« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016.10.30

第154回天皇賞(秋) 見解

来年から大阪杯がG1に昇格し、芝2000mのG1に変更が加わる。
今年の大阪杯を制した03番アンビシャスは、この1点で本命候補となる。

前年の1着馬15番ラブリーデイと2着馬14番ステファノスは8枠同居。
ステファノスは昨年と同じ14番で、今年も裏番02番にクラレントが配置されている。
8枠は14番ステファノスが昨年に続いて連対候補。
ラブリーデイは昨年と同じ京都大賞典を経由してここに参戦するが、着順も下げていて昨年の勢いはないと考え、若干を落とした。

天皇賞春はキタサンブラックが制したが、1枠01番武豊。
海外G1で2000mG1勝利があり、鉄砲も4戦全勝。
昨年の成績と脚質と人気を考慮するとおいしい馬ではないが、馬券の一端を担う可能性は否めない。

JRAのFBは2010年ブエナビスタ。
4最牝馬で天皇賞秋1着した点からは、09番ルージュバック。

86年以降で10月30日施行の天皇賞秋は下記の4レース。
11年 トーセンジョーダン 07番人気 前走札幌記念01着(01番人気)
05年 ヘヴンリーロマンス 14番人気 前走札幌記念01着(09番人気)
94年 ネーハイシーザー  03番人気 前走毎日王冠01着(01番人気)
88年 タマモクロス    02番人気 前走宝塚記念01着(01番人気)
近年は札幌記念経由が人気薄で好走しているが、共通点はいずれも前走01着馬が勝利していること。
ここからは勝ち馬の有力候補の1頭は09番ルージュバックとなる。

流れからは、先週の菊花賞を制し、今週のスワンステークスワンツーの里見オーナーの人気薄、04番サトノクラウン、07番サトノノブレスは押さえておきたい。

軸は03番アンビシャスor09番ルージュバック。
相手に14番ステファノスとセンター配置の08番モーリス。
押さえに15番04番07番、別線で01番、12番までを。

続きを読む "第154回天皇賞(秋) 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.29

第5回アルテミスS見解

札幌でオープンを買った15番サトノアリシアが狙い。
16番リスグラシュー、02番トーホウアイレス、03番ヴィーナスフローラ、05番ヒストリア、17番ハートオブスワローといたハーツクライ産駒に注目。
穴で04番09番のマツリダゴッホ産駒を。
出目からは02番が上位。
12番フローレスマジックは押さえで。

続きを読む "第5回アルテミスS見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第59回毎日放送賞スワンステークス 見解

前年勝ち馬14番アルビアーノと2着馬08番フィエロが出走。
アルビアーノは高松宮記念からの長期休養明けで鉄砲実績がないのが不安点。
フィエロは昨年同様のステップで順調だが、穴でした好走例のない7歳という年齢が減点材料となる。
京王杯スプリングSの1着馬と2着馬が同居した6枠が面白そうで、
人気薄だが鉄砲実績、コース実績のある7歳馬サンライズメジャーは狙ってみたい馬。
裏番07番バクシンテイオーも好走例のない前走北九州記念経由馬だが、
ムーアを鞍上に迎え侮れない。この人気薄7歳馬2頭が馬券に含めていきたい。
□地の裏番に配置された14番アルビアーノ。
人気で裏表08番配置の08番フィエロと11番サトノアラジン。
騎手からは02番サトノルパンと09番ダンスディレクター
穴に共通出目の10番ブラヴィッシモと17番ラインハートを加えて。

続きを読む "第59回毎日放送賞スワンステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.23

第77回菊花賞 見解

皐月賞
1着:18番ディーマジェスティ
2着:03番マカヒキ
3着:11番サトノダイヤモンド
東京優駿
1着:03番マカヒキ
2着:08番サトノダイヤモンド
3着:01番ディーマジェスティ

春の牡馬クラシックは同じ3頭で馬券を構成し、
菊花賞に出走しないマカヒキは同じ03番のゼッケン。
皐月賞馬ディマジェスティは18番⇒01番、
3着、2着と着順を挙げているサトノダイヤモンドは11番⇒08番と
いずれも皐月賞から東京優駿で裏番へ配置されていた。

連続連対の03番にはサトノダイヤモンド。
ダービーでマカヒキの同枠だったレンボーラインは11番に配置され、
皐月賞でサトノダイヤモンドの裏馬だった08番ミッキーロケットを裏表に配置されている。

10月23日の菊花賞。
11年 オルフェーブル
05年 ディープインパクト
共通点は、1番人気、池江(泰郎・泰寿)厩舎

クラシックの影響があるはこの内外08番。

JRAのFacebookはビワハヤヒデ。
ナリタタイシン、ウイニングチケットとの3強対決で皐月賞、東京優駿2着で菊花賞を制した。
イメージとしては03番サトノダイヤモンドが重なる。
軸は03番サトノダイヤモンド。

相手には皐月賞馬06番ディーマジェスティ、昨年の2着馬リアルスティールの弟16番プロディガルサン。
加えて札幌記念3着の11番レインボーライン、血統から09番イモータル。
押さえに京都巧者08番ミッキーロケット、クラシックで上位の走りをみせた13番エアスピネル。
軸馬同枠で連勝中の04番シュペルミエールに穴人気している01番07番までを。


続きを読む "第77回菊花賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.16

第21回秋華賞 見解

シンハライト、チェッキーノ不在でオークス最先着での10番ビッシュ。
重賞に格上げされた第1回紫苑Sを勝ち、ローズS1着馬回避もあり、
影響力を持ちそうである。

JRAのFacebookは1997年メジロドーベル。
牝馬2冠 ⇒ ジュエラー(桜花賞)
10番ビッシュ
人気の2頭が対象。

10/14のFacebook レディアルバローザ 馬体重連続466キロ
466キロデビューで2戦連続した08番デンコウアンジュよりも、
ケイアイファーム ロードホースクラブ キングカメハメハ産駒という要素から
出目入りの01番エンジェルフェイスを穴候補として指名。
ジュエラーとのゾロ目含みには注意したい。

10/16施行の秋華賞は
11年 2-1(04-01-12) 人気02-07-01
05年 5-3(10-05-11) 人気02-01-05
 2番人気が1着、1番人気が2or3着

過去傾向からは、
●社台グループ生産 8-6-7
 社台生産以外の勝ち馬はメイショウマンボとカワカミプリセスで2頭ともオークス馬。
 今年の社台生産
 02番ジュエラー(社台ファーム)
 03番パールコード(社台ファーム)
 04番パーシーズベスト(ノーザンファーム)
 05番レッドアヴァンセ(ノーザンファーム)
 07番ヴィブロス(ノーザンファーム)
 10番ビッシュ(ノーザンファーム)
 15番カイザーバル(社台ファーム)
 16番ダイワドレッサー(社台ファーム)
 18番キンショーユキヒメ(社台ファーム)
 
●前走4着以内 9-9-7 連対候補はほぼ前走4着以内
  04番07番08番09番10番11番13番14番15番16番17番18番
●前走の着差 0.2秒以内の勝ち負け 9-8-5
  09番13番14番15番16番17番18番
●前走4番人気以内 10-5-7 
  01番02番03番05番07番10番13番14番18番
上記をすべてクリアしているのは条件戦からの参加の13番14番18番だが、
条件戦参加は、前走1番人気1着以外はきていないことから
14番ミエノサクシードが穴候補として浮上する。

内から01番02番10番14番が軸候補、
押さえに03番04番05番07番08番15番を。

続きを読む "第21回秋華賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.10

第48回京都大賞典 見解

出目からは昨年の1着馬10番ラブリーデイと裏番で今年の1番人気馬01番キタサンブラックが有力。
04番、06、08番、05番へ。

続きを読む "第48回京都大賞典 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.09

第67回毎日王冠 見解

同レース2連覇中の武豊が騎乗する前年2着の05番ディサイファが鍵馬。
また、出目からは10番ルージュバック07番アンビシャス、02番ステファノス、
加えて8枠が注目枠となる。
10番ルージュバックと安田記念を制した09番ロゴタイプが同居する7枠が1番手
相手に鍵馬05番デサイファと02番ステファノスに大外12番ロサギガンティア。
押さえに人気の07番アンビシャス、11番ウインフルブルーム、03番クラレントを。

続きを読む "第67回毎日王冠 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.02

第50回スプリンターズステークス 見解

高松宮記念から1着馬を含めて馬券対象馬が2頭出ていた年のスプリンターズSは、高松宮記念1着馬が1着となっている。
Facebookのダイタクヤマトは、前走のトライアル、セントウルステークスで7番人気7着。
セントウルSと同じ15番でスプリンターズSを制しているが、高松宮記念1着馬01番ビッグアーサーも前走のセントウルSを1番人気1着、今回と同じ01番で出走している。
この2点から、人気の01番ビッグアーサーを軸として推したい。
相手には01番裏番で中山巧者16番ネロ。こちらは大外でダイタクヤマトと同じ16番。
昨年のスプリンターズS2着裏番配置で、高松宮記念2着の15番ミッキーアイルの同枠でもあり、重賞連続2連対の上昇度からも注目。
年内で芝1200m重賞or準オープンの勝利がある02番ブランボヌール、04番ソルヴェイグ、11番ダンスディレクター、13番レッドファルクスを馬券対象上位とみる。
穴筆頭で、前走キーンランドSで今回と同じ12番で3番人気3着だった12番レッツゴードンキ。
押さえに芝1200mG1の関連馬08番サクラゴスペル、15番ミッキーアイル、07番スノードラゴンを。

続きを読む "第50回スプリンターズステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »