« 第21回マーチステークス 見解 | トップページ | 第57回産経大阪杯 見解 »

2014.03.30

第44回高松宮記念 見解

スプリントG1は基本継承のレースであるが、昨年はゾロ目打ち止め戦。
また、ロードカナロアが引退した今年は混戦必至で、難解な高松宮記念となる。
ゾロ目翌年は出目継承よりも要素継承の傾向が強い。
 ★騎手 11番岩田騎手⇒09番/12番松山騎手⇒02番/13番酒井騎手⇒12番
 ★厩舎 11番安田厩舎⇒04番/13番西園厩舎⇒12番、16番
 ★馬  13番ハクサンムーン⇒12番
昨年同レース3着で、スプリンターズS2着(1着同枠)のハクサンムーンが巻き返し、軸継承馬としての役目を担うと考えている。
ハクサンムーンでない場合は、岩田騎手騎乗の09番ストレイトガールが有力継承馬候補で、ロードカナロアの安田厩舎のは04番レッドオーヴァルと西園厩舎の16番エーシントップ、松山騎手の02番サクラゴスペルが穴目の継承候補となる。
今年はフェブラリーSで最低人気のコパノリッキーが勝ったことから、同馬主で阪急杯を勝って参戦する鞍上デムーロの05番コパノリチャードにも注意が必要。
条件的には、05番09番12番が軸候補で06番14番15番が相手候補となる。
01番02番03番04番11番17番18番にを押さえと考えているが、外枠馬が強い傾向にあるので、それを考慮して馬券を組み立てたい。

【高松宮記念】中京11R
04年 1名8 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 2-4(03-08-18) 内18番外01番
05年 1名8 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 8-7(18-15-12) 内18番外01番
06年 1名8 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 6-7(11-14-13) 7枠※準ゾロ目
07年 1名8 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 4-8(08-17-11) 内11番外08番※内外08番
08年 1名10 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 2-5(04-10-01) 
09年 2名6 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 7-2(13-04-02) 内04番
10年 2名6 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 3-8(06-17-16) ※準ゾロ目
11年 2阪2 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 2-4(04-08-06)
12年 1名8 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 5-8(10-17-01)
13年 2名6 11R G1国指 芝1200MA定 17頭 6-6(11-12-13) ※ゾロ目3接触
14年 2名6 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 
-----------------------------------------------------------

★G1記念タイトルレース ~前年有馬記念~
 06年有馬記念14頭 3-1(04-01-05)⇒07年高松宮記18頭 4-8(08-17-11) 外11番
 07年有馬記念16頭 2-4(03-07-04)⇒08年高松宮記18頭 2-5(04-10-01) 2枠
 08年有馬記念14頭 8-8(13-14-06)⇒09年高松宮記18頭 7-2(13-04-02) 内13番
 09年有馬記念16頭 5-1(09-02-06)⇒10年高松宮記18頭 3-8(06-17-16) 内06番
 10年有馬記念16頭 1-4(01-07-11)⇒11年高松宮記16頭 2-4(04-08-06) 4枠
 11年有馬記念14頭 6-4(09-05-07)⇒12年高松宮記18頭 5-8(10-17-01) ×
 12年有馬記念16頭 7-3(13-06-09)⇒13年高松宮記17頭 6-6(11-12-13) 内13番
 13年有馬記念16頭 3-2(06-04-14)⇒14年高松宮記18頭 3枠2枠/06番04番14番/08番06番16番

★G1の出目 ~フェブラリーSとの出目
 07年フェブラ16頭 6-4(12-07-15)⇒高松宮記18頭 4-8(08-17-11) 4枠外02番
 08年フェブラ16頭 8-5(15-10-16)⇒高松宮記18頭 2-5(04-10-01) 5枠内10番
 09年フェブラ16頭 8-7(15-14-02)⇒高松宮記18頭 7-2(13-04-02) 7枠内02番外15番
 10年フェブラ16頭 2-2(04-03-06)⇒高松宮記18頭 3-8(06-17-16) 内06番外13番
 11年フェブラ16頭 6-7(12-13-05)⇒高松宮記16頭 2-4(04-08-06) ×
 12年フェブラ16頭 8-2(16-03-10)⇒高松宮記18頭 5-8(10-17-01) 8枠内10番
 13年フェブラ16頭 1-3(02-06-10)⇒高松宮記17頭 6-6(11-12-13) 外07番
 14年フェブラ16頭 7-8(13-15-11)⇒高松宮記18頭 7枠8枠/13番15番11番/15番17番13番/

★芝1200mG1
 13年 スプリンターズステークス
 1着 5枠10番ロードカナロア(サドンンストーム/ハクサンムーン
 2着 4枠07番ハクサンムーン(パドトロア/ロードカナロア)
 3着 3枠05番マヤノリュウジン(ドリームバレンチノ/アウトクラトール)
 13年 高松宮記念
 1着 6枠11番ロードカナロア(ドリームバレンチノ/ツルマルレオン)
 2着 6枠12番ドリームバレンチノ(ロードカナロア/モンスール)
 3着 7枠13番ハクサンムーン(メモリアルイヤー/シルクフォーチュン
 12年 スプリンターズステークス
 1着 8枠16番ロードカナロア(エピセアローム/フィフスペトル)
 2着 7枠14番カレンチャン(ダッシャーゴーゴー/ドリームバレンチノ)
 3着 2枠03番ドリームバレンチノ(サンカルロ/カレンチャン)
 12年 高松宮記念
 1着 5枠10番カレンチャン(エーシンダックマン)
 2着 8枠17番サンカルロ(トウカイミステリー/サンダルフォン)
 3着 1枠01番ロードカナロア(サンダルフォン/トウカイミステリー)
 11年 スプリンターズステークス ※13番ビービーガルダン取消
 1着 5枠10番カレンチャン(ヘッドライナー/フィフスペトル)
 2着 2枠03番パドトロワ(エーシンリジル/エーシンヴァーゴウ)
 3着 7枠14番エーシンヴァーゴウ(ビービーガルダン取消/パドトロワ)
 11年 高松宮記念 ※阪神変更開催
 1着 2枠04番キンシャサノキセキ(サンダルフォン/ダッシャーゴーゴー)
 2着 4枠08番サンカルロ(スプリングソング/ヘッドライナー)
 3着 6枠06番アーバニティ(ジョーカプチーノ/シンボリグラン) 
 10年 スプリンターズステークス ※02番ダッシャーゴーゴー2着入線4着降着
 1着 4枠07番ウルトラファンタジー(ワンカラット/ファイングレイン)
 2着 7枠14番キンシャサノキセキ(マルカフェニックス/サンカルロ
 3着 2枠03番サンカルロ(アイルラヴァゲイン/キンシャサノキセキ)

■過去10年間馬券対象馬前走成績
  1着        2着        3着       
13年阪急杯  01着(01) シルクロ 01着(02) オーシャ 09着(03)
12年オーシャ 04着(01) 阪急杯  03着(01) シルクロ 01着(01)
11年オーシャ 02着(02) 阪急杯  01着(04) シルクロ 02着(14)
10年オーシャ 01着(02) 阪急杯  07着(01) 阪急杯  01着(02)
09年阪急杯  02着(03) スプリン 01着(01) オーシャ 04着(08)
08年シルクロ 01着(03) 阪急杯  06着(02) 阪急杯  02着(01)
07年阪急杯  03着(02) 中山記念 13着(12) 阪急杯  01着(03)
06年阪急杯  03着(01) 阪神牝馬 04着(01) オーシャ 09着(05)
05年阪急杯  04着(02) 阪急杯  01着(07) シルクロ 01着(01)
04年阪急杯  01着(03) マイルチ 01着(05) 阪急杯  05着(04)
 阪急杯  6-5-4-41 コパノリチャード/サンカルロ/レッドオーヴァル/
           ガルボ/マヤノリュウジン/
 オーシャ 3-0-3-56 スマートオリオン/スノードラゴン/レッドスパーダ/
           インプレスウィナー/リアルインパクト/アースソニック/
           ハクサンムーン/
 シルクロ 1-1-3-14 ストレイトガール/レディオブオペラ/マジンプロスパー/
 フェブラ 0-0-0-06×シルクフォーチュン/エーシントップ/
 
■人気傾向
 1番人気 3-2-3 ストレイトガール
 2番人気 2-2-1 ハクサンムーン
 3番人気 2-1-2 コパノリチャード
 4番人気 3-1-0 レディオブオペラ
 5番人気 0-1-0 スマートオリオン
 6番人気 0-2-0 リアルインパクト
 8番人気 0-0-1 レッドオーヴァル
 10番人気 0-0-1 マジンプロスパー
 11番人気 0-0-1 インプレスウイナー
 13番人気 0-1-0 エーシントップ
 15番人気 0-0-1 シルクフォーチュン

|

« 第21回マーチステークス 見解 | トップページ | 第57回産経大阪杯 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/59378627

この記事へのトラックバック一覧です: 第44回高松宮記念 見解:

« 第21回マーチステークス 見解 | トップページ | 第57回産経大阪杯 見解 »