« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015.04.26

第46回読売マイラーズカップ 見解

中心は昨年2着でマイルCS2着だった07番フィエロ。
また東京新聞杯を1番人気敗退した09番フルイーキーも面白い。
この2頭軸で、京都芝1600m重賞出目の02番テイエムタイホー、
前年出目の04番サンライズメジャーが相手候補。
押さえに16番ヒストリカル、15番レッドアリオン、06番ディアデラマドレ、
昨年3着の10番エキストラエンド、マイルG101着の01番マイネルホウオウ。
穴でフジキセキ産駒の同居した6枠で共通出目の12番エールブリーズを

続きを読む "第46回読売マイラーズカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第50回サンケイスポーツ賞フローラステークス 見解

共通出目は12番フロレットアレー。
1番人気06番ディアマイダーリンの裏番配置であること、
東京コースに良績のあるディープインパクト産駒という要素から
軸馬として考えたい。
相手に人気の3枠2頭06番と05番シングウォイズジョイ、
01番マキシマムドパリと09番リアンドジュエリー。
押さえに02番04番10番11番13番14番までを組み合わせで。

続きを読む "第50回サンケイスポーツ賞フローラステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.25

第12回福島牝馬ステークス 見解

中山牝馬Sで人気敗退の02番ブランネージュが中心。
先行できる08番ミナレット、11番ペイシャフェリス、12番リラヴァティ、
14番マイネグレヴィル、好調の16番パワースポット、05番ケイティバローズ。
前年3着馬04番フィルパトロールとその同枠03番裏番13番に注意が必要。

続きを読む "第12回福島牝馬ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.19

第75回皐月賞 見解

18頭がフルゲートになってからは初めてフルゲート割れとなる皐月賞。
4勝以上馬不在で混戦模様を呈している。
先週の桜花賞で08番の圧倒的1番人気馬が敗退したこともあり、唯一の○外でセンター配置の08番サトノクラウンが気になる存在。
父が高齢時の産駒で活力があるかどうか心配だが、出馬票では一際目立つ。

TVCFは2006年メイショウサムソン。
オペラハウスの産駒でマルジュ同様ノーザンダンサー系の血統。
Northern Dancerの3×4の血を持ち、皐月賞、東京優駿とクラシック二冠、5歳児には天皇賞春秋を制した正統派である。
皐月賞は3枠05番6番人気、2着に10番人気のドリームパスポートが入り、穴馬券となった。
05-02-06の決まり目は、三連馬券の準ゾロ目にあたり、今年もゾロ目含みには注意が必要である。

Facebookは2007年ヴィクトリー。
この年も7番人気の同馬が1着。2着に15番人気サンツェッペリン。
2006年と同じ2番人気のフサイチの馬が3着に入った。

狙いたい馬券は2番人気馬を3着に置いた人気薄狙いの三連馬券。
皐月賞馬の仔で内外対称配置の01番ブライトエンブレム、15番ダノンプラチナは是非買いたい馬。
人気のディープインパクト産駒05番リアルスティールやブラックタイド産駒の同居した07番キタサンブラックは押さえで。
他に重賞勝ちの06番09番10番12番14番は穴目で購入したいところ。
クラリティスカイは朝日杯FSと同じ14番というフックもある。

桜花賞の結果を受けて、08番サトノクラウン、07番キタサンブラックといった無敗の三連勝馬の取捨がポイントになりそうな皐月賞である。

続きを読む "第75回皐月賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.18

第20回アンタレスステークス 見解

前年の1着馬04番ナムラビクターが出走。
同枠03番アジアエクスプレス、裏番13番クリノスターオーを含めた
先行するグループ馬には注意が必要である。
上昇味では03番アジアエクスプレスだが、コース巧者の04番13番とも馬券対象となる。
上位は6枠2頭で前走仁川S1着の12番マルカプレジオは前年傾向の継承馬、
11番ローマンレジェンドもG1掲示板からの参戦で実力上位馬である。
押さえに16人気アスカノロマン01番タガノゴールド、09番マスクゾロ、
10番サミットストーン、08番トウショウフリークまでを。

続きを読む "第20回アンタレスステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.12

第75回桜花賞 見解

08番ルージュバックが圧倒的な人気を集めている桜花賞。
時計と牡馬相手の実績が評価されてのことだろうが、
コース・距離とも初というのは大きなマイナス要因だと考える。
4枠2頭はキャロットファームの所有馬だが、昨年のハープスターに続き、
2年連続同一馬主が制するのも嫌いたい理由である。
この馬をフックとして見る場合は、1番人気でトライアルを敗退した同枠07番クリミナルや
同じく三連勝中の裏番11番キャットコインとのあわせ馬券や代替馬券がありそうな気がする。
有力馬ではあるが、こちらは押さえ候補としたい。

トライアル勝ち馬3頭の入った7枠3頭が最有力。
13番クイーンズリングは三連勝中のマンハッタンカフェ産駒という
ルージュバックと共通点を持つ影馬で、鞍上がMデムーロというのも加点ポイント。
15番ココロノアイはチューリップ賞、阪神JFのコース経験と実績を評価。
14番テンダリーヴォイスはディープインパクトの血と
テレビCMのアパパネとオーナーが一緒であるという点を後押し材料みる。

06番レッツゴードンキもキングカメハメハ産駒で、アパパネと共通点を持っていて、
安定感からこの馬も馬券候補からは外せない馬。

穴馬候補はディープ産駒。
01番コンテッサトゥーレ、07番クリミナル、09番アンドリエッテ、
12番ローデッド、14番テンダリーヴォイズ、16番、エイショウメイゲツの中で
チューリップ賞で出遅れた01番と07番、優先出走権で滑り込んだ09番、14番、16番は
馬券対象として組み込む予定。
賞金の上積みのない優先出走権獲得馬02番ムーンエクスプレスまでが馬券対象。
馬券は7枠中心。1枠2頭や4枠2頭が対抗格でそれ以外を押さえで。

続きを読む "第75回桜花賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.11

第58回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 見解

前年の1着馬14番スマートレイアー12着馬ウリウリが出走する。
13番アンスアミーガを含めた3頭が狙い。
出目から好走馬が多い4歳馬で、人気の08番レッドリヴェールや
05番サングレアル、人気薄1番リアルヴィーナス、
古馬では実績馬の10番ホエールキャプチャと15番メイショウマンボ。
好走馬の目立つうずしおSの16番コナブリュワーズも有力。
穴で11番アミカブルナンバーまでを。

続きを読む "第58回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第33回ニュージーランドトロフィー 見解

同レースは中山芝1600mG2の唯一重賞で前年出目が重要である。
昨年は15頭立て12-09-15。裏番の13-10-16も含めた馬番には注意が必要。
人気の09番グランシルク、16番ヤングマンパワーに
13番ダイトウキョウ、14番アクティブミノルの7枠2頭、
10番エイシンライダーもオー番人気実績はあり穴で狙ってみたい。
前走1着の04番マテンロウハピネスも底を見せていないのが魅力。
コース巧者07番ナイトフォックス、重賞実績のある02番08番12番が馬券候補。
大穴で01番を押さえで。

続きを読む "第33回ニュージーランドトロフィー 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.05

第58回産経大阪杯 見解

前年1着の07番キズナが中心。
相手に外国人JRA騎手の同居した3枠0番ラキシスと04番エアソミュール。
共通出目は01番02番でこの内枠が大穴候補。
他09番ロゴタイプ、12番スピルバーグ、上昇中の13番デウスウルトに
逃げ残りの05番ゼロスまでを。

続きを読む "第58回産経大阪杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第47回ダービー卿チャレンジトロフィー 見解

前年2着01番カオスモスの参戦から中山巧者の同枠02番マイネルメリエンダ、
マイル重賞5勝の16番クラレントが軸候補となる。
相手に前走O東風Sの馬券対象09番クラリティシチー、03番シャイニープリンンス、
04番インパルスヒーロー。
馬場悪化で06人気コスモソーンパークや15番アーデント、12番エキストラエンドを。
人気の10番モーリスは押さえで。

続きを読む "第47回ダービー卿チャレンジトロフィー 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »