« 第45回高松宮記念 見解 | トップページ | 第47回ダービー卿チャレンジトロフィー 見解 »

2015.03.29

第22回マーチステークス 見解

前年1着馬11番ソロルを一応中心視するも、
過去好走馬のいないルートから参戦してくるのが気掛かり。
同枠12番ベルゲンクライや唯一牝馬で勝ち上がりの06番サンバビーンを含め
3頭を軸馬としたい。
コース巧者13番マスクトヒーロー、15番イッシンドウタイに
07番キクノソルや4歳馬04番ストロングサウザー。
10Rと12Rで1番人気で挟まれている02番ランフォルセが穴っぽい。

【マーチステークス】中山11R
05年 3中2 11R G3混指 ダ1800Mハ 16頭 6-5(11-09-03) 内03番外14番
06年 3中2 11R G3国指 ダ1800Mハ 13頭 4-8(05-13-06) 外08番
07年 3中2 11R G3国指 ダ1800Mハ 15頭 8-3(15-05-16) 内05番※12番取消準ゾロ目
08年 3中2 11R G3国指 ダ1800Mハ 16頭 7-5(13-09-10) ※準ゾロ目
09年 3中2 12R G3国指 ダ1800Mハ 16頭 6-8(11-16-03)
10年 3中2 11R G3国指 ダ1800Mハ 16頭 6-2(12-03-01) 6枠内03番外14番
11年 2阪6 12R G3国指 ダ1800Mハ 16頭 4-5(07-10-15) ※内外07番
12年 3中2 11R G3国指 ダ1800Mハ 16頭 6-4(11-07-16) 4枠内07番外10番
13年 3中2 11R G3国指 ダ1800Mハ 16頭 8-2(15-04-01) 
14年 3中2 11R G3国指 ダ1800Mハ 16頭 8-3(15-05-02) 8枠内15番外02番※内外02番
15年 3中2 11R G3国指 ダ1800Mハ 16頭 
-----------------------------------------------------------


■過去10年間馬券対象馬前走成績
  1着        2着        3着       
14年フェブラ 12着(10) フェアウ 01着(02) 仁川S  02着(03)
13年仁川S  03着(01) 仁川S  04着(05) 伊丹S  01着(02)
12年平安S  06着(12) みやこS 12着(10) JCD  10着(12)
11年仁川S  03着(04) エンプレ 02着(03) 平安S  02着(03)
10年ダイオラ 03着(03) 東京ウイ 01着(07) 仁川S  03着(09)
09年フェブラ 04着(05) ポラリス 01着(07) 仁川S  02着(03)
08年北山S  01着(03) ダイオラ 04着(04) 仁川S  01着(01)
07年仁川S  01着(10) 武蔵野S 09着(04) 根岸S  05着(05)
06年仁川S  02着(02) 仁川S  05着(12) 仁川S  07着(05)
05年名古屋大 01着(03) 仁川S  07着(03) フェブラ 15着(03)
 ポラリス 0-1-0-02 14番トウショウフリーク/
 みやこS 0-1-0-00 09番ヴォーグトルネード/
 根岸S  0-0-1-03 05番サトノプリンシパル/
 アルデバ 0-0-0-05×11番ソロル/
 師走S  0-0-0-04×13番マスクトヒーロー/
 佐賀記念 0-0-0-04×16番マイネルクロップ/01番ダノンカモン/
           02番ランフォルセ/

■人気傾向
 1番人気 1-0-1 エーシンゴールド
 2番人気 2-1-1 ジェベルムーサ
 3番人気 1-0-3 ナカヤマナイト
 4番人気 1-0-1 グランドシチー
 5番人気 0-0-1 
 6番人気 2-3-0 ソロル
 7番人気 1-0-2 ドコフクカゼ
 8番人気 0-2-0 クリノスターオー
 9番人気 1-0-0 グラッツィア
 10番人気 0-1-0 リアライズキボンヌ
 13番人気 0-1-0 バーディバーディ
 16番人気 0-1-0 クリールパッション

|

« 第45回高松宮記念 見解 | トップページ | 第47回ダービー卿チャレンジトロフィー 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/61355173

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回マーチステークス 見解:

« 第45回高松宮記念 見解 | トップページ | 第47回ダービー卿チャレンジトロフィー 見解 »