« 第30回中日スポーツ賞ファルコンステークス 見解 | トップページ | 第30回フラワーカップ »

2016.03.20

第64回阪神大賞典 見解

過去最も有力なルートである有馬記念からの直接参戦馬はなく、
02番アドマイヤデウスが有馬記念7着→京都記念3着を経由して参戦する。
出目からはこのアドマイヤデウスが有力。
相手に内外01番に配置された京都巧者のハーツクライ産駒
11番シュヴァルグラン、01番カレンミロティックを。
押さえに1番人気03番トーホウジャッカルと06番タンタアレグリア、07番カムフィー、
04番アドミアヤフライトまでで。


【阪神大賞典】阪神11R
06年 1阪8 11R G2国指 芝3000MB別 09頭 2-1(02-01-08) 1枠内01番08番※内外02番
07年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 11頭 8-2(10-02-07) 2枠内02番外02番※内外02番
08年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 13頭 1-2(01-02-03) 2枠内02番※3接触
09年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 12頭 6-6(07-08-11) ※ゾロ目
10年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 14頭 8-4(13-06-11) 内11番外02番
11年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 14頭 3-2(03-02-10) 
12年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 12頭 1-8(01-12-06) 外12番※内外01番
13年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 09頭 7-6(07-06-03) 内06番外07番※内外03番
14年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 09頭 1-8(01-08-02) 
15年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 10頭 7-2(08-02-01) 内01番08番外09番
16年 1阪8 11R G2国指 芝3000MA別 11頭 
--------------------------------------------------------------

★万葉S ~古馬芝3000mOPクラスの枠連出目
 09年万葉S07頭  (04-07-06)⇒阪神大賞12頭 6-6(07-08-11) 内07番外02番
 10年万葉S14頭 4-2(06-02-09)⇒阪神大賞14頭 8-4(13-06-11) 4枠内/06番外09番
 11年万葉S12頭 3-5(03-06-09)⇒阪神大賞14頭 3-2(03-02-10) 3枠内03番
 12年万葉S12頭 8-8(12-11-08)⇒阪神大賞12頭 1-8(01-12-06) 8枠/内12番外01番
 13年万葉S15頭 7-5(13-08-03)⇒阪神大賞09頭 7-6(07-06-03) 7枠内03番外03番
 14年万葉S10頭 8-2(10-02-03)⇒阪神大賞09頭 1-8(01-08-02) 8枠内02番外08番09番
 15年万葉S13頭 3-5(03-07-04)⇒阪神大賞10頭 7-2(08-02-01) 外10番
 16年万葉S11頭 6-2(06-02-08)⇒阪神大賞11頭 6枠2枠/06番02番08番

★京都大賞典 ~G2大賞典タイトルの出目
 101010京都大賞11頭 2-7(02-09-06) 内06番※07番取消内外06番
 110320阪神大賞14頭 3-2(03-02-10) 2枠内02番
 111009京都大賞08頭  (07-08-04) 外05番
 120318阪神大賞12頭 1-8(01-12-06) 外01番※内外01番
 121008京都大賞14頭 8-6(14-09-06) 8枠内06番外01番
 130317阪神大賞09頭 7-6(07-06-03) 6枠内06番
 131006京都大賞13頭 2-1(02-01-11) 外03番
 140322阪神大賞09頭 1-8(01-08-02) 1枠内01番02番
 141014京都大賞12頭 6-7(07-10-02) 内02番
 150322阪神大賞10頭 7-2(08-02-01) 7枠内02番外03
 151012京都大賞10頭 1-8(01-10-07) 内01番外10番
 160320阪神大賞11頭 1枠8枠/01番10番07番/02番11番08番/
 
■過去10年間馬券対象馬前走成績
  1着        2着        3着       
15年アメリカ 07着(01) 有馬記念 09着(16) 有馬記念 07着(07)
14年有馬記念 03着(02) 有馬記念 11着(03) 御堂筋S 01着(01)
13年有馬記念 01着(01) 万葉S  01着(01) ダイヤモ 07着(09)
12年ダイヤモ 02着(01) 有馬記念 01着(01) 日経新春 10着(05)
11年日経新春 04着(07) ダイヤモ 01着(02) ダイヤモ 05着(05)
10年ダイヤモ 05着(04) 迎春S  01着(01) 日経新春 01着(02)
09年京都記念 01着(03) 日経新春 07着(01) 御堂筋S 02着(03)
08年日経新春 04着(01) 京都記念 16着(07) 有馬記念 05着(02)
07年ステイヤ 01着(01) 有馬記念 04着(02) ダイヤモ 01着(01)
06年有馬記念 02着(01) ダイヤモ 03着(09) 京都記念 05着(03)
 ダイヤモ 2-2-3-22 06番タンタアレグリア/05番マイネルメダリスト/
           10番サイモントルナーレ/07番カムフィー/
 日経新春 2-1-2-05 11番シュヴァルグラン/
 京都記念 1-1-1-15 02番アドマイヤデウス/
 JC   0-0-0-02 01番カレンミロティック/
 

■人気傾向
 1番人気 4-3-2 03番トーホウジャッカル
 2番人気 2-0-2 11番シュヴァルグラン
 3番人気 2-1-2 02番アドマイヤデウス
 4番人気 1-1-1 06番タンタアレグリア
 5番人気 1-3-2 01番カレンミロティック
 6番人気 0-1-1 07番カムフィー
 7番人気 0-1-0 04番アドマイヤフライト

|

« 第30回中日スポーツ賞ファルコンステークス 見解 | トップページ | 第30回フラワーカップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/63370155

この記事へのトラックバック一覧です: 第64回阪神大賞典 見解:

« 第30回中日スポーツ賞ファルコンステークス 見解 | トップページ | 第30回フラワーカップ »