« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015.12.26

第60回有馬記念 見解

ゴールドシップのラストランに注目が集まる有馬記念。
フェイスブックはオグリキャップが5着に敗退した89年有馬記念。
1着には天皇賞春と宝塚記念を制し、前走JC11着から参戦した8枠15番イナリワン。
2着に秋の天皇賞を制し、前走JC4着から参戦した菊花賞馬04番スーパークリーク、3着は3歳馬12番サクラホクトーだった。
8枠15番の天皇賞春の勝ち馬は15番ゴールドシップを指示。
まずは、この15番04番12番を押さえ馬券としたい。

出馬票からは、馬名に有馬を含むマリアライトが入った8枠。
そのマリアライトの弟にあたる6枠12番リアファルにも注目している。
軸は15番ゴールドシップと12番リアファルの2頭。
4番人気12番リアファルを集めに、1番人気15番ゴールドシップを押さえと考えている。

相手には内枠で先行でき、有馬記念と同コースの日経賞1着の05番アドマイヤデウス、菊花賞馬11番キタサンブラック。
秋4戦目となるラブリーデイは好走歴のなり芝2500mということもあり押さえ評価。
他09番、07番、16番、13番、06番、08番までを押さえで。

続きを読む "第60回有馬記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第10回阪神カップ 見解

過去傾向から外枠に有利なレース。
人気薄で狙ってみたいのはコース2連対の12番アルマワイオリ。
スプリンターズS直行組が成績を残せていないので05番ウリウリや07番アクティブミノルはやや評価を下げ、同枠06番サンライズメジャーや08番ダノンシャークを狙ってみたい。
7枠14番クラレントと13番ロサギガンティア、好調16番マイネルアウラートといった外枠馬、
昨年3着の02番ダイワマッジョーレに同枠で1番人気の01番ビッグアーサーに11番タガノブルグを。
出目からは12番02番、あとは8番人気14番クラレントを中心としたい。

続きを読む "第10回阪神カップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第138回中山大障害 見解

13年1着、14年2着と2年連続連対の02番アポロマーベリックが鍵となる。
外02番の13番アップトゥデイトが春の中山GJを制しており、この内外2頭が軸馬候補。
出目からは13番アップトゥデイトが有力である。

イルミネーションカップを制した08番サナシオン、2着の12番アッシュヴィン、
前走重賞勝ちの09番ダンツミュータント、4連続連対中の05番マキオボーラー、
穴で1番人気同枠の07番ドリームセーリングまでを

続きを読む "第138回中山大障害 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.20

第67回朝日杯フューチュリティステークス 見解

圧倒的な人気の11番エアスピネル。
戦歴や話題性、出目からも中心馬となる。
相手は同枠12番シュウジと15番リオンディーズの上位2頭。
押さえに07番イモータルと10番タイセイサミット、09番ボールライトニング。
穴馬として唯一牝馬04番コパノディールの同枠京王杯2着の03番アドマイヤモラールと裏番で京王杯1番人気の13番シャドウアプローチを。
あと11番との併せで06番、12番との併せで05番、15番との併せで02番までを。

続きを読む "第67回朝日杯フューチュリティステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.19

第1回ターコイズステークス 見解

出目は現在1番人気12番カフェブリリアント。
昨年3着の05番メイショウシザンナの裏番配置、芝1600mの実績から軸馬候補。
もう1頭の軸馬は2歳マイルG1勝ちの13番レッドリヴェールを。
相手には3歳牝馬16番シングウィズジョイ、07番キャットコイン、11番ペルフィカ、08番アイライン、04番ノットフォーマル、押さえに05番06番10番を組み合わせで。

続きを読む "第1回ターコイズステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.13

第8回カペラステークス 見解

今年のダート1200mのオープンクラスは、接触馬券が多い傾向がみられる。
昨年2着16番サトノタイガーを中心とした16番01番、16番15番や中山ダート1200m1着歴のある馬が同居した4枠07番08番、13番14番、1番人気04番と中山巧者03番の2枠など、2頭軸の三連馬券が狙い。
出目の01番03番04番11番15番16番などから人気薄中心で。

続きを読む "第8回カペラステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ 見解

上位人気では1番人気02番メジャーエンブレム以外はかなり怪しそう。
02番メジャーエンブレム以外の狙いは500万勝ち上がり組。
減点の少ない04番クードラパン、12番ウインミレーユを中心に01番アドマイヤリード、07番クロコスミア、4番ジェントルハート。
押さえに05番10番13番15番17番18番を。
特に牝馬マイルG1出目の04番05番18番には注意を払いたい。

続きを読む "第67回阪神ジュベナイルフィリーズ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.12

第66回チャレンジカップ 見解

昨年より朝日杯の冠がとれ、チャレンジカップとなった。
新生チャレンジカップは5-5のゾロ目で3歳馬トーセンスターダムが勝利。
今年は昨年準オープンから勝ち上がった2頭、2着17番デウスウルトと3着馬11番フルーキーが参戦。
昨年の勝利騎手武豊は17番デウスウルトに騎乗することから、この馬が鍵となる。
17番デウスウルトに裏番02番タガノエトワールのキンカメ産駒を軸として、11番フルーキーと裏番08番バッドボーイ、人気の10番ヒストリカル、14番ワールドエースが相手。
押さえに01番03番06番07番09番13番16番と手広く構え、ゾロ目裏表の組み合わせを重視したい。

続きを読む "第66回チャレンジカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.06

第16回チャンピオンズカップ 見解

昨年JBCクラシックを制し、1番人気で臨んだ同レースで12着に敗退した07番コパノリッキー。
昨年のようにスタートで失敗しなければ、上位であることは確かだが、信頼度は五分五分といったところ。
前哨戦で3着敗退で株をやや下げた13番ホッコータルマエは、裏番に昨年同枠の04番サンビスタ、同枠に唯一の外国産馬14番ガンピットをおいて、今年も中心になりそうである。
ダートG1に影響力のある9歳馬03番ワンダアキュートが2枠03番に入ったことで2枠7枠はマークが必要となる。

昨年2着の06番ナムラビクターは12年のジャパンカップダート馬05番ニホンピロアワーズと3枠、
3着馬09番ローマンレジェンドも13年フェブラリーS1着の10番グレープブランデーと5枠を形成。
この3枠5枠もG1影響枠で、押さえが必要である。

07番コパノリッキーと13番ホッコータルマエが馬券になる場合を想定する場合、01番ノンコノユメを含めた上位3頭の馬番6つとびの3連単マルチが押さえ馬券として有効。
あとはゾロ目裏表含みの馬券を少々。

3歳馬08番ダノンリバティーも連下では馬券の押さえに含めたい。

馬券の組みあわせは、
13番07番01番三連単BOXに下記の三連馬券を。
13番07番⇒08番01番⇒02番06番09番(03番04番12番14番10番)

Facebook 2004年タイムパラドックス。
 騎手:武豊⇒07番コパノリッキー
 馬番:14番ガンピット
 前走:JBCC3着⇒13番ホッコータルマエ

続きを読む "第16回チャンピオンズカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.05

第51回金鯱賞 見解

前年2着02番サトノノブレスに天皇賞秋3番人気敗退の01番デキサイファ。
内外05番目配置の3歳馬05番レーヴミストラルと08番ベルーフが狙い。
06番12番09番を押さえで。

続きを読む "第51回金鯱賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第49回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス 見解

前年2着の11番ファタモルガーナが鍵。
同枠12番トルークマクトとともに有力。
出目からは02番アルバート、01番トゥインクルの2頭。
中山巧者の08番07番に先行する14番までを熊わせで。

続きを読む "第49回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »