« 第65回日経賞 見解 | トップページ | 第24回マーチステークス 見解 »

2017.03.26

第48回高松宮記念 見解

昨年は1~3番人気で上位人気通りで決着した高松宮記念。
今年はメンバーを一新して、新たなスタートとなりそう。
昨年からの指示継承馬は11番スノードラゴンと03番レッツゴードンキの2頭。
9歳馬スノードラゴンの同枠でオーシャンSを制した12番メラグラーナが最有力馬となる。
上記2頭は共通出目の後押しもあり、馬券からは外せない。
スプリンターズSで馬券対称だった07番レッドファルクスと13番ソルヴェイグ。
レッドファルクスは得意の中京コースで休み明けにも良績があり、ソルヴェイグも上昇度を考慮すると積極的に買ってみたい馬である。
G1影響力の指示がある上記4頭を上位とみる。
次候補で09番14番、押さえに02番06番11番17番までを組み合わせで。

FBは2012年のカレンチャン
 5枠10番:クリスマス
 5歳牝馬:03番レッツゴードンキ/12番メラグラーナ
 前年スプリンターズS1着:07番レッドファルクス
 前走:オーシャンS1番人気:12番メラグラーナ
 

【高松宮記念】中京11R
07年 1名8 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 4-8(08-17-11) 内11番外08番※内外08番
08年 1名10 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 2-5(04-10-01) 
09年 2名6 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 7-2(13-04-02) 内04番
10年 2名6 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 3-8(06-17-16) ※準ゾロ目
11年 2阪2 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 2-4(04-08-06)
12年 1名8 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 5-8(10-17-01)
13年 2名6 11R G1国指 芝1200MA定 17頭 6-6(11-12-13) ※ゾロ目3接触
14年 2名6 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 3-8(05-17-09) 
15年 2名6 11R G1国指 芝1200MA定 18頭 2-7(04-15-16) ※内外04番
16年 2名6 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 2-3(04-06-08) 2枠内04番外15番※1間
17年 2名6 11R G1国指 芝1200MB定 18頭 
-----------------------------------------------------------

★G1記念タイトルレース ~前年有馬記念~
 09年有馬記念16頭 5-1(09-02-06)⇒10年高松宮記18頭 3-8(06-17-16) 内06番
 10年有馬記念16頭 1-4(01-07-11)⇒11年高松宮記16頭 2-4(04-08-06) 4枠
 11年有馬記念14頭 6-4(09-05-07)⇒12年高松宮記18頭 5-8(10-17-01) ×
 12年有馬記念16頭 7-3(13-06-09)⇒13年高松宮記17頭 6-6(11-12-13) 内13番
 13年有馬記念16頭 3-2(06-04-14)⇒14年高松宮記18頭 3-8(05-17-09) 3枠
 14年有馬記念16頭 2-3(04-06-14)⇒15年高松宮記18頭 2-7(04-15-16) 2内04外03番
 15年有馬記念16頭 4-5(07-09-11)⇒16年高松宮記18頭 2-3(04-06-08) ×
 16年有馬記念16頭 6-1(11-01-02)⇒17年高松宮記18頭 6枠1枠/11番01番02番/13番03番04番

★G1の出目 ~フェブラリーSとの出目
 10年フェブラ16頭 2-2(04-03-06)⇒高松宮記18頭 3-8(06-17-16) 内06番外13番
 11年フェブラ16頭 6-7(12-13-05)⇒高松宮記16頭 2-4(04-08-06) ×
 12年フェブラ16頭 8-2(16-03-10)⇒高松宮記18頭 5-8(10-17-01) 8枠内10番
 13年フェブラ16頭 1-3(02-06-10)⇒高松宮記17頭 6-6(11-12-13) 外07番
 14年フェブラ16頭 7-8(13-15-11)⇒高松宮記18頭 3-8(05-17-09) 8枠外02番
 15年フェブラ16頭 2-7(04-14-10)⇒高松宮記18頭 2-7(04-15-16) 2枠内04番外03番
 16年フェブラ16頭 7-4(14-07-04)⇒高松宮記18頭 2-3(04-06-08) 内04番外13番
 17年フェブラ16頭 2-5(03-09-10)⇒高松宮記18頭 2枠5枠/03番09番10番/05番11番12番/

★芝1200mG1

 16年スプリンターズS
 1着 7枠13番レッドファルクス(ウリウリ/ソルヴェイグ
 2着 8枠15番ミッキーアイル(ネロ/ブランボヌール)
 3着 2枠04番ソルヴェイグティーハーフ/レッドファルクス
 16年高松宮記念
 1着 2枠04番ビッグアーサー(サクラゴスペル/ローレルベローチェ)
 2着 3枠06番ミッキーアイル(スノードラゴン/エイシンブルズアイ)
 3着 4枠08番アルビアーノ(サトノルパン/レッツゴードンキ
 15年スプリンターズS
 1着 1枠02番ストレイトガール(リッチタペストリー/コパノリチャード)
 2着 2枠04番サクラゴスペル(リトルゲルダ/フラアンジェリコ)
 3着 3枠06番ウキヨノカゼ(スギノエンデバー/レッドオーヴァル)
 15年高松宮記念
 1着 2枠04番エアロヴェロシティ(ローブティサージュ/ハクサンムーン)
 2着 7枠15番ハクサンムーン(ミッキーアイル/04番エアロヴェロシティ)
 3着 8枠16番ミッキーアイル(ハクサンムーン/ロ-ブティサージュ)
 14年スプリンターズステークス
 1着 8枠18番スノードラゴン(サンカルロ/アースソニック)
 2着 5枠09番ストレイトガール(マヤノリュウジン)
 3着 7枠13番レッドオーヴァル(グランプリボス/コパノリチャード)
 14年高松宮記念
 1着 3枠05番コパノリチャード(リアルインパクト/レディオブオペラ)
 2着 8枠17番スノードラゴン(マヤノリュウジン/サクラゴスペル)
 3着 5枠09番ストレイトガール(シルクフォーチュン)

■過去10年間馬券対象馬前走成績
  1着        2着        3着       
16年シルクロ 05着(01) 阪急杯  01着(01) オーシャ 05着(01)
15年チェアマ 02着(--) オーシャ 02着(01) 阪急杯  02着(04)
14年阪急杯  01着(02) オーシャ 02着(11) シルクロ 01着(02)
13年阪急杯  01着(01) シルクロ 01着(02) オーシャ 09着(03)
12年オーシャ 04着(01) 阪急杯  03着(01) シルクロ 01着(01)
11年オーシャ 02着(02) 阪急杯  01着(04) シルクロ 02着(14)
10年オーシャ 01着(02) 阪急杯  07着(01) 阪急杯  01着(02)
09年阪急杯  02着(03) スプリン 01着(01) オーシャ 04着(08)
08年シルクロ 01着(03) 阪急杯  06着(02) 阪急杯  02着(01)
07年阪急杯  03着(02) 中山記念 13着(12) 阪急杯  01着(03)
06年阪急杯  03着(01) 阪神牝馬 04着(01) オーシャ 09着(05)
05年阪急杯  04着(02) 阪急杯  01着(07) シルクロ 01着(01)
 阪急杯  4-5-4-39 14番トーキングドラム/15番ヒルノデイバロー/
           09番シュウジ/
 オーシャ 3-2-3-59 12番メラグラーナ/17番ナックビーナス/
           10番クリスマス/08番バクシンテイオー/
           11番スノードラゴン/16番トウショウピスト/
           05番レッドアリオン/
 シルクロ 2-1-3-17 06番セイウンコウセイ/04番ラインスピリット/
           13番ソルヴェイグ/
 香港スプ 0-0-0-02 07番レッドファルクス/
 京都牝馬 0-0-0-02 03番レッツゴードンキ/18番ワンスインナムーン/
 京都金杯 0-0-0-01 02番フィエロ/
 
■人気傾向
 01番人気 4-1-3 07番レッドファルクス
 02番人気 1-2-1 12番メラグラーナ
 03番人気 3-1-3 03番レッツゴードンキ
 04番人気 2-1-0 09番シュウジ
 05番人気 0-1-0 06番セイウンコウセイ
 06番人気 0-2-0 13番ソルヴェイグ
 08番人気 0-1-0 18番ワンスインナムーン
 10番人気 0-0-1 14番トーキングドラム
 11番人気 0-0-1 17番ナックビーナス
 13番人気 0-1-0 04番ラインスピリット
 15番人気 0-0-1 16番トウショウピスト

|

« 第65回日経賞 見解 | トップページ | 第24回マーチステークス 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/65067433

この記事へのトラックバック一覧です: 第48回高松宮記念 見解:

« 第65回日経賞 見解 | トップページ | 第24回マーチステークス 見解 »