« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013.04.27

第147回天皇賞(春) 見解

過去10年の出走馬のタイプから見て、1着資格があるのは08番ゴールドシップ1頭。
馬券資格対象は15番カポーティスターや17番レッドデイヴィスが有力で、
人気の06番フェノーメノや01番トーセンラーは馬券対象から外れる可能性も高いと思う。
過去天皇賞春を制したことのある04番ジャガーメイル9歳と05番マイネルキッツが鞍上魅力で一考。
特にジャガーメイルは、昨年8歳で4着入線。今年も前走58.5キロで重賞2着を経て参戦してくる。
穴の狙いは04番-15番2頭軸の3連複流し。ゴールドシップとの馬券は3連単も。
押さえに01番03番06番07番13番18番を組み合わせで。
外国産馬レッドカードもフェノーメノとのセットで上記有力馬と、ゴールドシップとの3連単を。
天皇賞春で1枠01番武豊というのも経験上魅力を感じるが、今回は軽視したいと思う。

続きを読む "第147回天皇賞(春) 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第20回テレビ東京杯青葉賞 見解

出目のフォーカスは10番サトノノブレス、11番マイネルマエストロ。
軸は10番サトノノブレスと血統・鞍上を考慮し、05番ヒラボクディープを。
相手に07番ラストインパクトと08番カフェリュウジンの4枠2頭に、17番ダービーフィズ。
押さえに03番、11番、13番、14番、15番、18番まで「。

続きを読む "第20回テレビ東京杯青葉賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.21

第46回サンケイスポーツ賞フローラステークス 見解

共通出目は04番インカンデセンス、06番ブリュネット、15番ロジプリンセスの3頭。
ディープ産駒15番ロジプリンセスは上位候補、06番は鞍上を考慮して押さえ候補と考えている。
狙いはステイゴールド産駒13番グッドレインボーや東京実績を持ち先行できる18番テンシンランマン、
上位人気の10番、12番、03番に11番、02番など幅広い馬券で大穴狙いを。


続きを読む "第46回サンケイスポーツ賞フローラステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.20

第44回読売マイラーズカップ 見解

阪神⇒京都と開催場を変更した両年はシルポートが1着。
馬券対象にダノックスの馬が入り、橋渡しをした格好となった。
今年も13番シルポート、03番ダノンヨーヨー、12番ダノンシャークと3頭が揃って出走。
昨年シルポートを同枠サポートしたグランプリボスも17番と昨年の1着馬番を背負って出走する。
出目からは12番ダノンシャークが有力だが、京都金杯からの参戦した馬の好走例がない点が気になる。
まずは、国内マイルG1で連続2着の17番グランプリボスを軸馬の1頭に考えたい。
グループ馬の02番クラレントと内外2番目のセット馬券には注意が必要だろう。
馬場が渋れば、13番シルポートに、18番エーシンメンフィス、03番ダノンヨーヨー、人気の09番カレンブラックヒル辺りが有力な相手となる。


続きを読む "第44回読売マイラーズカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第10回福島牝馬ステークス 見解

昨年1着の06番オールザットジャズ。昨年同様10番マイネイザベルと内外対称配置。
まずは2頭が有力候補で、この2頭軸の三連馬券総流しも一考です。
昨年3着の01番アカンサス、人気の前走準オープン勝ちの14番アロマティコ、
07番、15番、04番、13番へ。

続きを読む "第10回福島牝馬ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.14

第73回皐月賞 見解

皐月賞の出目は07年以降(前日実施でない11年を除く)前日実施のG1中山グランドジャンプの出目を継いでいます。
有力馬は05番タマモベストプレイ、07番ロゴタイプ、12番コディーノ、14番エピファネイヤの4頭。
これらは内外05番と07番のシンメトリー配置されているので、05-14や07-12といった2頭軸の三連馬券をまず検討したいと思います。
桜花賞のアユサンの07番に3歳チャンピオンでトライアル勝ちのロゴタイプが入り、桜花賞で弟の2着だった兄ミルコが手綱をとります。
押さえに08番、10番、03番、16番、15番へ。


続きを読む "第73回皐月賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.13

第18回アンタレスステークス 見解

人気の08番ニホンピロアワーズが中心。
10番ホッコータルマエ、13番ナイスミーチューに
12番、15番、14番、01番、03番、07番、09番、11番を。

続きを読む "第18回アンタレスステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15回中山グランドジャンプ 見解

外国馬がサインとなり、同枠裏番には常に注意が必要なレースです。
3年前このレースを制している11番メルシーモンサンと参戦ステップとして有力な阪神スプリングジャンプを制した05番シゲルジュウヤクを、まずはピックアップ。
出目からも05番は後押しがあり、05番シゲルジュウヤクが軸馬の1頭となります。
もう1頭の軸馬は、昨年2着ので暮れの大障害3着の03番バアゼルリバー。
相手は01番06番08番09番11番14番16番から組み合わせで。

続きを読む "第15回中山グランドジャンプ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.07

第73回桜花賞 見解

阪神牝馬Sからの出目は8枠/15番16番04番or18番17番06番です。
重賞勝ちある18番メイショウマンボや3歳女王06番ローブティサージュ、牡馬混合マイル戦勝利の04番サンブルエミューズに、新設重賞アルテミスS1着の17番コレクターアイテムなど穴として面白い面々が入りました。
15番、16番はトライアル惜敗馬で、こちらも穴気配があります。
但し、18番メイショウマンボ以外は桜花賞条件を見たしていないため、ヒモ穴で一考と考えています。
中心は桜花賞馬条件を満たしている14番レッドオーヴァルと12番トーセンソレイユ。
03番クラウンロゼ、05番ウインプリメーラを相手に、上記の馬と1番人気13番クロフネサプライズや乗り替わりのアユサンまでを押さえで購入したいと思います。

続きを読む "第73回桜花賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.06

第31回ニュージーランドトロフィー 見解

朝日杯FSの出目から03番ストーミングスター05番ガチバトルと14番ワールンガといった500万勝ち上がりの人気薄が狙い目となります。
人気上位との組み合わせで穴狙いを。

続きを読む "第31回ニュージーランドトロフィー 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第56回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 見解

前年の1~3着馬が揃って出走します。
1着04番クィーンズバーン、2着02番マルセリーナともに、前走大敗というマイナス点があり、3着フミノイマージンは今年7歳となり翳りも感じられます。
狙いは、昨年のクィーンズバーンと同じステップ・着順で参戦してくる15番イチオクノホシです。
鞍上にC.デムーロ騎乗というのもプラス要素となります。
もう1頭の軸馬候補は京都牝馬S1着の12番ハナズゴールですが、道悪が気になる要素。
道悪では一昨年の2着馬11番アンシェルブルーやその裏番の06番アスカトップレディなどが浮上します。
イチオクノホシの同枠16番サウンドオブハート、裏番02番マルセリーナやハナズゴールの裏番05番ホエールキャプチャなどを相手に、昨年の04番クィーンズバーンと08番フミノイマージンを押さえで。

続きを読む "第56回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »