« 第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 見解 | トップページ | 第63回日刊スポーツ賞中山金杯 見解 »

2013.12.21

第58回有馬記念 見解

今年の有馬記念は、06番オルフェーブルの引退レース。
昨年の有馬記念をパスし、今年は2勝した後、凱旋門賞2着を経て、ここに参戦してくる。
同じくラストランを予定していたエイシンフラッシュが回避となり、オルフェーブル一色の有馬記念となっている。
過去2回の凱旋門賞の馬番06番のゼッケンを背負っているのに意図を感じるが、ここも2着という落ちなのかもしれない。
池江厩舎は異例の5頭出しで有馬記念に臨むが、鞍上は池添謙一に託した。
これが吉と出るか、凶と出るか、興味深いところである。
2012年の有馬記念は、1着オルフェーブルで3着にトゥザグローリー、オルフェの同枠にトーセンジョーダンが配置されていた。その時の2着はエイシンフラッシュでルメール騎乗。
今回は13番トゥザグローリーにルメールが騎乗し、こちらは昨年の有馬記念馬14番ゴールドシップと同枠に配置されている。
ルメール、トゥザグローリーがポイントだと考えると、この7枠も無視できない。
今年G1を勝ったのは14番ゴールドシップただ1頭だということも後押しとなる。
内田からムーアへの手替わりがプラスになることも考えられる。
いずれにせよ、2勝目の有馬記念を狙う父ステイゴールドと母父メジロマックイーンの2頭が中心となる有馬記念だが、86年以降有馬記念を2勝した馬はクラシックの勝利歴がない点から、この2頭を出し抜き、頭に踊りでる馬がいるのかどうか。
宝塚記念2着の01番ダノンバラード(川田は2週連続1番人気敗退の汚名を返上できるか?)
金鯱賞1着の03番カレンミロティック(昨年のオーシャンブルーと同じように)
外国人騎手の10番アドマイヤラクティ、13番トゥザグローリー(デムーロまではないと思うが・・・)
04番ウインバリシオン(オルフェーブルのパートナー馬として)
16番トーセンジョダン(昨年の1着騎手騎乗のG1馬として)
あとはゾロ目、裏表含みの馬券には注意を払いたい。


【有馬記念】中山10R
03年 6中8 09R G1混指 芝2500MA定 12頭 8-3(12-03-02) 内02番
04年 5中8 09R G1混指 芝2500MA定 15頭 1-5(01-09-06) 外11番
05年 5中8 09R G1混指 芝2500MA定 16頭 5-3(10-06-14) 5枠内06番外07番
06年 5中8 09R G1混指 芝2500MA定 14頭 3-1(04-01-05) 3枠外11番
07年 5中8 09R G1国指 芝2500MA定 16頭 2-4(03-07-04) 内04番外10番14番※準ゾロ目
08年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 14頭 8-8(13-14-06) ※ゾロ目
09年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 16頭 5-1(09-02-06) 内06番※10番中止
10年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 16頭 1-4(01-07-11) ※06番取消
11年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 14頭 6-4(09-05-07) 内07番外06番10番※1間
12年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 16頭 7-3(13-06-09) 内09番外08番
13年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 
----------------------------------------------------------------
★G1古馬実績
 ウインバリアシオン 12年天皇賞春3着/
 オルフェーヴル   13年凱旋門賞2着/
           12年宝塚記念1着/凱旋門賞2着/JC2着/
           11年有馬記念1着/
 ゴールドシップ   13年宝塚記念1着/
           12年有馬記念1着/
 ダノンバラード   13年宝塚記念2着/
 トーセンジョーダン 13年JC3着/
           12年天皇賞秋2着/
           11年天皇賞秋1着/JC2着/
 トゥザグローリー  11年有馬記念3着
           10年有馬記念3着
 
★グランプリの馬グループの継承
 10年有馬記念 16頭 1-4(01-07-11) ※06番取消
  1枠01番ヴィクトワールピサ(02番ネヴァブション/16番ジャミール)
  4枠07番ブエナビスタ   (08番メイショウベルーガ/10番エイシンフラッシュ)
  6枠11番トゥザグローリー (12番ドリームジャーニー/06番ローズキングダム)

 11年宝塚記念 16頭 1-4(02-08-04)
  1枠02番アーネストリー  (01番ナムラクレセント/15番トレイルブレイザー)
  4枠08番ブエナビスタ   (07番ハートビートソング/09番ローズキングダム)
  2枠04番エイシンフラッシュ(03番ルーラーシップ/13番トーセンジョーダン)

 11年有馬記念 14頭 6-4(09-05-07)
  6枠09番オルフェーブル  (10番トーセンジョーダン/06番キングトップガン)
  4枠05番エイシンフラッシュ(06番キングトッピュガン/10番トーセンジョーダン)
  5枠07番トゥザグローリー (08番ローズキングダム)

 12年宝塚記念 16頭 6-4(11-07-02)
  6枠11番オルフェーブル  (12番フェデラリスト/06番エイシンフラッシュ)
  4枠07番ルーラーシップ  (08番アーネストリー/10番ナカヤマナイト)
  1枠02番ショウナンマイティ(01番ウインバリアシオン/15番トゥザグローリー)

 12年有馬記念 16頭 7-3(13-06-09)
  7枠13番ゴールドシップ  (14番ビートブラック/04番アーネストリー)
  3枠06番オーシャンブルー (05番ネヴァブション/11番トゥザグローリー)
  5枠09番ル-ラーシップ  (10番ダークシャドウ/08番トレイルブレイザー)

 13年宝塚記念 11頭 8-4(10-04-11)
  8枠10番ゴールドシップ  (11番ジェンティルドンナ/02番タニノエボレット)
  4枠04番ダノンバラード  (08番ナカヤマナイト)
  8枠11番ジェンテイルドンナ(10番ゴールドシップ/01番ヒットザターゲット)

■過去10年間馬券対象馬の前走成績
  1着        2着        3着       
12年菊花賞  01着(01) 金鯱賞  01着(06) JC   03着(02)
11年菊花賞  01着(01) JC   08着(05) JC   11着(08)
10年JC   03着(08) JC   02着(01) 中日新聞 01着(01)
09年天皇賞秋 06着(04) エリザベ 03着(01) JC   05着(11)
08年天皇賞秋 02着(02) JC   12着(16) 天皇賞秋 05着(08)
07年天皇賞秋 15着(08) エリザベ 01着(01) マイルチ 01着(01)
06年JC   01着(01) メルボル 02着(--) マイルチ 01着(01)
05年JC   02着(02) 菊花賞  01着(01) JC   04着(09)
04年JC   01着(01) 凱旋門賞 17着(--) 天皇賞秋 10着(05)
03年JC   03着(01) 菊花賞  02着(04) 菊花賞  04着(02)
02年JC   03着(01) 京阪杯  05着(06) アルゼン 02着(01)
--------------------------------------------------------------
 JC   5-3-4-55 トーセンジョーダン/アドマイヤラクティ/ルルーシュ/
           ナカヤマナイト/ゴールドシップ/
 天皇賞秋 3-0-2-06 ヴェルデグリーン/ダノンバラード/
 金鯱賞  0-1-0-01 カレンミロティック/ラブリーデイ/ウインバリアシオン/
           トゥザグリーリー/
 凱旋門賞 0-1-0-01 オルフェーヴル/
 ステイヤ 0-0-0-12×デスペラード/
 福島記念 0-0-0-04×ラブイズブーシェ
 
■人気傾向
 1番人気 6-3-0 オルフェーブル
 2番人気 2-0-1 ゴールドシップ
 3番人気 0-1-2 アドマイヤラクティ
 4番人気 1-1-0 ウインバリアシオン
 5番人気 0-1-0 トーセンジョーダン
 6番人気 0-1-2 カレンミロティック
 7番人気 0-1-0 ヴェルデグリーン
 9番人気 1-0-2 ナカヤマナイト
 10番人気 0-1-1 ルルーシュ
 11番人気 0-0-1 ダノンバラード
 14番人気 0-1-1 ラブリーデイ

■世代
 3歳 3-4-2-29 
 4歳 6-3-1-22 
 5歳 1-1-4-30 
 6歳 0-0-1-21 
 7歳上0-2-2-14 

|

« 第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 見解 | トップページ | 第63回日刊スポーツ賞中山金杯 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/58795822

この記事へのトラックバック一覧です: 第58回有馬記念 見解:

« 第30回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 見解 | トップページ | 第63回日刊スポーツ賞中山金杯 見解 »