« 第30回エプソムカップ 見解 | トップページ | 第15回東京ジャンプステークス 見解 »

2013.06.16

第18回ユニコーンステークス 見解

1番人気が圧倒的に強いレースです。
1番人気12番サウンドリアーナは、裏番04番にサウンドトゥルーが置かれ、名前の符合が見られます。
同枠13番ミヤジマッキーは、同枠裏番に牝馬が配置され、こちらも注目。
他二ノ宮厩舎-モハメドのラインから03番サマリーズ、端午Sから01番エーシンレンジャーと
1000万条件を通ってきた09番クロムレック。
押さえで15番ベリートゥベリー、07番チャーリーウレイブ、06番ベストウォーリアの人気馬を。

【ユニコーンステークス】東京11R
03年 2東5 11R G3混指 ダ1600M別 16頭 7-3(14-06-13) 3枠7枠内06番14番外03番11番※準ゾロ目
04年 3東5 11R G3混指 ダ1600M別 16頭 5-5(10-09-13) 内13番外04番※ゾロ目
05年 3東5 11R G3混指 ダ1600M別 16頭 6-1(11-02-16) 
06年 3東5 11R G3混指 ダ1600M別 16頭 6-2(11-04-03) 6枠内11番外06番
07年 3東5 11R G3混指 ダ1600M別 16頭 3-4(06-08-11) 内11番外06番※05番除外内外06番
08年 3東5 11R G3混指 ダ1600M別 16頭 3-4(06-07-13) 3枠4枠内06番外11番
09年 3東5 11R G3国指 ダ1600M別 16頭 6-5(12-09-01) ※02番8→15着降着
10年 3東6 12R G3国指 ダ1600M別 16頭 7-1(13-01-15) 内01番外16番※05番中止
11年 3東5 11R G3国指 ダ1600M別 16頭 6-5(11-09-14) 
12年 3東2 12R G3国指 ダ1600M別 16頭 2-4(04-08-03) ※準ゾロ目
13年 3東6 11R G3国指 ダ1600M別 15頭 
----------------------------------------------------------------------


■過去10年間馬券対象馬前走成績
  1着        2着        3着       
12年3中8 500 01着(02) 兵庫C  01着(01) 昇竜S  04着(01)
11年昇竜S  01着(02) いぶき賞 01着(01) いぶき賞 02着(03)
10年兵庫C  01着(01) 端午S  01着(06) 兵庫C  02着(03)
09年端午S  01着(03) 2東4 500 01着(02) ヒヤシン 01着(07)
08年昇竜S  01着(01) ファルコ 07着(03) NHKマ 11着(12)
07年端午S  01着(01) 兵庫C  01着(01) 3京7 500 01着(01)
06年3京4 500 01着(01) 端午S  01着(06) 昇竜S  02着(04)
05年端午S  01着(01) 兵庫C  02着(04) 兵庫C  01着(01)
04年昇竜S  02着(01) NHKマ 04着(12) 昇竜S  01着(09)
03年NHKマ 04着(04) 昇竜S  01着(04) NHKマ 08着(07)
 端午S  3-2-0-10 サウンドアリーナ/エーシンレンジャー/
 昇竜S  3-1-3-20(ショウナンダイラ)
 500万*  2-1-1-32 サウンドトゥルー/ベリートゥベリー/コンプリートゲーム/
 兵庫C  1-3-2-05 ベストウォーリア/ノウレッジ/
 ヒヤシン 0-0-1-04 チャーリーブレイブ/
 葵S   0-0-0-07×ヴァンフレーシュ

■人気傾向
 1番人気 7-1-0 サウンドアリーナ
 2番人気 0-5-2 チャーリーブレイブ
 3番人気 1-1-2 ベストウォーリア
 4番人気 1-1-1 ベリートゥベリー
 5番人気 1-1-1 サマリーズ
 6番人気 0-0-2 エーシンレンジャー
 7番人気 0-1-1 ノウレッジ
 8番人気 0-0-1 サウンドトゥルー

|

« 第30回エプソムカップ 見解 | トップページ | 第15回東京ジャンプステークス 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/57601199

この記事へのトラックバック一覧です: 第18回ユニコーンステークス 見解:

« 第30回エプソムカップ 見解 | トップページ | 第15回東京ジャンプステークス 見解 »