« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016.01.31

第30回根岸ステークス 見解

近年好走が目立つ武蔵野S組の15番モーニン、09番タガノトネールが中心。
相手に08番タールタン、11番プロトコル、10番アドマイヤサガス。
穴で出目入りの東京巧者06番アンズチャンと01番レッドファルクス。
押さえに02番16番04番までを。

続きを読む "第30回根岸ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21回シルクロードステークス 見解

出目からは05番サトノルパンと11番アースソニックが有力。
相手に16番01番15番、押さえに06番08番09番14番を。

続きを読む "第21回シルクロードステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.24

第57回アメリカジョッキーCC

今年は例年好走馬を出してきた有馬記念経由の参戦馬が不在である。
近年の傾向から金鯱賞の上位人気馬の好走が目立つことから、
昨年1着馬裏番に配置されたいた03番ディサイファに魅力を感じる。
出馬表からは藤沢厩舎山本オーナーの並んだ10番11番の配置、
松永幹夫厩舎の並んだ12番13番にかかる6枠に注目。
中山巧者でルメール騎乗の11番スーパームーンが有力だと考えている。
内外01番と8枠同枠にラフィアンのマイネルが配置されているのもポイントで、
馬券は近5年の傾向と同様にゾロ目、内外対称が中心となりそうだ。
軸馬は03番ディサイファor11番スーパームーンの7歳馬2頭。
相手にはゾロ目内外対称を意識して、06番サトノラーゼン、
04番ショウナンマイティ、14番スズカデヴィアスの3頭。
これらに中山金杯2着の01番マイネルフロスト。
押さえに中山芝2200m実績のある08番ステラウインド、13番ヤマニンボワラクテ、
15番マイネルディーンまでを組み合わせで。

続きを読む "第57回アメリカジョッキーCC"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第33回東海ステークス 見解

33回ゾロ目開催。出目からは08番ローマンレジェンドと10番モンドクラッセが有力。
昨年2着09番グランドシチーと3着馬イ07番ンカンテーションが参戦するがいずれも出目入りの同枠。
09番グランドシチーは2年連続2着の鍵馬だが、今年9歳。
近走の着差から、上積みがあるかどうかの信頼性は薄いため押さえが妥当だろう。
こちらは同枠の10番モンドクラッセに注目したい。
インカンテーションは休養明けがポイント。
今まで未勝利時を除く休養明け2戦はいずれも鉄砲駆けし1着。
先行できるようならこちらの方が馬券対象として有力である。
1番人気05番ロワジャルダン
5番人気08番ローマンレジェンド
6番人気02番イッシンドウタイ の3頭には注意を。

続きを読む "第33回東海ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.17

第63回日経新春杯 見解

リピート率の高い日経新春杯。
一昨年の1着馬10番サトノノブレスと2年連続馬券対象03番アドマイヤフライトが内外03番配置に入り、これら2頭か、内外対称またはゾロ目を狙ってみたい。
軸は出目と参戦過程から07番シュヴァルグラン03番アドアイヤフライト。
相手に10番サトノノブレス、06番プロモントーリオ、09番ベルーフ。
押さえに01番04番05番までを。

続きを読む "第63回日経新春杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第56京成杯 見解

出目からはセンター配置08番マイネルラフレシアと07番ブランスシャルマンが有力。
相手に04番プロフェットと12番ユウチェンジ2枠の03番ケルフロイデ、02番ウムブルフ。
押さえに01番10番14番15番06番を。

続きを読む "第56京成杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.11

第32回フェアリーステークス 見解

共通出目は13番クードラパン。中山得意の久保田厩舎でもあり、先行でれば面白そう。
同枠アルジャンテを相手としたゾロ目含みが狙い。
他の相手候補は前走マイル戦を使った馬から03番コパノマリーン、10番ラブリーアモン、12番リセエンヌ。
押さえに05番ダイワダッチェス、06番ビービーバレル、16番ハマヒルガオ、07番ラシームまでを。
11番はあえて消して勝負したい。

続きを読む "第32回フェアリーステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.10

第50回日刊スポーツ賞シンザン記念 見解

人気馬が1勝馬と右回り未経験馬という点から荒れ目、過去傾向から京都マイルの勝利経験がある前走阪神マイル出走馬を狙いたい。
該当馬は06番ロジクライと16番ツーエムレジェンド。
特に前走千両賞1番人気で敗退した06番ロジクライの先行脚質に魅力を感じる。
相手に能力上位の02番アストラエンブレム、デイリー杯2歳3着の12番ノーブルマーズの重賞好走組と内枠魅力の03番レオナルド、千両賞1着の05番レインボーライン。
これら上位6頭に加えて、押さえに1番人気10番、1勝馬07番09番、出目の8枠17番18番、大穴人気で出目の14番までを組み合わせで。
穴狙いで高配当を。

続きを読む "第50回日刊スポーツ賞シンザン記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.09

ポルックスステークス見解

開催から2年連続で1番人気と3番人気が馬券となっている本命サイドのレース。
前走ベテルギウスS3着以内の人気馬が好走していることから、
昨年1着だった10番イッシンドウタイが浮上する。
ただし、7歳馬58Kgの負担重量は過去2年の好走馬と適合していないため、押さえまでで。
一昨年1着の11番ソロルも58Kg負担で同様に押さえ候補とする。
2年とも連対馬をだしている4歳55Kgの01番パワースポットや04番ライドオンウインドが狙い。
押さえに、中山巧者15番09番、師走S1着06番に1番人気同枠02番裏馬16番、昇級13番までを。


続きを読む "ポルックスステークス見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.05

第54回スポーツニッポン賞京都金杯 見解

アップし忘れました。事後アップです。
テイエムタイホーは能力値は高かったのですが、ニューイングランド産駒の京都マイル好走歴がなく、消してしまいました。
-------------------------------------------------------------------
近2年連続連対しているエキストラエンドが6枠12番に入った。
2年連続1枠での連対だったことと明け7歳の年齢からやや割引評価。
昨年の1着馬ウインフルブルームと同馬主の07番ウインプリメーラの入った4枠にコース巧者が揃い面白そうである。
相手に内枠のノーザンF、ディープ産駒の04番ケイティープライド。
同枠で上昇中の03番シベリアンスパーブ。
センター配置の09番オメガヴェンデッタ。
逃げる02番バッドボーイやエキストラエンドの同枠裏番11番06番までを押さえで。

続きを読む "第54回スポーツニッポン賞京都金杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第65回日刊スポーツ賞中山金杯 見解

2014年2015年と2年連続、池江厩舎ベリー騎手が1着。
また近年は社台系生産馬の活躍が目立つ。
まずは、池江厩舎ベリー騎手の09番ベルーフに注目。
同枠1番人気10番フルーキーも含めて6枠が中心。
相手に05番ヤマカツエース、06番ブライトエンブレム。
押さえに07番マイネルフロスト、14番ライズトゥフェイム、
04番ネオリアリズムに02番スピリッツミノルまでを。

続きを読む "第65回日刊スポーツ賞中山金杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »