« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013.06.30

第62回 ラジオNIKKEEI賞 見解

出目からは、07番フラムドグロワールが有力だが、
ダービーやNHKマイルなど春G1戦線で戦ってきた馬たちは
消耗度が高く、好成績を残せていないとういうレース傾向が気になる。
狙いは500万クラス勝ち上がり、ダービートライアルからの参戦馬、
1000万人気クラス上位入線か人気馬。
03番アドマイヤドバイ、15番インプロヴァイズ、12番ミエノワンダー、
14番ダービーフィズあたりが狙い目となる。
上記に07番フラムドグロワールと13番ガイヤーズヴェルト。
穴で10番ダイワブレディ、05番カフェリュウジンを。

続きを読む "第62回 ラジオNIKKEEI賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.23

第54回宝塚記念 見解

86年以降11頭立てで行われたG1レース(障害を除く)は9つ。
そのいずれもが1番人気が馬券になっている。
宝塚記念はテイエムオペラオーが勝った2000年、
メジロマックイーンが勝った1993年の2レースが該当する。
いずれも1番人気の勝利しているが、2・3着は6・9番人気/8・10番人気と
6番人気以下の馬ばかりである。
人気薄に賭けてみるならばこの線だとは思うが、いかにも格落ちの感が否めない。
勝った両馬は天皇賞春からの参戦でともに1番人気で1着と2着。
今回1着馬は03番フェノーメノ、1番人気馬は10番ゴールドシップで
現在は、11番ジェンティルドンナが1番人気だが、
このいずれかが今回1番人気になったら1着馬の軸となる。
昨年1着馬オルフェーブルをモデルとするなら、軸は10番ゴールドシップ。
相手にセンター配置の06番トーセンラー、04番ダノンバラード、03番フェノーメノ。
押さえに11番ジェンティルドンナ。
穴目押さえで01番02番05番08番を組み合わで。

続きを読む "第54回宝塚記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.22

第15回東京ジャンプステークス 見解

軸は人気の13番と人気薄の05番。
相手に03番、13番、10番、01番、押さえに04番12番08番を。

続きを読む "第15回東京ジャンプステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.16

第18回ユニコーンステークス 見解

1番人気が圧倒的に強いレースです。
1番人気12番サウンドリアーナは、裏番04番にサウンドトゥルーが置かれ、名前の符合が見られます。
同枠13番ミヤジマッキーは、同枠裏番に牝馬が配置され、こちらも注目。
他二ノ宮厩舎-モハメドのラインから03番サマリーズ、端午Sから01番エーシンレンジャーと
1000万条件を通ってきた09番クロムレック。
押さえで15番ベリートゥベリー、07番チャーリーウレイブ、06番ベストウォーリアの人気馬を。

続きを読む "第18回ユニコーンステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.09

第30回エプソムカップ 見解

02番リルダヴァル、03番クラレント、05番サクラアウディート、
09番ファイナルフォーム、14番サトノアポロの三連複BOXで。
上記に追加して02-13、03-12、05-10、09-10、1-14軸の三連馬券。
1-2-3、1-3-5、1-5-9、2-5-8、2-12-14、3-5-7、5-7-9、5-9-13などを

続きを読む "第30回エプソムカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18回マーメイドステークス 見解

施行日が繰り上がり3年ぶりのAコースで行われるマーメイドS。
出目からは07番アロマテイコ、09番ハワイアンウインドが中心。
条件的には02番マイネオーチャードが有力です。
相手に13番、14番、押さえで11番、12番を。

続きを読む "第18回マーメイドステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.01

第63回安田記念 見解

安田記念4勝岡部幸雄と2勝安藤勝己の対談が安田記念のスぺシャルコンテンツ。
岡部幸雄
 82年11番スイートネイティブ(紹介なし)
 89年14番バンブーメモリー
 97年10番タイキブリザード
 98年02番タイキシャトル(紹介なし)
安藤勝己
 04年14番ツルマルボーイ
 07年02番ダイワマジャー
直前のFBでは10番タイキブリザードの安田記念。

安田隆行厩舎の1番人気10番ロードカナロアは、安田記念を制することができるでしょうか?
安田記念は東京・マイルの強者が活躍するレースです。
距離コースともに経験のないロードカナロアは中心には据えにくいし、
圧倒的なスプリント実績が後押しになるとは考えにくと考えています。
この馬を買う場合は、ゾロ目含みか、1-3番人気での上位決着が濃厚です。

関連の深いレースはNHKマイルカップと安田記念、東京新聞杯といった東京マイル競走。
昨年2着の07番グランプリボスや前走1番人気敗退の01番カレンブラックヒルといった
NHKマイルの勝ち馬は展開に関わらず、中心視していきたいと思います。

フォーカス、注意馬番は下記の6点。
01番カレンブラックヒル:同枠02番ショウナンマイティ/裏番8番サダムパテック
07番グランプリボス:同枠08番マイネイサベル/12番ダークシャドウ

加えてヴィクトリアM勝ちの15番ヴィルシーナ、NHKマイル1番人気の14番エーシントップ、
東京新聞杯2着で京王杯スプリングカップ勝ちの17番ダイワマッジョーレに
外国産馬を少々押さえたいと思います。

続きを読む "第63回安田記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第66回鳴尾記念 見解

6月開催になって2年目の鳴尾記念。
昨年は別定増量馬のワンツーで、上位実績を求めたレースでした。
今年の別定増量馬は、07番ダノンバラードと02番ビッグウィークの2頭です。
ビッグウィークは10年の菊花賞勝利による増量で、それ以降の勝ち鞍もありません。
中心は今年のAJCCを勝った07番ダノンバラード。
阪神芝2000mはラジオNIKKEI賞2歳S1着があるのも心強い。
相手も上位人気の14番パッションダンスと15番ダイワファルコンを。
同枠裏表の決まり目を含んだ穴馬券を押さえで。

続きを読む "第66回鳴尾記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »