« 第56回アメリカジョッキーCC | トップページ | 第29回根岸ステークス 見解 »

2015.01.25

第32回東海ステークス 見解

昨年暮れのジャパンカップダートがチャンピオンズカップに変更となり、同じコースで東海Sが行われることになる。
昨年の1着~3着馬が揃って出走。
05番ニホンピロアワーズ、13番グランドシチー、11番マイネルバイカの3頭。
05番ニホンピロアワーズは8歳となり衰えも目立つが、馬券に妙味はある。
06番コパノリッキーは坂のあるコースで凡走傾向にあり、押さえまで。
中心はチャンピオンズカップ2着の08番ナムラビクター、みやこS1着で中京コースも得意な04番インカンテーションの2頭。
押さえに01番マイネルクロップや昨年の馬券対象馬を。

【東海ステークス】 京都11R
04年 2名2 11R G2混指 ダ2300M別 16頭 3-5(05-09-07) 
05年 2名2 11R G2国指 ダ2300M別 16頭 5-3(10-06-07) 3枠5枠内07番外11番※内外07番
06年 2名2 11R G2国指 ダ2300M別 13頭 3-7(03-10-11) 3枠内10番外11番※準ゾロ目内外03番
07年 2名2 11R G2国指 ダ2300M別 16頭 1-8(02-15-14) 外03番※内外02番
08年 2名2 11R G2国指 ダ2300M別 16頭 2-6(03-12-05) ※内外05番
09年 3名2 10R G2国指 ダ2300M別 16頭 7-8(14-16-04) 
10年 4京2 10R G2国指 ダ1900M別 16頭 1-3(02-06-16) 内16番外01番※11番取消
11年 3京10 11R G2国指 ダ1900M別 16頭 4-8(08-15-02) 内02番外15番※内外02番07番取消16番除外
12年 3京9 11R G2国指 ダ1900M別 15頭 3-6(04-10-01) 外15番
13年 1名2 11R G2国指 ダ1800M別 16頭 8-5(15-09-06) 
14年 1名4 11R G2国指 ダ1800M別 16頭 7-6(14-12-03) ※内外03番
15年 1名4 11R G2国指 ダ1800M別 14頭 
----------------------------------------------------------------------

■過去10年馬券対象馬前走成績 ※参考 平安S
  1着        2着        3着       
14年東京大賞 03着(03) JCD  06着(15) 初夢S  01着(01)
13年JCD  05着(11) 東京大賞 04着(07) フェアウ 02着(01)
-------------------------------------------------------------
12年みやこS 05着(09) JCD  03着(02) 初夢S  01着(02)
11年JCD  08着(07) 師走S  01着(04) 師走S  06着(03)
10年東京大賞 03着(07) 初夢S  01着(01) 師走S  05着(04)
09年名古屋G 01着(02) トパーズ 01着(01) ベテルギ 01着(01)
08年ベテルギ 03着(05) 東京大賞 03着(04) エルムS 02着(03)
07年花園S  01着(03) JCD  05着(03) アレキサ 01着(02)
06年アレキサ 01着(01) 彩の国浦 01着(01) 彩の国浦 02着(02)
05年師走S  01着(01) 春待月S 01着(01) JCD  03着(07)
 東京大賞 2-2-0-05 06番コパノリッキー/
 ベテルギ 1-0-1-12 11番マイネルバイカ/
 名古屋G 1-0-0-06 05番ニホンピロアワーズ/
 みやこS 1-0-0-02 09番ソロル/
 師走S  1-0-0-01 13番グランドシチー/
 初夢S  0-1-2-02 01番マイネルクロップ/
 ボルック 0-0-0-04×10番ランウェイワルツ/03番グランプリウラッド/
           02番トーシンイーグル/12番マーチャンテイマー/
           07番グラッツィア/14番タイムズアロー/


|

« 第56回アメリカジョッキーCC | トップページ | 第29回根岸ステークス 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/61027636

この記事へのトラックバック一覧です: 第32回東海ステークス 見解:

« 第56回アメリカジョッキーCC | トップページ | 第29回根岸ステークス 見解 »