝1600MD別 16頭 1-2(02-04-01) 内02番外15番
11年 1東4 11R G3国指 芝1600MD別 16頭 8-2(15-03-01) 2枠内01番外16番
12年 1東4 11R G3国指 芝1600MD別 16頭
----------------------------------------------------------------
昨年の馬券対象馬3頭が揃って出走してくる。03番キングストリートが
昨年と同馬で注意が必要。11番スマイルジャックは7歳となり、レース
傾向から押さえまで。02番ゴールスキーはややしんどいか。
共通出目は05番07番12番13番。まずはこの4頭を軸に検討。昨年の勝ち馬と
同枠の12番ダノンシャークと裏番05番ガルボが中心だが、東京巧者である
07番ヒットジャポットも上位。13番はマイル実績でやや評価が落ちる。
これらに4歳の14番サダムパテックと15番マイネルラクリマ、押さえに
11番と04番、06番、10番までを。

続きを読む "第62回東京新聞杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第52回きさらぎ賞 見解

【きさらぎ賞】京都11R
01年 2京6 11R G3混特 芝1800MB別 12頭 5-8(06-12-11) 8枠内06番12番外01番07番※準ゾロ目
02年 2京6 11R G3混特 芝1800MC別 11頭 1-6(01-06-10) 内06番外02番※内外06番
03年 2京6 11R G3混特 芝1800MC別 14頭 5-5(08-07-01) 内01番※ゾロ目
04年 2京6 11R G3混特 芝1800MC別 14頭 7-4(11-06-08) 内08番外07番
05年 2京6 11R G3混特 芝1800MC別 09頭 7-5(07-05-08) 7枠内08番
06年 2京6 11R G3混特 芝1800MB別 12頭 1-6(01-07-04) 内07番
07年 2京6 11R G3混特 芝1800MC別 08頭   (07-03-05) 内07番外05番※内外03番
08年 2京6 11R G3混特 芝1800MC別 15頭 8-7(15-12-10) 外04番06番
09年 2京6 11R G3国特 芝1800MC別 10頭 7-3(07-03-09) 7枠外04番
10年 2京6 11R G3国特 芝1800MC別 11頭 2-8(02-11-09) 内09番
11年 2京4 11R G3国特 芝1800MB別 12頭 5-6(06-07-10) ※内外06番 
12年 2京4 11R G3国特 芝1800MB別 13頭
-----------------------------------------------------------
出目からは04番ヒストリカル。出遅れ癖はあるが、近年好成績の
福寿草特別経由での参戦、京都での実績から巻き返しを期待できる。
人気の6枠2頭が相手候補だが、いずれも04番同様後ろからレースを
進める点が気がかり。
先行できる馬では、1番人気の裏番で04番の同枠の05番プレミアム
ブルーに食指が動く。京都新馬勝ちから黄菊賞、シンザン記念と
同コースでの好走実績が目を惹く。特に04番と09番との組み合わせ
との三連馬券は厚めに考えたい。
押さえに内から01番06番07番10番11番13番と広めに。

続きを読む "第52回きさらぎ賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.04

第46回小倉大賞典 見解

【小倉大賞典】小倉11R
02年 1小6 11R G3  芝1800MCハ 16頭 8-7(16-14-13) ※準ゾロ目
03年 1小8 11R G3  芝1800MBハ 16頭 2-5(03-10-05)
04年 1小8 11R G3  芝1800MBハ 16頭 4-6(07-12-08) ※準ゾロ目04番取消
05年 1小6 11R G3混 芝1800MBハ 16頭 6-8(11-15-12) 6枠内12番外05番※準ゾロ目
06年 1小5 11R G3混 芝1800MBハ 16頭 2-6(04-12-02) 6枠内12番外05番※09番中止
07年 1小5 11R G3混 芝1800MBハ 16頭 2-3(04-05-08) 2枠内04番外13番※12番取消
08年 1小7 11R G3混 芝1800MBハ 16頭 8-2(15-04-13) 2枠内04番外13番※内外04番
09年 1小1 11R G3国 芝1800MAハ 16頭 1-3(02-05-07) 
10年 1名5 11R G3国 芝1800MAハ 16頭 8-7(16-14-10) ※03番取消
11年 1小5 11R G3国 芝1800MBハ 16頭 5-7(10-14-03) 7枠内10番14番外03番07番※内外03番
12年 1小7 11R G3国 芝1800MCハ 16頭 
----------------------------------------------------------------
昨年はオープンクラスの実績のある人気薄7歳馬のワンツー馬券。勝ったのは
マヤノライジンの裏番だったサンライズベガだった。今年もこの11歳馬を
鍵馬として想定すると同枠16番ダノンスパシーバや裏番02番トップゾンーンが
フォーカスとして浮上してくる。唯一牝馬が1枠01番に配置されいることも
後押しとなり、まずは15番と02番を中心に馬券を組み立ててみたい。
他に目を惹くのは、昨年の出目に入った一昨年の勝ち馬10番オースミスパーク。
人気のエクスペディションと同枠で、6枠は狙い枠となる。
07番エーシンジーライン、12番コスモファントムといった中山金杯上位馬までを
上位と見て、押さえにトップハンデの一角05番と小倉巧者08番までを。

続きを読む "第46回小倉大賞典 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »