« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013.01.27

第18回シルクロードステークス 見解

上位人気馬はいずれも欠点があり難しいレースである。
1番人気03番アイラブリリは小柄な牝馬であり、レース傾向と合致しない点
同枠の2番人気04番ドリームバレンチノや4番人気16番ダッシャーゴーゴーは
スプリンターズSからの参戦ルートがネックとなる。
出目からは05番サドンストームが有力。
4歳馬07番ニシノビークイックや10番アースソニック、
13番エーシンホワイティ、14番マジノプロスパーなどを含め、
前年出目と淀短距離Sの出目を重視して購入したい。

続きを読む "第18回シルクロードステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回根岸ステークス 見解

近2年の馬券対象馬6頭中5頭が出走する根岸ステークス。
10歳馬ダイショウジェットを除いた4頭02番セイクリムズン、03番ダノンカモン、
08番トウショウカズン、12番テスタマッタの4頭は鞍上が岩田と外国人騎手という
ことも考慮して、穴気配を感じさせる。
参戦ルートからは、05番ガンジス、08番トウショウカズン、07番メイシオウマシュウの
ギャラクシS3着以内馬。カペラS最先着の01番エーシンウェズン。
JCDルートからは04番ダノンカモンなど。
出目から06番14番09番までを組み合わせで。

続きを読む "第27回根岸ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.20

第30回東海ステークス 見解

5月開催から1月へと平安Sと時期を取り換え、距離をD1800に短縮となった東海S。
昨年の同レース1着馬01番ソリタリーキングと昨年2番人気で同馬番に入った13番ミラクルレジェンドが鍵馬となる。
昨年の東海Sと平安Sの共通出目フォーカスは15番グレープブランデーで、軸候補は01番13番15番の3頭を考えている。
01番(02番)と13番(04番)と15番(02番)の5頭の3連馬券のBOXをまずは購入したい。
押さえに06番、09番、10番、14番。ゾロ目、裏表含みまたは01番絡みで。

続きを読む "第30回東海ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第54回アメリカジョッキークラブカップ 見解

出目と傾向から、有馬記念を経由の09番ルルーシュが人気でも軸になる。
グループ馬の裏番04番アドマイヤラクティ、同枠10番マルカボルトを相手として、
01番、03番、04番、11番へ。

続きを読む "第54回アメリカジョッキークラブカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.18

第48回京都牝馬ステークス 見解

昨年はゾロ目で1~3番人気決着。打ち止め要素を2つも含んだ馬券だったが、
今年は開催を繰り上げ1回京都で施行されえることになった。
昨年出目は要注意で03番04番11番/01番02番09番がフォーカスとなる。
他のレースから指示されている共通出目は07番アスカトップレディ。
同枠08番エーシンメンフィスとのゾロ目含みは買いたい馬券である。
前年出目からはリゲルS経由の04番ハナズゴール。
こちらもグループ馬の03番レディアルバローザと11番アンチュラスに注意したい。
押さえに09番、14番を

続きを読む "第48回京都牝馬ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.13

第53回京成杯 見解

芝2000mの中山5日目の京成杯は、07年と12年。
07年の勝ち馬は前走ホープフルS2着のサンツェッペリン、
12年の勝ち馬は前走百日草特別(500万)1着のベストディールだった。
馬券対象は、ホープフルS連対馬と500万特別勝ち上がりの2頭が軸の3連馬券で、
07番マイネルマエストロと09番マイネルストラーノのマイネル2頭を軸とした馬券をまずは考えたい、
相手は03番グラムドグロワールと05番アクションスター。
押さえに11番ラウンドワールドと02番ノウレッジ。
穴でセンター配置の06番クロスボウまで。

続きを読む "第53回京成杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.12

第29回フェアリーステークス 見解

【フェアリーステークス】中山11R 
過去傾向から阪神JFから参戦するOP実績馬14番サンブルエミューズが軸候補。
相手筆頭が裏番03番ウインプリメーラ。まずはこの内外を軸とした流し馬券が重要。
1番人気の同枠裏番の08番クラウンロゼと10番リメンバーメジロも出目から狙い目となる。
15番、12番、11番、04番、07番、1番までを押さえで。

続きを読む "第29回フェアリーステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.06

第47回日刊スポーツ賞シンザン記念 見解

近年荒れる傾向にあるシンザン記念。
穴の立役者は人気薄の先行馬である。
重賞以外から参戦の馬は、前走四角5番手以内か上がり上位3番手以内の馬が狙い。
また、過去10年で、未勝利、新馬からの参戦馬が馬券に複数絡んだことがないのも特徴で、
穴っぽい08番アルバタックス、09番レッドアリオン、12番ヘミングウェイが揃って馬券になる可能性は低そうだ。
ここは前走の着差、人気、脚質から09番レッドアリオンが上位だと思う。
軸は02番エーシントップと14番カオスモスの2頭。
ただし圧倒的に内枠が有利なレースだけに、14番の相手は内枠に絞りたい。
相手に09番と06番ネオウィズダムを。
押さえに、02番との合わせで15番、06番と合わせで05番、他の勝ち上がりとかぶらな08番、12番までを。

続きを読む "第47回日刊スポーツ賞シンザン記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.05

第51回スポーツニッポン賞京都金杯 見解

昨年2着の01番ダノンシャークとそのグループ馬02番ショウリュウムーン、16番トーセンレーヴが狙い目。
人気の11番サウンドオブハートはステップに不安があり、上位人気は上記の内外からいきたい。
相手に06番エクスペディション、06番ダローネガ、14番エーシンリターンズなどへ。
押さえに04番、08番、09番、13番を。


続きを読む "第51回スポーツニッポン賞京都金杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第62回日刊スポーツ賞中山金杯 見解

2年連続でゾロ目決着の中山金杯。そして4年連続で馬券となっている12番の出目。
実はこの12番、過去10年間で8年間馬券対象となっている。
次に多いのが04番で5回。いずれも人気薄だが、G2実績のある叩き3走目の9歳馬と逃げ残りが期待できる前走中山コースで勝ち上がった馬。
穴として押さえは必要だろう。
逆に死に目は06番。こちらは実績から狙いたい馬だが・・・
端数ハンデ1番人気の09番ジャスタウェイを中心に同枠裏番とも4歳馬で構成されている。
人気の5枠では10番ダイワマッジョーレの方に魅力を感じるが、距離とコースの実績では4枠08番コスモオオゾラも捨て難い。
あとは、芝2000mハンデ重賞を連続連対してきた11番アドマイヤタイシも有力。
こちらは死に目に入った06番タッチミーノットと狙いの出目12番テイエムアンコールとの2頭軸流しで。
押さえに臨戦過程で割引の15番、04番を。

続きを読む "第62回日刊スポーツ賞中山金杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »