« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016.12.25

第61回有馬記念 見解

天皇賞春、JCに続き、01番配置となった01番キタサンブラック武豊。
昨年の有馬記念、今年の宝塚記念と同じポジションの16番マリアライト。
内外01番目にポイントとなる馬が配置された。
昨年の勝ち馬02番ゴールドアクターが01番キタサンブラックの同枠。
2着馬06番サウンズオブアースの裏番11番にサトノダイヤモンド。
この内外01番06番の4頭を中心に馬券を購入したい。

JRAのFacebookは93年トウカイテイオー。
 馬番:04番ヤマカツエース
 人気:4番人気⇒06番サウンズオブアース
 前年有馬記念11着⇒15番アルバート
昨年2着のサウンズオブアースは相手候補だが、中山巧者04番ヤマカツエース、グランプリ馬の同枠裏番15番アルバートも穴目で狙いたい。

25日クリスマス有馬記念。
11年09番オルフェーブル 牡3歳 1番人気
05年10番ハーツクライ  牡4歳 4番人気
94年11番ナリタブライアン牡3歳 1番人気
88年10番オグリキャップ 牡3歳 2番人気
人気の3歳馬が勝ち馬という傾向から11番サトノダイヤモンドを頭候補。
グランプリ3着続きのキタサンブラックを3着とみて、1着3着固定の3連単流しも一考。

続きを読む "第61回有馬記念 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

第68回朝日杯フューチュリティステークス 見解

牝馬が2頭参戦。
1番人気の押された13番ミスエルテの取捨が鍵。
先週の阪神JFをフランケル産駒が制したことから、低レベルのメンバーの中押し出された人気になっていると思える。ここは押さえの一角としたい。

共通出目はデイリー杯2歳Sで逃げ粘ち2着の04番ボンセルヴィーソ。
近年の傾向からベゴニア賞の17番サトノアレスの2頭を軸としたい。
相手にG2勝ちの10番モンドキャンノと札幌デビューで無敗の15番レッドアンシェル、
前走サウジアラビアRC2着の08番ダンビュライト、06番クリアザトラック。
押さえに13番05番11番16番まで。

JRAのFacebookの広島カープ、武豊から赤枠の3枠がポイント。
ここを軸に勝負するのも一考。
神ってるから、05番タガノ“アシュラ”、17番サトノ“アレス”という読みもありか?

続きを読む "第68回朝日杯フューチュリティステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.11

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ 見解

JRAのFacebookは06年ウォッカ。
 馬番→02番ソウルスターリング
 騎手→四位洋文:09番ジャストザマリン
 04番人気→11番ジューヌエコール
 1勝重賞未参戦→03番05番09番15番

12月11日施行の2011年の1着馬ジョワドヴィーヴルが新馬勝利のみで04番人気だったこともあり、デイリー杯1着の11番ジューヌエコールを狙いたい。
18番リスグラシュー、02番ソウルスターリング、04番レーヌミノルを相手に、01番09番17番を押さえで。

続きを読む "第68回阪神ジュベナイルフィリーズ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.04

第17回チャンピオンズカップ 見解

中京に移って3年目のチャンピオンズカップ。
過去2年はいずれも2枠04番が馬券になっている。
前年出目の04番01番02番には注意が必要。
中心はダート無敗6連勝中の02番アウォーディー。
Facebook 2007年ヴァーミリアン
 騎手:武豊⇒02番アウォーディー
 厩舎:石坂正⇒15番モーニン
 人気:1番人気⇒02番アウォーディー
 馬番:07番ラニ
 前走:JBCC1着⇒02番アウォーディー
02番アウォーデイーに指示が集まっている。
昨年2着3着馬が同居した5枠09番ノンコノユメと08番サウンドトゥルー、
フェブラリーS1着馬モーニンが同枠でアウォーデイーの裏番の14番アポロケンタッキー、2枠と同じブライト馬名のセットされた7枠12番ゴールドドリームが相手。
押さえに04番05番06番11番15番までを。

続きを読む "第17回チャンピオンズカップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

第50回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス 見解

前年1着03番アルバート、2着13番カムフィーが出走。
中心は03番アルバート。
相手に06番0708番13番。

続きを読む "第50回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »