« 第37回新潟大賞典 見解 | トップページ | 第60回京王杯スプリングカップ 見解 »

2015.05.10

第20回NHKマイルカップ 見解

2年連続狙った馬が1着で馬券を外している相性の悪いレース。
基本は何でもあるのレースなので、軸馬が決まっても絞りにくい。

JRAのFacebookは初代王者タイキフォーチュン。
要素は・・・
 馬番:07番クラリティスカイ
 4番人気人気:01番アヴニールマルシェ
 柴田善臣騎乗:12番ミュゼスルタン
 芝1800m以上のレース使ってマイル実績がない点:16番ダノンメジャー
 同レース勝ち馬の仔:キングカメハメハ産駒⇒11番ヤマカツエース、2番ミュゼスルタン
          クロフネ産駒⇒07番クラリティスカイ、06番レンイングランド
共通項は、07番クラリティスカイ(5番人気)と12番ミュゼスルタン(01番人気)の内外07番配置馬。
まずは、この2頭から総流しの三連複。

特に前年の流からはシンザン記念1着で弥生賞経由で参戦する04番グァンチャーレ。
アーリントンC1着の14番ヤングマンパワー。
昨年の穴馬タガノブルグの同馬主05番タガノアガザル。
タガノブルグと同じ橘Sの勝ち馬18番マテンロウハピネス。
軸馬で1番人気12番の同枠で前走NZT1着の11番ヤマカツエースなどを厚めに。


【NHKマイルカップ】東京11R
05年 2東6 11R G1牡牝混指 芝1600MA定 18頭 6-7(12-13-04) 7枠内13番外06番
06年 2東6 11R G1牡牝混指 芝1600MA定 18頭 3-1(06-02-15)
07年 2東6 11R G1牡牝混指 芝1600MA定 18頭 7-5(14-10-18)
08年 2東6 11R G1牡牝混指 芝1600MA定 18頭 5-3(09-05-14) 5枠内14番外05番※内外05番
09年 2東6 11R G1牡牝混指 芝1600MA定 18頭 2-7(03-13-10)
10年 2東6 11R G1牡牝国指 芝1600MA定 18頭 7-1(13-01-03)
11年 2東6 11R G1牡牝国指 芝1600MA定 18頭 7-8(13-17-01) 7枠内01番13番外06番18番
12年 2東6 11R G1牡牝国指 芝1600MA定 18頭 3-8(05-17-12) 8枠内17番外02番
13年 2東6 11R G1牡牝国指 芝1600MA定 18頭 4-8(08-17-12) 8枠内12番17番外02番07番
14年 2東6 11R G1牡牝国指 芝1600MA定 18頭 5-1(10-02-01) ※準ゾロ目
15年 2東6 11R G1牡牝国指 芝1600MA定 18頭 
-----------------------------------------------------------

★3歳G1牡牝戦の出目 ~皐月賞~ 
 10年皐月賞18頭 7-8(13-16-11)⇒NHKマ18頭 7-1(13-01-03) 7枠内13番外06
 11年皐月賞18頭 6-2(12-04-02)⇒NHKマ18頭 7-8(13-17-01) ×※東京変更皐月賞
 12年皐月賞18頭 7-5(14-09-06)⇒NHKマ18頭 3-8(05-17-12) ×
 13年皐月賞18頭 4-7(07-14-12)⇒NHKマ18頭 4-8(08-17-12) 4枠内12番外07番
 14年皐月賞18頭 1-8(02-17-18)⇒NHKマ18頭 5-1(10-02-01) 1枠内02番外17番
 15年皐月賞15頭 2-3(02-05-07)⇒NHKマ18頭 2枠3枠/02番05番07番/05番08番10番

★当日東京10Rの出目
 10年オアシス16頭 4-2(07-04-03)⇒NHKマ18頭 7-1(13-01-03) 内03番
 11年ブリリア16頭 5-8(10-16-08)⇒NHKマ18頭 7-8(13-17-01) 8枠
 12年ブリリア16頭 7-2(13-03-09)⇒NHKマ18頭 3-8(05-17-12) 外14番
 13年ブリリア14頭 3-4(04-06-12)⇒NHKマ18頭 4-8(08-17-12) 4枠内12番外11番
 14年ブリリア14頭 7-4(12-05-01)⇒NHKマ18頭 5-1(10-02-01) 内01番
 15年ブリリア16頭 

★前日重賞 京都新聞杯の出目
 10年京都新聞17頭 6-4(11-08-01)⇒NHKマ18頭 7-1(13-01-03) 内01番
 11年京都新聞15頭 3-6(05-11-10)⇒NHKマ18頭 7-8(13-17-01) 外06番
 12年京都新聞13頭 2-7(02-10-06)⇒NHKマ18頭 3-8(05-17-12) ×
 13年京都新聞16頭 3-4(05-08-12)⇒NHKマ18頭 4-8(08-17-12) 4枠内08番12番
 14年京都新聞18頭 2-6(03-11-05)⇒NHKマ18頭 5-1(10-02-01) ×
 15年京都新聞16頭 2-1(04-02-15)⇒NHKマ18頭 2枠1枠/04番02番15番/06番04番17番

★前日ダービートライアル ~プリンシパルS~
 10年プリンシ18頭 3-2(05-03-02)⇒NHKマ18頭 7-1(13-01-03) 内03番外16番
 11年プリンシ18頭 5-2(10-04-02)⇒NHKマ18頭 7-8(13-17-01) ×
 12年プリンシ17頭 4-1(08-01-04)⇒NHKマ18頭 3-8(05-17-12) 外14番
 13年プリンシ11頭 6-7(06-08-09)⇒NHKマ18頭 4-8(08-17-12) 内08番
 14年プリンシ14頭 6-7(09-11-05)⇒NHKマ18頭 5-1(10-02-01) ×
 15年プリンシ18頭 8-5(16-09-01)⇒NHKマ18頭 8枠5枠/16番09番01番

★NHKマイル近10年馬券対象馬 前走※芝1600m500万以上実績
 05年 1着ラインクラフト   桜花賞 01着※阪神ジュ03着/桜花賞01着
 05年 2着デアリングハート  桜花賞 03着※桜花賞 03着
 05年 3着アイルラヴァゲイン マーガレ01着
 ----------------------------------------------
 06年 1着ロジック      ニュージ03着※シンザン03着/アーリン02着/ニュージ03着
 06年 2着ファイングレイン  ニュージ02着※あけび賞01着/ニュージ02着
 06年 3着キンシャサノキセキ マーガレ04着※ジュニア01着
 ----------------------------------------------
 07年 1着ピンクカメオ    桜花賞 14着※菜の花賞01着
 07年 2着ローレルゲレイロ  皐月賞 06着※フューチ02着/シンザン03着/アーリン02着/
 07年 3着ムラマサノヨーヨー ニュージ03着※500万平場1着
 ----------------------------------------------
 08年 1着ディープスカイ   毎日杯 01着※アーリン03着
 08年 2着ブラックシェル   皐月賞 05着
 08年 3着ダノンゴーゴー   ニュージ07着
 ----------------------------------------------
 09年 1着ジョーカプチーノ  ニュージ03着
 09年 2着レッドスパーダ   スプリン02着※500万平場1着
 09年 3着グランプリエンゼル 橘S  01着
 ----------------------------------------------
 10年 1着ダノンシャンティ  毎日杯 01着※共同通信02着/ラジオNI03着
 10年 2着ダイワバーバリアン ニュージ02着※朝日杯フ03着/
 10年 3着リルダヴァル    皐月賞 06着※毎日杯03着/野路菊S01着
 ----------------------------------------------
 11年 1着グランプリボス   ニュージ03着※フューチ01着/
 11年 2着コティリオン    毎日杯 02着
 11年 3着リアルインパクト  ニュージ11着※フューチ02着/
 ----------------------------------------------
 12年 1着カレンブラックヒル ニュージ01着※こぶし賞01着
 12年 2着アルフレード    スプリン12着※フューチ01着/きんもく01着
 12年 3着クラレント     弥生賞 12着※デイリー01着
 ----------------------------------------------
 13年 1着マイネルホウオウ  ニュージ07着※スプリン03着/ジュニア01着/ひいらぎ01着
 13年 2着インパルスヒーロー ファルコ01着※500万平場1着
 13年 3着フラムドグロワール 京成杯 10着※いちょう01着
 -----------------------------------------------
 14年 1着ミッキーアイル   アーリン01着※シンザン01着/ひいらぎ01着
 14年 2着タガノブルグ    橘S  01着※黒松賞01着
 14年 3着キングズオブザサン 皐月賞 15着※京成杯02着/葉牡丹賞01着


■過去10年間馬券対象馬前走成績
  1着        2着        3着       
14年アーリン 01着(01) 橘S   01着(01) 皐月賞  15着(11)
13年ニュージ 07着(04) ファルコ 01着(02) 京成杯  10着(01)
12年ニュージ 01着(01) スプリン 12着(02) 弥生賞  12着(11)
11年ニュージ 03着(01) 毎日杯  02着(04) ニュージ 11着(04)
10年毎日杯  01着(03) ニュージ 02着(02) 皐月賞  06着(05)
09年ニュージ 03着(03) スプリン 02着(08) 橘S   01着(11)       
08年毎日杯  01着(06) 皐月賞  06着(02) ニュージ 07着(03)
07年桜花賞  14着(08) 皐月賞  06着(09) ニュージ 14着(10)
06年ニュージ 03着(02) ニュージ 02着(07) マーガレ 04着(01)
05年桜花賞  01着(02) 桜花賞  03着(10) マーガレ 01着(01)
 ニュージ 5-2-3-58 11番ヤマカツエース/02番グランシルク/
           10番アルマワイオリ/14番ヤングマンパワー/
           13番コスモナインボール/
 桜花賞  2-1-0-06 03番クールホタルビ/
 皐月賞  0-2-2-24 07番クラリティスカイ/
 スプリン 0-2-0-03 16番ダノンメジャー/12番ミュゼスルタン/
 橘S   0-1-1-14 18番マテンロウハピネス/08番ナイトフォックス/
 ファルコ 0-1-0-05 05番タガノアガザル/
 マーガレ 0-0-2-14 06番レンイングランド/
 弥生賞  0-0-1-00 04番グァンチャーレ/
 共同通信 0-0-0-02 01番アヴニールマルシェ/
 クロッカ 0-0-0-01 17番ニシノラッシュ/


★近5年間の人気薄馬券対象馬
14年 タガノブルグ   17番人気 橘S01着/クロッカ02着/黒松賞01着(3勝)
   キングズオブザサン12番人気 京成杯02着/葉牡丹賞01着/
13年 マイネルホウオウ 10番人気 スプリン03着/ジュニア01着(マイル)/ひいらぎ01着(3勝)
   インパルスヒーロー06番人気 ファルコ01着/500万01着(3勝)
   フラムドグロワール08番人気 いちょう01着/
12年 クラレント    15番人気 デイリー02着(マイル)
10年 ダイワバーバリアン05番人気 ニュージ02着/500万01着/フューチ03着
09年 ジョーカプチーノ 10番人気 ニュージ03着/ファルコ01着/萌黄賞01着(3勝)
   レッドスパーダ  05番人気 スプリン02着/500万01着(マイル)
   グランプリエンゼル13番人気 橘S01着/500万01着(3勝)
08年 ダノンゴーゴー  14番人気 ファルコ01着/500万01着(3勝)
07年 ピンクカメオ   17番人気 菜の花賞01着/くるみ賞01着(3勝)
   ムラマサノヨート 18番人気 500万01着(マイル)
06年 ファイングレイン 09番人気 ニュージ02着/あけび賞01着(マイル)
   キンシャサノキセキ06番人気 ジュニア01着(マイル)
05年 デアリングハート 10番人気 桜花賞03着/フィリー02着(マイル)

■人気傾向
 1番人気 5-1-0 12番ミュゼスルタン
 2番人気 1-1-0 02番グランシルク
 3番人気 1-2-1 09番アルビアーノ
 4番人気 0-0-2 01番アヴニールマルシェ
 5番人気 0-2-0 07番クラリティスカイ
 6番人気 0-1-1 10番アルマワイオリ
 8番人気 0-0-1 16番ダノンメジャー
 9番人気 0-1-0 17番ニシノラッシュ
 10番人気 2-1-0 14番ヤングマンパワー
 12番人気 0-0-1 15番フミノムーン
 13番人気 0-0-1 18番マテンロウハピネス
 14番人気 0-0-1 06番レンイングランド
 15番人気 0-0-1 05番タガノアガザル
 17番人気 1-1-0 03番クールホタルビ
 18番人気 0-0-1 13番コスモナインボール

|

« 第37回新潟大賞典 見解 | トップページ | 第60回京王杯スプリングカップ 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/61566492

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回NHKマイルカップ 見解:

« 第37回新潟大賞典 見解 | トップページ | 第60回京王杯スプリングカップ 見解 »