« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014.01.25

第31回東海ステークス 見解

1月施行2回目。昨年の1着馬02番グレープブランデーと
2着馬04番ナムラタイタンが揃って出走する。
一昨年の1着馬15番ソリタリーキングが外02番に配置され、
内外02番が東海S勝ち馬になっているのが目をひく点。
内外対称の馬券には注意を払いたい。
穴は同レース実績のある01番と10番、勝ち上がりの03番を。
02-15、03-14、07-10などの対象馬番を軸の三連馬券中心で。

続きを読む "第31回東海ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第55回アメリカジョッキークラブカップ 見解

昨年1着の07番ダノンバラードが鍵馬となる。
同枠08番マイネオーチャードと裏番10番ヴェルデグリーンを含めた3頭が軸候補。
ゾロ目開催の今回は、4枠or5枠のゾロ目含みや07-10、08-09の裏表対象を軸とした3連馬券が狙い。
また、1番人気と2番人気が今日の京都牝馬Sと同様に内外03番配置になっているが、
京都牝馬Sで両馬番ともに馬券対象になったため、やや評価を下げるが、
4枠5枠の4頭への馬券は押さえたい。
押さえで。01番12番までを。

続きを読む "第55回アメリカジョッキークラブカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第49回京都牝馬ステークス 見解

出目は8枠orゾロ目指示。
8枠には2歳に活躍した人気薄の4歳馬2頭が同居。
いずれもマイルの重賞を1着していて穴として魅力があります。
まずはこの8枠ゾロ目と16番-01番を軸とした流し馬券が穴の狙い。
続いて1番人気03番ドナウブルーと2番人気14番ウリウリの内外3番目の軸と
7枠ゾロ目を軸とした流し馬券です。
相手は06番10番12番04番の偶数馬番へ。

続きを読む "第49回京都牝馬ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.19

第61回日経新春杯 見解

出目からは01番サトノノブレス。ややズブい印象があるが、ルメールで押し材料も揃っている。
08番アドアイヤフライト、06番ステラウインドに牝馬の09番コウエイオトメ、04番フーラブライド、13番ラブイズブーシェ、14番ラウンドワールドなど上位が有力。
穴に03番05番15番までを組み合わせで。


続きを読む "第61回日経新春杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第54回京成杯 見解

過去傾向からの中心は、06番エアアンセムと14番ピオネロ。
また、07番ラングレー、16番キングズオブザサンが相手候補上位となる。
押さえに04番ウインマーレライ、08番ディアデルレイ、09番アグネスドリーム、
12番プレイアンドリアル、15番ヴォルシェーブまでを。
出目からはゾロ目あるいは08番ディアデルレイに注意が必要。

続きを読む "第54回京成杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.13

第30回フェアリーステークス 見解

出目からは4枠07番オメガハートロックがフォーカスとなる。
前走アルテミスSで殿負けのマユキが同枠なのも押しの材料で、人気でもこの馬を推したい。
もう1頭の軸馬として関西馬03番リラヴァティ。
前走芝1600m勝ちの2枠重視で、先行でき上がりの早い脚が使える03番を上位と見る。
相手に09番イントロダクション、06番グリサージュ、
押さえに08番10番13番14番12番までを。

続きを読む "第30回フェアリーステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.12

第47回日刊スポーツ賞シンザン記念 見解

先行馬と内枠馬に有利なレース。
圧倒的な1番人気を背負って私のPO馬12番ミッキーアイルが出走する。
まずはミッキーアイルに同枠13番シセイカスガと裏番02番タガノグランパはセット馬券で必要。
実績からは01番ウインフルブルーム、02番タガノグランパ、11番モーリスの3頭。
出目からは03番アグネスミニッツ。
押さえに4枠04番ワイレアワヒネ、05番クリンカンパニー、08番ビップレボルシオンを。

続きを読む "第47回日刊スポーツ賞シンザン記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.05

第52回スポーツニッポン賞京都金杯 見解

Aコース施行になった2010年以降5枠以降で馬券になったのは3着馬1頭のみ。
圧倒的に内枠が有利な状況となっている。
一昨年の勝ち馬08番マイネルラクリマが実績上位で安定株。
1番人気06番オースミナインも京都巧者でこの2頭が軸候補。
相手に05番02番09番08番、押さえに16番10番14番を。

続きを読む "第52回スポーツニッポン賞京都金杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第63回日刊スポーツ賞中山金杯 見解

過去10年の傾向から明け4歳馬はさほど好成績を残していないことや、
前走馬券に絡んでいる馬が必ず馬券になっていることが目をひく。
07番ユニバーサルバンクと09番セイクリッドバレーは無視できない馬となる。
まずはこの2頭を中心に、07-08-09、05-07-09、07-09-11といった等間隔の馬券。
07-08、08-09を軸とした同枠裏表含みの三連馬券を購入したい。
穴で03番オーシャンブルーや04番カルドブレッダ。14番レインスティック。
02番ミッキーパンプキン(金)や2年前の3着馬15番コスモファントムまでを押さえで。

続きを読む "第63回日刊スポーツ賞中山金杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »