« 第34回ジャパンカップ 見解その1 | トップページ | 第34回ジャパンカップ 見解 その3 »

2014.11.29

第34回ジャパンカップ 見解 その2

今年のジャパカップは初めて9日目の施行レースとなります。

9日目開催の実績馬を見ると、
 2013年天皇賞秋 01番ジャスタウェイ(2着03番ジェンティルドンナ)
 2014年天皇賞秋 15番スピルバーグ(2着03番ジェンティルドンナ/3着09番イスラボニータ)
 2014年メイS 15番スピルバーグ
 2013年未勝利 10番ワンアンドオンリー
 2011年天皇賞秋 11番トーセンジョーダン
 2011年新馬 16番フェノーメノ
(2012年天皇賞秋2着16番フェノーメノ)

今年9日目の勝利を挙げているのは、15番スピルバーグのみ。
初勝利が9日目だった馬は、10番ワンアンドオンリーと16番フェノーメノ。
ワンアンドオンリーは今年11日目開催の東京優駿を制してます。

昨日ピックアップした5枠では10番ワンアンドオンリーが浮上。
また年内で9日目開催2勝のスピルバーグが浮上します。

上記の2頭の馬券はぜひ買いたいところです。

|

« 第34回ジャパンカップ 見解その1 | トップページ | 第34回ジャパンカップ 見解 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/60729447

この記事へのトラックバック一覧です: 第34回ジャパンカップ 見解 その2:

« 第34回ジャパンカップ 見解その1 | トップページ | 第34回ジャパンカップ 見解 その3 »