« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014.09.28

第60回産経賞オールカマー 見解

新潟変更開催のオールカマー。
02年の変更開催は、前走小倉記念、新潟記念のワンツー、3着は宝塚記念からの直行馬だった。
ここからは08番サトノノブレス、09番クランモンタナ、16番フェイムゲームが馬券候補。
2002年の馬券は重賞勝利歴のある6歳馬と前走重賞連対の5歳馬で構成されたが、その点からは5歳馬09番クランモンタナや6歳馬18番ナカヤマナイト、15番マイネルメダリスト、11番マイネルラクリマあたりが対象となる。
どちらの条件にも重なった09番クランモンタナを三連馬券の軸としたい。
神戸新聞杯の出馬表との関係から08番サトノノブレスが相手筆頭候補で、
宝塚記念組の16番フェイムゲームや一昨年の勝ち馬18番ナカヤマナイトが次候補。
押さえに新潟巧者12番07番や出目の14番05番、6歳馬の15番までを。

続きを読む "第60回産経賞オールカマー 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.27

第62回神戸新聞杯 見解

出目のフォーカスは02番トーホウジャッカルと03番ウインフルブルームのスペシャルウィーク産駒2頭。
それ以外では中山のオールカマーでは08番に池江厩舎のサトノノブレスが入り、神戸新聞杯の池江厩舎08番サトノアラジンにも注意が必要である。
基本的には東京優駿直行組の約2/3の馬券対象馬となっていて、
10番ワンアンドオンリーを中心に、04番09番11番も馬券候補となる。
10番軸の馬券は09番ハギノハイグレイドと07番ヤマノウイザードを含め
出目の02番トーホウジャッカル03番ウインフルブルームと08番サトノアラジンへ。
あまり穴のでないレースだが、血統的には12番マッチボックスや01番シャンパーニュを
穴の押さえで一考。

続きを読む "第62回神戸新聞杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.21

第32回ローズステークス 見解

傾向からはオークス経由が最有力ルート。
今年は06番ヌーヴォレコルト、14番レッドリヴェール、11番サングレアル、
13番ブランネージュの4頭が該当するが、オープンの勝利歴のある06番14番11番を上位評価。
夏競馬を使ってきた組からは、01番ヒルノマテーラ、04番アドマイヤアロマ、
08番レッドオリヴィアの前走連対馬を重視する。
押さえに05番、12番、04番、07番、16番、17番を。

続きを読む "第32回ローズステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回セントライト記念 見解

新潟変更開催のセントライト記念。
02年の新潟セントライト記念は17頭立てで6-5(12-09-16)(2番人気-1番人気-11番人気)。
先行勢同士の組み合わせで決まった。
ダービー2着の05番イスラボニータが京都新聞杯の出目から最有力。
相手は13番ワールドインパクト、16番トゥザワールド、07番サトノフェラーリが上位で
鞍上海外騎手の01番ラングレー、同枠06番マイネルフロスト、裏番14番タガノグランパを。
押さえに03番04番10番11番12番18番を組み合わせで。

続きを読む "第68回セントライト記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.20

第16回阪神ジャンプステークス 見解


昨年1着で今年の阪神スプリングジャンプ2着の07番オースミムーンが中心。
02番メイショウブシドウと12番アラタマユニバースを含めた小倉SJの上位の
三連単ボックスが、センター配置含みの4間馬券内外2馬の綺麗な
組み合わせで有力馬券。
連勝中の08番レッドキングダムや一叩きした04番ドリームセーリング、
OP実績のある01番マーリンシチーなどを押さえで。

続きを読む "第16回阪神ジャンプステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.13

第28回セントウルステークス 見解

こちらも前年1着馬15番ハクサンムーンが出走。
昨年と同じ大外の8枠に入った。
現在1番人気だが、手替わりと前が忙しくなりそうなのが気になるところ。
ただし阪神コース全勝の実績から馬券圏内から外すことはできない。
前年出目からは、04番トウホウプリンセスも有力で、
こちらは鞍上との相性も良く、展開も向きそうなのでマークしたい。
2枠の人気馬02番マヤノリュウジンと12年の勝ち馬03番エピセアローム、
北九州記念の勝ち馬01番リトルゲルダが上位。
穴で差し展開で06番スギノエンデバー、10番メイショウイザヨイ、
センター配置で逃げ残りの可能性のある08番アンバルブリアベン。
休養明けの実績馬14番だっさーゴーゴーまでを。

続きを読む "第28回セントウルステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第59回京成杯オータムハンデ 見解

昨年の1着馬エクセラントカーヴが6枠12番に入り、この12番と
同枠11番ショウナンアチーヴと05番サダムパテックが、まずはフォーカスとなる。
05番サダムパテックは前走同条件の重賞を勝ったトップハンデ馬。
基本的にはハンデ戦で同条件連覇はNG条件なのですが、今年は新潟編子開催という点から
レースの無効化するための連覇はありかもしれない。
6歳馬を頭に持っていくのも例外要素だが、今年に限ってはありかもしれないので、
05番を中心とした馬券は買っておきたい。
05番から内に向かう組み合わせと同枠06番、裏番12番を含んだ3連馬券を。
古馬マイルハンデ戦の勝ち馬01番エキストラエンド(14年京都金杯1着)や
3歳マイル重賞好走組02番キングズオブザサン(14年NHKマイル3着)、
11番ショウナンアチーヴ(14年NZT1着/13年朝日杯FS2着)に
関屋記念好走の04番サトノギャランド、3番クラレントまでが上位候補。
大穴で09番タガノブルグと15番ウイングドウィールを。
馬券の組み合わせはゾロ目と内外対称のシンメトリーの組み合わせを重視したい。

続きを読む "第59回京成杯オータムハンデ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫苑ステークス 見解

新潟変更開催の紫苑S。
新潟芝2000mはサンデー、ロべルト系が強いが、特にディープインパクトが活躍している。
ディープ産駒の1番人気07番ショウナンパンドラは、新潟開催では馬券から外せない。
相手に02番マイネルオーラム、17番プレミアステイタス、11番ヘイジームーン、
15番バウンスシャセ、14番デルフィーノへ。
穴で01番マイネグレヴィル、05番ハピネスダンサー、10番レッドラヴィータ、
13番リーサルウエポンを組み合わせで。
15番軸で04番レーヴデトワール相手を押さえておきたい。

続きを読む "紫苑ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.06

第34回小倉2歳ステークス 見解

過去10年の勝ち馬はすべて5番人気以内で3番人気までで80%。
近年不不審なフェニック賞組ですが、出目から16番レオパルディナは軸候補。
また13番スノーエンジェルも軸候補として有力と考えている。
相手に06番12番04番、押さえに08番14番15番17番03番を。

続きを読む "第34回小倉2歳ステークス 見解"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第50回農林水産省典新潟記念 見解

過去10年で1番人気が未勝利1連対。
出目と傾向から、上位人気では3枠05番ステラウインドが中心。
また新潟大賞典1着の12番ユールシンギングの裏番07番アドマイヤタイシも
3連馬券の軸として注目したい。
相手に01番ダコールと09番ニューダイナスティ、
内枠の02番03番06番が穴候補で、押さえに12番13番15番16番を。

続きを読む "第50回農林水産省典新潟記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »