« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013.05.25

第80回東京優駿 見解

80回東京優駿は、今年1着賞金を2億円に増額し、昨年と同じ第2回東京12日目に施行さる。
当日は、東京競馬場に全レースがJRAプレミアム対象で、東京は8つの特別競走が組まれ、
京都の特別3レースを含めて、7つのダービーメモリーズが行われるが、
タケホープ(9番人気)以外の各レースタイトルのダービー馬ははすべて1番人気での勝利。
第1回のワカタカは1枠01番01番人気で勝利していて、今回のキズナを連想させる。
当日、ウイニングチケットとアグネスフライトが東京競馬場に来るが、
この2頭はダービー以外に京都新聞杯を1着している共通点があり、これもキズナを押す材料でとなる。
ウイニングチケットの柴田政人騎手、アグネスフライトの河内洋騎手は長らくダービーを勝てず、
40代半ばでの初制覇だったことから考えると、07番ヒラボクディープの蛯名騎手が浮上する。
新聞広告のシンボリルドルフの岡部騎手もダービーを勝ったには30代半ば。
福永騎手あたりまではマークが必要かも。
01番キズナ、07番ヒラボクディープにそれぞれの同枠馬02番コディーノと08番ロゴタイプ。
09番エピファネイヤ、17番レッドレイヴン、押さえで12番、13番までを。

続きを読む "第80回東京優駿 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15回京都ハイジャンプ 見解

出目でセンターポジションの07番モズハリケーンに注目。
内外05番配置の05番テイエムハリアーと09番ルールプロスパーを含めた人気3頭が中心。
12番11番04番13番01番02番を組み合わせで。

続きを読む "第15回京都ハイジャンプ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.19

第74回優駿牝馬 見解

混戦模様のオークス。皐月賞からの出目は4枠か7枠。
特に、村上龍のJRAの新聞広告で、今回がカーレースだったところから、
F1=ファミリー№1は14番プリンセスジャックのみということで7枠に注意が必要です。
13番エバーブロッサムは近年の馬券傾向にあっているし、15番セレブリティモデルは
東京芝2400m向きの配合でエリンコートと同じ忘れな草賞を勝っているのもポイント。
桜花賞馬アユサンは前走がどちらかというと桜花賞よりもオークス向きだと思いますが、
調子落ちを懸念しています。
狙いは、内外01番に配置された外国人騎手で、レッドオーヴァルのCデムーロは、
兄ミルコから手綱を引き継ぎ、桜花賞との連覇をかけて臨みます。
ディープインパクトの妹18番トーセンソレイユのウィリアムズは、東京芝2400m巧者で、
昨年のダービー当日から6レース連続で馬券となっています。
あと、3歳女王09番ローブティサージュや桜花賞1番人気のクロフネサプライズも食指が動きます。
人気の3枠は臨戦過程と過去傾向から押さえ評価で。

続きを読む "第74回優駿牝馬 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.11

第8回ヴィクトリアマイル 見解

古馬牝馬G1は、資格継承の要素を含んで実施される傾向にあります。
昨年のヴィクトリアMとエリザベス女王杯杯に出走し馬券となった下記の4頭が鍵。
 08番ホエールキャプチャ(VM1着/EQ2着同枠3着裏番)
 06番ドナウブルー(VM2着)
 13番レインボーダリア(EQ1着)
 11番ヴィルシーナ(EQ2着)
18頭立てなので、08番と11番、06番と13番は対称位置に配置されているのがポイント。
内外08番に配置された昨年の1着馬08番ホエールキャプチャと11番ヴィルシーナ。
昨年1着馬は現在11番人気で人気薄。
1番人気11番ヴィルシーナは昨年の勝ち馬の裏指示を受けているものの、自身は無冠のシルバーメダルコレクターで、1番人気から裏指示をホエールキャプチャに返している可能性もあります。
また、内外06番に配置された06番ドナウブルーと13番レインボーダリアはともにG1を7番人気で馬券になっているという共通点を持っています。
この2頭が再び7番人気を背負う可能性も高く、これらが7番人気ではなかった時には1枠のいずれかが7番人気になる可能性が高いと思いますが、特にラフィアンの01番マイネイザベルは、先週のNHKマイルの勝ち馬がマイネルホウホウだった流れから、無視ができない存在となります。
後押しがないうえ前走敗退して参戦してくる人気の2枠は押さえまででしょうか。
10Rの立夏Sの表出目に注意が必要。人気薄でも押さえたおきたいと思います。

続きを読む "第8回ヴィクトリアマイル 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.05

第18回NHKマイルカップ 見解

出目からは4枠or7枠が有力。
07番ゴットフリートと14番エーシントップは厩舎2頭出しに注目。
NHKマイルカップは2頭出し厩舎が馬券対象になることが多いのが特徴です。
1番人気15番エーシントップは内外04番目の西園厩舎対称配置、天皇賞敗退した内田の雪辱戦でもあります。
3歳G1での敗退や血統的に微妙な感じですが、5勝馬でもあり、有力な1頭です。
07番ゴットフリートは、左回りの実績と朝日杯での好走歴に注目。
相手に08番マイネルホウオウ、09番コパノリチャード、10番ガイヤースヴェルトを。
押さえに3連勝中の13番、17番やニュージーランド上位組の06番、03番を


続きを読む "第18回NHKマイルカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第35回新潟大賞典 見解

基本、好調馬を軸に人気薄を狙うのが新潟大賞典のパターンです。
軸は出目の重なった07番アドマイヤタイシ。
人気の02番ナカヤマナイト、16番サトノアポロ、11番パッションダンスが上位で、
01番、04番、10番、13番などの馬券が狙いとなります。
穴で昨年2着の15番ダンツホウテイを。

続きを読む "第35回新潟大賞典 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.04

プリンシパルステークス 見解

芝2000m11頭立てOPの過去出目は04番07番09番、注意は1番人気4番人気。
白富士S、青葉賞、若葉S出目を加えて、総合的に6枠07番インパラトールが中心。
相手に前年出目から08番マジェスティハーツと01番デインツリーへ。
05番、03番、06番、10番、11番を押さえで。

続きを読む "プリンシパルステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »