« 第63回北海道新聞杯クイーンステークス 見解 | トップページ | 第7回レパードステークス »

2015.08.02

第15回アイビスサマーダダッシュ 見解

外枠有利な新潟1000直。
昨年の1着馬14番セイコウライコウ、3着馬12番アースソニックが揃って外枠。
人気の13番ベルカント、11番レンイングランドを含めた7枠8枠が中心。
牝馬02番06番、そこを見せていない03番。
他10番04番を組み合わせで。

【アイビスサマーダッシュ】新潟11R
05年 3新4 11R G3国指 芝1000MA 13頭 5-7(07-10-12) 5枠内12番※内外07番
06年 2新2 11R G3国特 芝1000MA 16頭 7-5(13-10-14) 5枠7枠内10番外04番07番※準ゾロ目
07年 2新2 11R G3国特 芝1000MA 18頭 7-8(13-16-03) 7枠内13番外03番※内外03番
08年 2新2 11R G3国特 芝1000MA 18頭 8-3(18-05-01) 8枠※内外01番
09年 2新2 11R G3国特 芝1000MA 18頭 8-8(17-18-12) 8枠内18番音01番※準ゾロ目
10年 2新2 11R G3国特 芝1000MA 18頭 5-6(09-12-03) 内12番外07番
11年 3新2 11R G3国特 芝1000MA 16頭 2-6(03-12-13) 6枠内03番12番
12年 2新4 11R G3国特 芝1000MA 18頭 8-8(16-17-04) ※ゾロ目
13年 2新2 11R G3国特 芝1000MA 18頭 7-2(13-04-14) 内04番外15番※準ゾロ目
14年 2新2 11R G3国特 芝1000MA 13頭 2-7(02-11-10) 2枠7枠
15年 2新2 11R G3国特 芝1000MA 16頭 
-------------------------------------------------------------------

■過去9年馬券対象馬前走成績
  1着        2着        3着       
14年函館スプ 04着(05) バーデン 05着(05) 函館スプ 06着(09)
13年CBC賞 02着(02) 函館スプ 03着(03) 知多特別 01着(02)
12年函館スプ 04着(03) CBC賞 07着(05) AQスプ 12着(--)
11年ルミエー 01着(01) バーデン 02着(08) バーデン 04着(09)
10年テレビユ 03着(09) バーデン 05着(06) 米子S  12着(18)
09年CBC賞 11着(07) バーデン 08着(04) テレビユ 01着(01)
08年CBC賞 05着(05) 函館スプ 07着(10) バーデン 01着(01)
07年京葉S  12着(10) CBC賞 02着(07) バーデン 01着(01)
06年白川特別 01着(08) バーデン 04着(06) さくらん 01着(05)
05年新潟日報 06着(03) 新潟日報 02着(04) 疾風特別 03着(01)
 CBC賞 3-2-0-14 04番フレイムヘイロー/02番マコトナワラタナ
 函館スプ 2-2-1-13 12番アースソニック/11番レンイングランド/
           14番セイコウライコウ/10番エーシントップ/
 テレビユ 0-0-1-06 09番シンボリディスコ/
 韋駄天S 0-0-0-01 08番ヘニーハウンド/01番アンゲネーム/
           05番サカジロロイヤル/

■人気傾向
 1番人気 3-1-0 13番ベルカント
 2番人気 1-1-1 14番セイコウライコウ
 3番人気 1-3-1 11番レンイングランド
 4番人気 0-0-2 08番ヘニーハウンド
 5番人気 0-3-1 12番アースソニック
 6番人気 0-1-3 06番リトルゲルダ
 7番人気 3-0-0 03番サフィロス
 8番人気 1-0-0 09番シンボリディスコ
 10番人気 0-1-0 05番サカジロロイヤル
 11番人気 0-0-1 10番エーシントップ
 13番人気 1-0-0 01番アンゲネーム
 16番人気 0-0-1 

|

« 第63回北海道新聞杯クイーンステークス 見解 | トップページ | 第7回レパードステークス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/62002268

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回アイビスサマーダダッシュ 見解:

« 第63回北海道新聞杯クイーンステークス 見解 | トップページ | 第7回レパードステークス »