« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015.02.28

第24回アーリントンカップ 見解

後藤騎手の自殺というショッキングなNEWSが飛び込んできた。
ファンを大切にする皆に愛される騎手だっただけに残念でならない。
心から冥福を祈りたい。合掌。

アーリントンカップは内枠と武豊という2つのフックがある。
混戦ムードだが、02番ナイトフォックスにはマークが必要だろう。
シンザン記念の出目からは09番エイムハイム、11番マテンロウハピネス、
12番ナリタスターワンの3頭
02番01番⇒09番11番12番⇒01番02番04番06番09番10番11番12番といった
中からピックアップした馬券で。
5年連続で内出目を重視するなら06番、10番特に武豊の裏馬にあたる10番を。

続きを読む "第24回アーリントンカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.22

第32回フェブラリーステークス 見解

昨年最低人気で同レースを制した04番コパノリッキー。
昨年は13番ゼッケンだったが、今年は裏番04番にポジションを移行して出走する。
今日のダイヤモンドSが前年の裏番に入ったフェイムゲームが連覇したが、同様のことがあるかは半々といったところ。
ただし、昨年04番だったワンダーアキュートが13番に入り、コパノリッキーと位置を入れ替えているのは気になる点で、昨年の同レースから統一G1ではこの2頭のセット馬券が多い点を考慮すると、内外04番となる04-13を軸とした三連単、三連複馬券は買っておきたい。

新G1チャンピオンズカップの1着ホッコータルマエは回避したが、同枠だった09番サンビスタや3着馬01番ローマンレジェンド、継承資格馬としては05番カゼノコ、13番ワンダーアキュート、11番ワイドバッハなどが出走してくる。
04番に出番が来ない場合は差し展開が予想され、11番、05番、13番といった馬に出番が回ってきそう。特に11番ワイドバッハは同コースの実績もあり、04番に続く軸馬と考えている。
11番を軸とした場合、同じように地方馬を同枠においている05番カゼノコと裏番の06番ハッピースプリントを相手とした流し馬券が有力で、差し脚のある7枠2頭にも注意が必要である。

続きを読む "第32回フェブラリーステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.21

第65回ダイヤモンドステークス 見解

昨年1番人気で同レースを制した16番フェイムゲームが出走する。
昨年は最内だったが、今年は大外配置で内外01番のポジション移行でもあり。
今年もマークが必要である。
出目からは06番カルドブレッサや13番アドマイヤフライト。
上記3頭を上位として、相手に東京実績のある万葉S1着馬02番ステラウインド、
実績上位の08番ラブイズブーシェを。
押さえにルートとして弱い15番ファタモルガーナ、昨年3着の04番タニノエボレット、
穴で09番ニューダイナスティ、12番リキサンステルスまで。

続きを読む "第65回ダイヤモンドステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.15

第49回共同通信杯 見解

共同通信杯は過去10年前年の内出目を継承している。
昨年の結果が07-02-05なので02番ティルナノーグや05番ミュゼエイリアンには注意を払いたい。
人気の08番ドゥラメンテと03番アヴニールマルシェがともに馬券に絡まないのは考えにくく、
この2頭を軸馬として馬券を購入したい。
出目の02番、05番と東スポ杯の出目で前走ホープフルS1番人気敗退の11番ダノンメジャーが相手。
押さえに01番06番10番といったディープインパクト産駒を。

続きを読む "第49回共同通信杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.14

第50回デイリー杯クイーンカップ 見解

一昨年は3着同着、昨年は代替火曜日開催で施行されたクイーンカップ。
それ以前の2年間はゾロ目含みの決着で、近年イレギュラー要素の多いレースである。
共通出目指示は02番ダノングアシアス、08番ブルックデイル。
阪神JF1番人気の11番ロカ、ファリーS組の05番メイショウメイゲツ、15番カービングパス、
ひいらぎSの06番キャットコイン、04番ロッカフラベイビーにPOの14番ミッキークイーンを加えた馬券で。

続きを読む "第50回デイリー杯クイーンカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.08

第65回東京新聞杯 見解

出目指示は16番タガノグランパ。
マイルCSからの参戦で距離不問の安定感があるが、
大外枠が嫌われているのか人気を下げている。
馬券は是非購入したい馬である。
昨年2着の12番エキストラエンドと裏馬05番マイネルメリエンダの京都金杯馬券対象馬。
富士S2着の04番シャイニープリンス、NHKマイル2着の13番アルフレード、
東京マイル巧者14番サトノギャラント、人気の10番フルーキーまでの組み合わせで。
大穴で15番マイネルホウオウを少々。

続きを読む "第65回東京新聞杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第55回きさらぎ賞 見解

今年のきさらぎ賞は牝馬が2頭参戦する。
きさらぎ賞への牝馬出走は86年以降では86年ダイナフェアリーの3着が最高着順。
ダイナフェアリーは重賞の京成杯の1着歴があった。
以後は4着が最高着順で99年を最後に牝馬の出走はない。
1番人気03番ルージュバックは唯一の関東馬というフックはあるが、
上記のデータに初の右回りや展開などの割引要素を考慮し押さえにとどめたい。
中心は時計と実績で上回る05番ポルトドートウィユ。
相手に1番人気03番の裏馬にあたる1戦1勝馬06番レガッタ、
今週亡くなったステイゴールド産駒04番アッシュゴールド、
前走京都で未勝利勝ちの02番ネオスターダム、
京都1着歴のある08番グリュイエールを。

続きを読む "第55回きさらぎ賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.01

第20回シルクロードステークス 見解

近1年以内に同コースのオープン競走で実績のある馬は、
09番エイシンブルズアイ、03番アンバルブライベン、05番ワキノブレイブ、
01番ヘニーハウンド、11番ルナフォンターナ、02番サドンストームの6頭。
上記の中で芝1200m重賞1着歴のある03番アンバルブライベンが中心となる。
押さえに、04番07番10番14番を。

続きを読む "第20回シルクロードステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第29回根岸ステークス 見解

根岸Sは、前走でG1出走を除き、好調馬が引き続き走る傾向を持っている。
出目からは06番エアハリファが有力。
03番ジョーメテオや01番ロゴタイプも注意が必要である。
好調馬では02番キクノストーム、04番サトノタイガー、05番ポワゾンブラック、
09番キョウワダッフィー、12番レーザーバレット。
チャンピオンズCから13番ワイドバッハ。
同レース1着歴のある07番ゴールスキーや15番シルクフォーチュンを押さえで。

続きを読む "第29回根岸ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »