« 第32回ニュージーランドトロフィー 見解 | トップページ | 第15回中山グランドジャンプ 見解 »

2014.04.13

第73回桜花賞 見解

テレビCFは09年牝馬三冠ビエナビスタとレッドディザイア。
桜花賞は09番ブエナビスタと18番レッドディザイアで3着に15番ジェルミナルだった。
馬番の09番18番15番をまずマークが必要。
圧倒的な1番人気の18番ハープスターは、阪神JF1番人気で連対⇒
チューリップ賞1番人気1着のブエナビスタを連想させるし、
全勝の12番レッドリヴェールは、同馬主で全勝の戦歴が、
桜花賞2着だったレッドディザイアを連想させる。

FBでは94年の01番オグリローマンが取り上げられているが、3番人気で武豊が騎乗していた。
今回武豊は17番ベルカンプに騎乗。3番人気は現時点では09番フォーエバーモア。
94年はトライアルが中京で開催された年で、1、2着ともにそのルートからの馬だった。
代替馬のクイーンSを勝った09番フォーエバーモアは気になる存在で、
04番ペイシャフェリスも押さえで一考。

他にもハープスターと同じ松田博資厩舎で福永騎手のレーヴデトワールは、09年の1着厩舎、
3着騎手で、11年の桜花賞に出られなかった姉レーヴディソールの雪辱戦となり、穴で注意が必要。
ハープスターのソロ目要素となる16番リラヴァティと17番ベルカントもフォーカスで、
特に18番-16番の同一馬主同士の馬券は狙ってみたいところである。

ハープスターを中心に、09番12番が相手候補。
押さえに04番10番13番14番15番16番17番を。
ハープスターを外す場合は09番12番が軸で、06番や15番への馬券は購入したい。

【桜花賞】阪神10R
04年 2阪6 11R G1牝指 芝1600MA定 18頭 5-7(09-13-06) 5枠7枠内09番13番外06番10番※内外06番
05年 2阪6 11R G1牝指 芝1600MA定 18頭 8-4(17-07-09) 内09番外10番
06年 2阪6 11R G1牝指 芝1600MA定 18頭 7-4(14-08-12) 4枠
07年 2阪6 11R G1牝指 芝1600MB定 18頭 8-7(18-14-03) 7枠内14番外05番
08年 2阪6 11R G1牝指 芝1600MB定 18頭 7-8(15-18-13) 7枠8枠内18番外01番※07番取消
09年 2阪6 10R G1牝指 芝1600MB定 18頭 5-8(09-18-15) 8枠内15番18番外01番04番
10年 2阪6 10R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 5-4(09-08-11) 5枠内09番外10番※内外08番
11年 2阪6 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 4-8(08-16-17) 4枠内08番外11番※準ゾロ目
12年 2阪6 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 5-7(10-15-11) 
13年 2阪6 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 4-7(07-14-09) 7枠
14年 2阪6 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 
--------------------------------------------------------------

★桜花賞トライアルの結果
 140316 フィリーズレビュー 16頭 1-6(01-12-14)
  1着ベルカント    武豊  (アドマイヤビジン)
  2着ニホンピロアンバー秋山真一
  3着エスメラルディーナペドロサ

 140315 アネモネS 16頭 1-4(01-08-05)
  1着ペイシャフェリス 川島信二
  2着ニシノミチシルベ 戸崎圭太
  3着ウエスタンメルシー武士沢友

 140308 チューリップ賞 13頭 3-8(03-13-12)※準ゾロ目
  1着ハープスター   川田将雅
  2着ヌーヴォレコルト 岩田康誠
  3着リラヴァティ   松山弘平

 131208 阪神ジュベナイルフィリーズ 18頭 4-5(08-10-06)※1間
  1着レッドリヴェール 戸崎圭太
  2着ハープスター   川田将雅
  3着フォーエバーモア 蛯名正義

★前日牝馬重賞の阪神牝馬Sとの出目
06年阪神牝馬12頭 4-8(04-12-10)→桜花賞18頭 7-4(14-08-12) 4枠内12番
07年阪神牝馬10頭 6-2(06-02-05)→桜花賞18頭 8-7(18-14-03) 外05番
08年阪神牝馬15頭 2-4(03-07-13)→桜花賞18頭 7-8(15-18-13) 内13番
09年阪神牝馬18頭 6-2(12-08-15)→桜花賞18頭 5-8(09-18-15) 内15番外番04番
10年阪神牝馬18頭 4-6(07-11-01)→桜花賞18頭 5-4(09-08-11) 4枠内11番外08番
11年阪神牝馬18頭 1-8(01-16-04)→桜花賞18頭 4-8(08-16-17) 8枠内16番外03番
12年阪神牝馬17頭 8-5(15-10-07)→桜花賞18頭 5-7(10-15-11) 5枠内10番15番外08番
13年阪神牝馬16頭 8-8(16-15-04)→桜花賞18頭 4-7(07-14-09) ×
14年阪神牝馬13頭 4-5(04-06-10)→桜花賞18頭 4枠5枠/04番06番10番/09番11番15番

★阪神JF1着馬との関係
 01年 18頭 08番テイエムオーシャン(JF1番人気1着→桜花賞1番人気1着)
 02年 18頭 04番タムロチェリー(JF7番人気1着→桜花賞6番人気12着)×裏番1着
       →同枠03番桜花賞3着
 03年 18頭 取消有 JF1着馬不出走
 04年 18頭 06番ヤマニンシュクルA(JF6番人気1着→桜花賞4番人気3着)×裏番2着
 05年 18頭 18番ショウナンパントル(JF8番人気1着→桜花賞7番人気13着)×同枠1着
 06年 18頭 05番テイエムプリキュア(JF8番人気1着→桜花賞3番人気8着)△裏番1着
 07年 18頭 14番ウォッカ(JF4番人気1着→桜花賞1番人気2着)○
 08年 18頭 取消有 10番トールポピー(JF3番人気1着→桜花賞1番人気8着)×
 09年 18頭 09番ブエナビスタ(JF1番人気1着→桜花賞1番人気1着)◎
 10年 18頭 09番アパパネ(JF2番人気1着→桜花賞1番人気1着)◎
 11年 18頭 JF1着馬不出走 JF2着→桜花賞2着
 12年 18頭 17番ジョワドヴィーヴル(JF4番人気1着→桜花賞1番人気6着)×
 13年 18頭 06番ローブティサージュ(JF5番人気1着→桜花賞8番人気5着)×裏番1着
 14年 18頭 08番レッドリヴェール(JF5番人気1着→桜花賞1番人気?

■過去10年間 馬券対象馬 前走成績
  1着        2着        3着       
13年チューリY03着(05) チューリ 07着(01) チューリ 08着(08)
12年チューリ 04着(02) クイーン 01着(02) フィリー 01着(01)
11年エルフィ 01着(02) クイーン 01着(02) フラワー 01着(05)
10年チューリY02着(01) フラワー 01着(09) チューリ 03着(08)
09年チューリY01着(01) エルフィ 01着(01) チューリ 05着(03)
08年フィリーY03着(04) クイーン 06着(10) アネモネY01着(02)
07年チューリY02着(02) チューリY01着(01) クイーン 02着(01)
06年フラワー 01着(06) チューリY01着(02) クイーン 01着(01)
05年フィリーY01着(01) フラワー 01着(01) フィリーY02着(07)
04年フラワー 01着(01) チューリY02着(03) チューリY03着(02)
 チューリ 5-4-4-27 ハープスター/ヌーヴォレコルト/リラヴァティ/           シャイニーガール/
 フィリー 2-0-2-52 ベルカント/ニホンピロアンバー/アドマイヤビジン/
           ホウライアキコ/フクノドリーム/
 クイーン 0-3-2-15 フォーエバーモア/
 アネモネ 0-0-1-21 ペイシャフェリス/ニシノミチシルベ/マーブルカテドラル/
           カウニスクッカ
 阪神ジュ 0-0-0-01 レッドリヴェール/モズハツコイ/
 すみれS 0-0-0-01 レーヴデトワール
 

■人気傾向
 1番人気 3-4-0 ハープスター
 2番人気 3-2-0 レッドリヴェール
 3番人気 1-1-1 フォーエバーモア
 4番人気 0-1-2 ベルカント
 5番人気 0-0-3 ヌーヴォレコルト
 6番人気 1-0-0 ホウライアキコ
 7番人気 1-1-1 レーヴデトワール
 10番人気 0-0-1 リラヴァティ
 11番人気 0-0-1 ニシノミチシルベ
 12番人気 1-0-0 ペイシャフェリス
 13番人気 0-0-1 コーリンベリー
 15番人気 0-1-0 シャイニーガールル

|

« 第32回ニュージーランドトロフィー 見解 | トップページ | 第15回中山グランドジャンプ 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/59458788

この記事へのトラックバック一覧です: 第73回桜花賞 見解:

« 第32回ニュージーランドトロフィー 見解 | トップページ | 第15回中山グランドジャンプ 見解 »