« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015.10.31

第58回毎日放送賞スワンステークス 見解

前年2着馬02番サンライズメジャーと3着馬14番フィエロが内外2番目の配置。
まずはこの2頭とセンター配置で芝1400m重賞で実績のある08番ローブティサージュが狙い。
近2年16着からの巻き返し馬が1着しているこら、安田記念16着から参戦する13番ダイワマッジョーレが穴候補。
京都芝1400m巧者05番ベルルミエール、一叩きしたNHKマイル2着11番アルビアーノ。
近走不審だが芝1400m巧者の07番コパノリチャード、06番エーシントップの4枠に頭を大穴で。

続きを読む "第58回毎日放送賞スワンステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回アルテミスS見解

12年に新設された2歳牝馬限定重賞。昨年からG3になっている。
出目からは1番人気15番メジャーエンブレム、13番カイザーバルの2頭が有力。
センター配置の08番ウインファビラス、05番ビービーバーレル、06番マシェリガール。
11番エスティタート、10番クロコスミアといったところが有力。

続きを読む "第4回アルテミスS見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.25

第75回菊花賞 見解

2冠馬が誕生し、菊花賞に出走しなった菊花賞に注目してみた。

2冠馬が出走しなかった菊花賞は91年と97年。
91年レオダーバンは東京優駿2着でセントライト記念1番人気3着。
97年マチカネフクキタルは東京優駿2着裏番で京都新聞杯1番人気1着。
鍵となるのは東京優駿2着とトライアル1番人気or優先出走権。
東京優駿2着の02番サトトノラーゼンはセントライト記念1番人気7着。
2着馬裏番だった16番タガノエスプレッソは神戸新聞杯で10番人気8着。
サトノラーゼン/タンタアレグリアの並びは東京優駿と同じ並びなのもプラス要素と考え、中心は02番サトノラーゼンで。

ドゥラメンテの離脱で牡馬クラシック三冠の統制は、皐月賞2着で東京優駿1着同枠のリアルスティールに引き継がれることになった。
血統的に同馬が直接連対するかどうかは自信がないが、同枠でMデムーロ騎手騎乗の12番ワンダーアツレッタや裏番でロベルト×エルコンドルパサーの08番ミュゼエイリアンを含め、相手候補と考えたい。

1番人気リアファルは、サトノラーゼンの裏番でタガノエスプレッソの同枠、神戸新聞杯1着という戦歴もアドバンテージであり、軸候補しても有力。
02番-17番をの内外02番目からの三連馬券は外せない買い目となる。

押さえで03番~07番の内枠勢と15番ジュンツバサを組み合わせで。

続きを読む "第75回菊花賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.24

第18回富士ステークス 見解

一昨年も人気薄3着で、昨年人気薄で2着だった02番シャイニープリンスが鍵となる。
同番と裏番京王杯オータムHで上位人気の15番グアンシルクが馬券の狙い。
東京新聞杯との出目から06番クラリティスカイ、13番ワールドエース、10番アルマワイオリの3頭。
マイルG3の出目から12番アルバタックス、08番ヤマカツエースと上記13番ワールドエース。
人気の11番サトノアラジン、16番フルーキーに、実績馬14番ロゴタイプ、09番カレンブラックヒルを。

続きを読む "第18回富士ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.17

第20回秋華賞 見解

過去10年度9回はローズS2頭⇒別路線組で決着している秋華賞。
そのうち7年は勝ち馬を出していて、全てがローズSで4番人気以内支持されていた。
該当馬は、下記の4頭。
 18番ミッキークイーン 1番人気2着
 07番トーセンビクトリー2番人気3着
 10番レッツゴードンキ 3番人気4着
 12番アンドリエッテ  4番人気6着
ディープインパクト産駒2頭、キングカメハメハ産駒2頭。
近年の傾向からはディープ産駒が18番or12番が軸候補です。
府中牝馬Sの出目から人気でも18番ミッキークイーンが中心。
他にロースS上位の11番タッチングスピーチ、09番クイーンズリング。
別路線組では、キングマンボ系の血を持つ、06番マキシマムドパリ。
大穴候補に15番テンダリーヴォイス、04番ディアマイダーリン、03番ディープジュエリーを。

続きを読む "第20回秋華賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第63回府中牝馬ステークス見解

前年2着馬04番スマートレイアーが鍵。
同枠03番レッドリヴェールも2年連続の出目馬番で、人気でも2枠は外せない。
軸は1番人気03番レッドリヴェールから同枠04番と裏番15番を相手に、
01番02番07番08番11番12番13番14番16番17番と幅広く。
2枠中心で、1枠78枠が対抗格の構成だが、ポイントは共通出目の4枠と2年前の3着馬で前年1着馬の裏番だった12番スイートサルサの入った6枠。
馬番では04番が共通出目となるため、04番軸の馬券も加えたい。

続きを読む "第63回府中牝馬ステークス見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.10

第66回毎日王冠 見解

ゾロ目回数の毎日王冠。
ここ数年の毎日王冠から注目したいのは今年の6歳世代。
前年3着馬12番スピルバーグ、同タイムの4着馬04番ディサイファがポイント。
スピルバーグの同枠13番エイシンヒカリが同コースのエプソムカップを制しているため8枠2頭が狙いとなる。
東京巧者で一昨年の3着馬03番クラレントは、最近休み明けで好走していないことから押さえまで。

出目からは皐月賞馬06番イスラボニータ。
毎日杯が5-5のゾロ目だったことから、唯一の3歳馬でデムーロ騎乗の07番アンビシャスとのゾロ目含みの馬券に食指が動く。
他では、中山記念でイスラボニータに先着している11番ステファノスが面白そうだ。

続きを読む "第66回毎日王冠 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回サウジアラビアロイヤルカップ 見解


【サウジアラビアロイヤルカップ】 東京11R

前年の第1回いちょうSの流れを組むレース。
前年の結果は同じ12頭立てで5-7(06-10-02)。
人気は04-02-03で1番人気のサトノフラムが敗退したが
比較的順当な結果だった。
敗退したサトノフラムは12番ゼッケン戸崎騎手騎乗。
今年の12番イモータルは、戸崎騎手の関西馬騎乗前走新馬勝ちと
サトノフラムとイメージが重なるところもあり、ポイントとなりそう。
前年の1着馬鞍クラリティスカイはゼッケン06番横山騎手。
こちらも06番ブレイブスマッシが横山騎手で前走未勝利で100%連対と
クラリティスカイとイメージが重なるところがある。
この12番06番を軸馬と考えたい。
相手には11番アストラエンブレムと03番リセエンヌ。
押さえに04番05番09番02番を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.03

第49回スプリンターズステークス 見解

新潟変更開催の翌年の2003年スプリンターズSは、前年の1着番ビリーブが2着。
表出目内11番、裏出目外08番の両方を使い、レースの継承を行った。
今年は、前年2着の02番ストレイトガールが出走。
この馬が鍵馬であり、有力な軸馬となる。
前年出目は表出目09番13番裏出目16番07番11番。
02番⇒09番13番⇒16番07番11番の3連複6点は押さえておきたい。

競走除外のあった2011年は取り消されたビービーガルダン(前走キーンランドC2着)と同じ、前走キーンランドC1着馬カレンチャンが3番人気で1着、2着にも同レース3着の9番人気パドトロワが入った。いずれも夏の上がり馬で、夏期の短距離線で1着を経験している馬たちだった。
今年のスプリンターズでは06番ウキヨノカゼ、16番ティーハーフが対象となる。
この2頭を軸にした3連馬券も狙いで、
06番16番⇒02番⇒06番16番01番13番08番07番09番

08年以降高松宮記念の馬券対象馬が競走除外のあった11年以外、必ず馬券に絡んでいる。
今年はマジンプロスパーの取消があり、08番と13番のいずれも絡まない馬券の検討する必要がある。
注目はサマースプリントの1着馬で、07番ベルカント12番ウリウリ、16番ティーハーフ、09番アクティブミノル、06番ウキヨノカゼの5頭が浮上する。
取消10番の裏番で08番ハクサンムーン同枠の07番ベルカントが最有力。
07番⇒02番⇒12番16番09番06番

07番と02番を中心に検討を進めたい。

続きを読む "第49回スプリンターズステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19回シリウスステークス

昨年2着の03番ナムラビクターがポイント。
裏番10番ランウェイワルツを含めて馬券の候補となります。
出目は阪神巧者09番マルカプレジオ。
参戦ルートでは02番アウォーディー。
上記4頭を中心に、人気の08番ダノンリバティ、昨年3着07番トーシンイーグルの6枠2頭。
前走1番人気12番キクノソルと穴で実績馬04番ニホンピロアワーズを。

続きを読む "第19回シリウスステークス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »