« 第9回阪神カップ 見解 | トップページ | 第64回日刊スポーツ賞中山金杯 見解 »

2014.12.28

第59回有馬記念 見解

昨年の有馬記念に続き、鍵はCMのオルフェーブル。
先週の出走したオルフェーブルの弟アッシュゴールドの馬番09番には、昨年の2着馬で東京優駿、菊花賞、有馬記念でオルフェーブルの2着としてパートナーを務めたウインバリアシオンが配置された。
そして11年に3歳での有馬記念を勝った際のオルフェーブルのゼッケンも09番。
人気薄(現在10番人気)の09番ウインバリアシオンを中心に据えた馬券が魅力である。父ハーツクライと同じようにディープ産駒に先着して欲しい。
同枠には今年の天皇賞春で1着の10番フェノーメノ。ウインバリアシオンは春天2着で、5枠は天皇賞春の連対枠になっている。春の実績馬が好走する傾向を持っている有馬記念でもあり、なおかつディープ産駒でない2頭が同居した5枠は面白そう。ゾロ目含みも考えている。
有馬記念はステイゴールドが近5年間で4勝。
 09年09番ドリームジャーニー
 11年09番オルフェーブル
 12年13番ゴールドシップ
 13年06番ゴールドシップ
13年の勝ち馬で昨年の3着の14番ゴールドシップは人気でも無視はできない。
また昨年のオルフェーブルのゼッケンを背負った06番トゥザワールドも押さえで一考したい。
トゥザグローリーの全弟でもあり、2年連続3着の兄同様、馬券に来る可能性はありそう。
当然、14番ゴールドシップの裏番03番ワンアンドンリーや13番エピファネイヤも馬券候補となる。
ゴールドシップが勝った有馬記念の2着馬16番オーシャンブルーもステイゴールド産駒。
同枠の15番ジャスタウェイはゴールドシップの僚馬でもあり、代わりになるかも。
ただし、人気馬に関しては、近10年で14番、15番の1着馬がいない点から、14番ゴールドシップと15番ジャスタウェイは頭で押しにくい。
13番エピファネイヤは周知の気性でもあるので川田騎手の騎乗スタイルが吉凶どちらにでるか微妙。少なくともJCの能力は出せないと踏んでいる。

血統からはグレイソブリンの血を持つ内枠の03番ワンアンドオンリーと上記の09番ウインバリアシオン。内枠の03番は穴で頭まで考えたい。

09番を中心に10番14番03番13番06番15番が現在の有力候補である。


【有馬記念】中山10R
03年 6中8 09R G1混指 芝2500MA定 12頭 8-3(12-03-02) 内02番
04年 5中8 09R G1混指 芝2500MA定 15頭 1-5(01-09-06) 外11番
05年 5中8 09R G1混指 芝2500MA定 16頭 5-3(10-06-14) 5枠内06番外07番
06年 5中8 09R G1混指 芝2500MA定 14頭 3-1(04-01-05) 3枠外11番
07年 5中8 09R G1国指 芝2500MA定 16頭 2-4(03-07-04) 内04番外10番14番※準ゾロ目
08年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 14頭 8-8(13-14-06) ※ゾロ目
09年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 16頭 5-1(09-02-06) 内06番※10番中止
10年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 16頭 1-4(01-07-11) ※06番取消
11年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 14頭 6-4(09-05-07) 内07番外06番10番※1間
12年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 16頭 7-3(13-06-09) 内09番外08番
13年 5中8 10R G1国指 芝2500MA定 16頭 3-2(06-04-14)
14年 4中8 10R G1国指 芝2500MA定 16頭 
----------------------------------------------------------------
★G1馬券対象実績
 01番トーセンラー   13年マイルチ1着/13年天皇賞春2着
 02番ヴィルシーナ   14年宝塚記念3着/14年ヴィクト1着/
            13年ヴィクト1着/12年エリザベ2着/
            (12年秋華賞2着・優駿牝馬番2着・桜花賞2着)
 03番オンアンドオンリー(14年東京優駿1着)
 04番ジェンティルドンナ14年天皇賞秋2着/14年DSC 1着/
            13年JC  1着/13年天皇賞秋2着/
            13年宝塚記念3着/13年DSC 2着/
            12年JC  1着/
            (12年秋華賞1着・優駿牝馬番1着・桜花賞1着)
 05番ラキシス     14年エリザベ1着/13年エリザベ2着/
 06番トゥザワールド  (14年皐月賞2着)
 08番メイショウマンボ 14年ヴィクト2着/13年エリザベ1着/
            (3歳優駿牝馬、秋華賞1着)
 09番ウインバリアシオン14年天皇賞春2着/13年有馬記念2着/
            12年天皇賞春3着/
            (11年東京優駿・菊花賞2着)
 10番フェノーメノ   14年天皇賞春1着/13年天皇賞春1着/
            12年天皇賞秋2着/
            (12年東京優駿2着)
 11番サトノノブレス  (13年菊花賞2着)
 12番デニムアンドルビー13年JC  2着/
            (13年優駿牝馬3着)
 13番エピファネイア  14年JC  1着/
            (13年菊花賞1着・東京優駿2着・皐月書2着)
 14番ゴールドシップ  14年宝塚記念1着/13年有馬記念3着/
            13年宝塚記念1着/12年有馬記念1着/

            (12年菊花賞1着・皐月賞1着)
 15番ジャスタウェイ  14年JC  2着/14年安田記念1着/
            13年天皇賞秋1着/
 16番オーシャンブルー 12年有馬記念2着/

 
★グランプリの馬グループの継承
 11年有馬記念 14頭 6-4(09-05-07)
  6枠09番オルフェーブル  (10番トーセンジョーダン/06番キングトップガン)
  4枠05番エイシンフラッシュ(06番キングトップガン/10番トーセンジョーダン)
  5枠07番トゥザグローリー (08番ローズキングダム)

 12年宝塚記念 16頭 6-4(11-07-02)
  6枠11番オルフェーブル  (12番フェデラリスト/06番エイシンフラッシュ)
  4枠07番ルーラーシップ  (08番アーネストリー/10番ナカヤマナイト)
  1枠02番ショウナンマイティ(01番ウインバリアシオン/15番トゥザグローリー)

 12年有馬記念 16頭 7-3(13-06-09)
  7枠13番ゴールドシップ  (14番ビートブラック/04番アーネストリー)
  3枠06番オーシャンブルー (05番ネヴァブション/11番トゥザグローリー)
  5枠09番ル-ラーシップ  (10番ダークシャドウ/08番トレイルブレイザー)

 13年宝塚記念 11頭 8-4(10-04-11)
  8枠10番ゴールドシップ  (11番ジェンティルドンナ/02番タニノエボレット)
  4枠04番ダノンバラード  (08番ナカヤマナイト)
  8枠11番ジェンテイルドンナ(10番ゴールドシップ/01番ヒットザターゲット)
 14年有馬記念  16頭 3-2(06-04-14)
  3枠06番オルフェーブル  (05番デスペラード/11番ラブイズブーシェ)
  2枠04番ウインバリシオン (03番カレンミロティック/13番トゥザグローリー)
  7枠14番ゴールドシップ  (13番トゥザワールド/03番カレンミロティック)
 15年宝塚記念  12頭 8-5(11-05-03)
  8枠11番ゴールドシップ  (12番フェイムゲーム/02番デニムアンドルビー)
  5枠05番カレンミロティック(06番ジェンティルドンナ/08番トーセンジョーダン)
  3枠03番ヴィルシーナ   (10番メイショウマンボ)

■過去10年間馬券対象馬の前走成績
  1着        2着        3着       
13年凱旋門賞 02着(--) 金鯱賞  03着(08) JC   15着(02)
12年菊花賞  01着(01) 金鯱賞  01着(06) JC   03着(02)
11年菊花賞  01着(01) JC   08着(05) JC   11着(08)
10年JC   03着(08) JC   02着(01) 中日新聞 01着(01)
09年天皇賞秋 06着(04) エリザベ 03着(01) JC   05着(11)
08年天皇賞秋 02着(02) JC   12着(16) 天皇賞秋 05着(08)
07年天皇賞秋 15着(08) エリザベ 01着(01) マイルチ 01着(01)
06年JC   01着(01) メルボル 02着(--) マイルチ 01着(01)
05年JC   02着(02) 菊花賞  01着(01) JC   04着(09)
04年JC   01着(01) 凱旋門賞 17着(--) 天皇賞秋 10着(05)
--------------------------------------------------------------
 JC   4-3-5-54 13番エピファネイア/15番ジャスタウェイ/
           04番ジェンティルドンナ/03番ワンアンドオンリー/
           10番フェノーメノ/12番デニムアンドルビー/
 菊花賞  2-1-0-06 06番トゥザワールド/
 凱旋門賞 1-1-0-01 14番ゴールドシップ/
 金鯱賞  0-2-0-04 07番ラストインパクト/11番サトノノブレス/
           16番オーシャンブル-/09番ウインバリアシオン/
 エリザベ 0-2-0-04 05番ラキシス/02番ヴィルシーナ
           08番メイショウマンボ
 マイルチ 0-0-2-00 01番トーセンラー/

■人気傾向
 1番人気 6-3-1 14番ゴールドシップ
 2番人気 2-0-2 15番ジャスタウェイ
 3番人気 0-1-1 13番エピファネイア
 4番人気 1-1-0 04番ジェンティルドンナ
 5番人気 0-1-0 03番ワンアンドオンリー
 6番人気 0-1-2 07番ラストインパクト
 7番人気 0-1-0 10番フェノーメノ
 9番人気 1-0-2 06番トゥザワールド
 10番人気 0-1-1 05番ラキシス
 11番人気 0-0-1 09番ウインバリアシオン
 14番人気 0-1-1 08番メイショウマンボ

■世代
 3歳 3-3-1-30 
 4歳 5-3-2-22 
 5歳 2-2-4-35 
 6歳 0-0-1-18 
 7歳上0-2-2-15 
 

|

« 第9回阪神カップ 見解 | トップページ | 第64回日刊スポーツ賞中山金杯 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/60877086

この記事へのトラックバック一覧です: 第59回有馬記念 見解:

« 第9回阪神カップ 見解 | トップページ | 第64回日刊スポーツ賞中山金杯 見解 »