« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016.05.29

第130回目黒記念 見解

前年1着馬10番ヒットザターゲットと2着馬03番レコンダイトが出走。
1番人気06番マリアライト、2番人気16番タッチングスピーチの参戦ルートに不安があるため、
昨年の1、2着馬に再度注意が必要。
1番人気同枠05番モンドインテロ、昨年1着馬同枠裏番の09番サムソンズプライドが狙い。
出目の15番18番13番を上位に、08番12番を相手に組み合わせで。

続きを読む "第130回目黒記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.28

第83回東京優駿 見解

フルゲート18頭になってから5月29日に行われた日本ダービーは
いずれも皐月賞1着馬が1番人気で勝ち、三冠馬が誕生している。
この点から、01番ディーマジェスティは1着の軸馬候補となる。
馬番05番がいずれも馬券になっている点、直前のG2戦1着馬が2着になっている点を踏まえて
01番→14番10番→05番 はまず購入したい馬券である。
Facebookは97年サニーブライアン。
 枠連8-3/18-05-15
 馬番:18番 ブロディガルサン
 06番人気:14番ヴァンキッシュラン
 前走:皐月賞1着:01番ディーマジェスティ
 逃げ馬:02番マイネルハニー
 父ブライアンズタイム:01番ディーマジェスティ02番マイネルハニー17番プロフェット
 10戦目:06番アグネスフォルテ/16番ブレイブスマッシュ/
単純に皐月賞を18番で1着し、ブライアンズタイムの血を持つ01番ディーマジェスティの示唆が濃厚。
穴では同グループの逃げ馬02番マイネルハニー、昨年人気で4着だったリアルスティールの全弟18番ブロディガルサンが挙げられる。18番が穴で面白そうだが、昨年リアルスティールの頭なしとした理由と同じで、血統的な重複を避ける意味では2着or3着どまりだと考えている。

別線で気になるのは、昨年の日本ダービー2、3着の里見オーナーの08番サトノクラウン。
降着経験のある12番リオンディーズと14番ヴァンキッシュラン。
05番ゼッケンのエアスピネルに京都新聞杯1着10番スマートオーディンまでを。

PO馬の12番リオンディーズと14番ヴァンキッシュランの応援馬券を少々購入したい。

続きを読む "第83回東京優駿 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.22

第77回優駿牝馬 見解

ゾロ目開催の優駿牝馬。
66回 2005年 2-3(04-05-09)
55回 1994年 2-7(03-15-11)
いずれも2枠が連対枠。
JRAのFacebookは2007年ローブデコルテ
 馬番⇒02番アウェイク
 桜花賞4着馬⇒不在
 福永祐一⇒04番アットザシーサイド
 05番人気⇒04番アットザシーサイド
 紅梅S1着馬⇒03番シンハライト
こちらも桜花賞馬券対象馬同居の2枠が中心となっている。
相手にトライアルのフローラS1着馬13番チェッキーノ、スイートピーS1着馬16番ジェラシー。
忘れな草賞1着馬17番ロッテンマイヤー。
また、ディープインパクト産駒02番アウェイク、14番ビッシュ、15番レッドアヴァンセなどが狙い。
押さえに01番、12番を。

続きを読む "第77回優駿牝馬 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.21

第23回平安ステークス 見解

京都ダート1900mは唯一距離の重賞である。
前年出目01番、11番、12番に注意が必要。
昨年2着で昨年と同じ11番に入ったクリノスターオーが鍵。
裏番05番マイネルクロップは最低人気だが、重賞1着経験馬。
同枠ブービー人気の10番ストロングサウザーも地方重賞の1着馬で、
クリノスターオー指示の穴目はこの2頭。
中心はアンタレスS組で、14番アスカノロマン、04番ロアジャルダンの人気2頭に加え、
03番06番13番15番には注意を払いたい。
出目入りの13番トップディーヴォはアルデバランSの2着でもあり特に注目している。
他12番アムールブリエ、08番トラキチシャチョウを。

続きを読む "第23回平安ステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.15

第11回ヴィクトリアマイル 見解

古馬牝馬G1は、資格継承の要素を含んで実施される傾向にある。
今年の対象は下記の4頭が鍵。
 08番メイショウマンボ 13年エリザベス女王杯1着/14年ヴィクトアM2着
           ※14年エリザベス女王杯2着同枠
 13番ストレイトガール 14年ヴィクトリアM3着/15年ヴィクトリアM1着
 04番ウリウリ    ※14年ヴィクトリアM3着裏番
 02番スマートレイア ※14年エリザベス女王杯2着同枠
 15番ショウナンパンドラ15年ヴィクトリアM3着同枠
 16番シュンドルボン ※15年エリザベス女王杯2着同枠

直接連対のメイシウマンボの同枠07番ルージュバックと裏番11番レッツドードンキ、ストレイトガールの裏番06番マジックタイム、14番ウキヨノカゼは馬券のフォーカスとなる。
いずれも軸馬にしにくいが、内の07番ルージュバックや06番マジックタイムには注意したい。
人気の15番ショウナンパンドラが04番ウリウリ16番シュンドルボンの指示があり、軸馬候補。
また昨年の秋華賞連対の10番ミッキークイーンと12番クイーンズリングも侮れない。
内枠の01番、02番の阪神牝馬上位も有力な馬券候補で、安定感のある03番、底を見せていない18番が押さえ候補。

JRAのFacebookは07年コイウタ。2-2のゾロ目決着だったことから、ゾロ目には注意したい。
 04番、4文字馬名⇒04番ウリウリ
 フジキセキ産駒⇒13番ストレイトガール
 前走ダービー卿⇒06番マジックタイム
 東京マイル重賞1着経験馬⇒02番スマートレイアー/13番ストレイトガール/14番ウキヨノカゼ/ 

現在最低人気の05番レッドリヴェールが昨年04着と上位入線馬番だっただけに、ゾロ目含みの人気薄は馬券に含めたい。
昨年は6歳馬同士のワンツー決着だったが、基本的には4歳5歳中心のレース。
06番07番10番12番15番が馬券の中心だと考えている。

続きを読む "第11回ヴィクトリアマイル 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.08

第38回新潟大賞典 見解

昨年は7歳馬のワンツー。
1着馬ダコールが7枠14番で出走する。
近10年で06番以内の内枠馬が馬券から外れたことがない傾向から
狙いは裏番03番フルーキー。
過去10年間で3着以内馬が連対していることから、昨年の勝ち馬14番ダコールと12番シャイニープリンスが相手候補となる。
共通出目11番ショウナンバッハ、4歳馬04番アングライフェンを上位として02番05番06番11番01番へ。

続きを読む "第38回新潟大賞典 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21回NHKマイルカップ 見解

Facebookは心に残る美しいサラブレッド エイシンフラッシュ。
 黒鹿毛→06番ティソーナ/12番ハクサンルドルフ/13番シゲルノコギリザメ/
 社台ファーム→09番シャドウアプローチ
 騎手 東京優駿・内田博→12番ハクサンルドルルフ
    天皇賞秋・Mデム→06番ティソーナ
上位人気では06番ティソーナ、穴では12番ジャクサンルドルフが軸候補。
東京コース3勝07番トウショウドラフタ、東京マイル重賞1着歴のある04番メジャーエンブレム、14番ブレイブスマッシュに東京重賞2連対の08番イモータルなどが相手候補。
押さえに01番03番05番08番09番13番15番18番を組み合わせで。
04番06番を軸とした三連馬券を厚めに。

続きを読む "第21回NHKマイルカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.07

プリンシパルステークス 見解

1番人気が8連対と無視できないレース。
未勝利勝ちで押し出された人気だが、私のPO馬の15番ショパンを一応マーク。
出目からは共通出目の人気薄の13番ミエンドリーマーを穴で一考。
また過去17頭立ては4枠が絡んでいることから07番ウォーターシャフトもマークしたい。
実績からは10番プラスシャルマン、12番ゼーヴィントの2頭。
押さえに02番03番04番05番08番09番11番14番と幅広く押さえたい。

続きを読む "プリンシパルステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第64回京都新聞杯 見解

毎日杯経由の02番スマートオーディンと裏番13番ブラックスピネルが中心。
相手にはなみずき賞1着10番ゼンノタヂカラオにディープ産駒09番ロイカバード、07番エルプシャフト、前走2200m勝ちのマンハッタンカフェ産駒03番エルリストンへ。
押さえに11番、05番、14番を。

続きを読む "第64回京都新聞杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.01

第153回天皇賞(春) 見解

昨年のゴールドシップの勝利から同枠で3着だった03番カレンミロティック、裏番配置だった06番アドマイヤデウスが鍵。
まずは、昨年の2着馬フェイムゲームと鍵馬06番アドマイヤデウスが同居した3枠に注目している。

Facebookは2004年のイングランディーレ。
 10番人気で大逃げし、大差勝ち。
 3枠06番 横山典弘 清水美波厩舎
 前年の天皇賞(春)9着/前走ダイオライト記念2着
 芝重賞は4歳時(前年)ダイヤモンドS→日経賞を連勝
 父:ホワイトマズル/母父リアルシャダイ
 社台ファーム生産 馬主;吉田千津
5歳前年天皇賞9着→15番サウンズオブアース
5歳3枠06番10番人気→06番アドマイヤデウス
この2頭への指示が強そう。出目からは06番が有力。

昨日の青葉賞で大外にレーヴドスカー産駒レーヴァテインが1番人気で出走し3着敗退。
天皇賞の大外に同じレブドスカー産駒18番レーヴミストラルが人気薄で出走。
こちらは積極的に購入したい。
母系から距離の不安はあるがおなじレーヴの産駒年3着馬同枠04番トーセンレーヴへの移行まで考え、出目推しのあるこちらも押さえで。
人気薄ではg1騎乗で注目したいルメール騎乗の10番アルバートと、同じ5枠で一昨年の菊花賞馬09番トーホウジャッカル、14番サトノノブレスを。
人気の17番ゴールドアクター、08番シュヴァルグラン、01番キタサンブラックは押さえで。

続きを読む "第153回天皇賞(春) 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »