« 第22回NHKマイルカップ 見解 | トップページ | 第78回優駿牝馬 見解 »

2017.05.14

第11回ヴィクトリアマイル 見解

古馬牝馬G1の資格継承馬は、11番ミッキークイーンと08番クイーンズリング。
サポート馬として12番ウキヨノカゼと02番スマートレイアーが対象。

上記から11番ミッキークイーンが有力。
また08番クイーンズリングと同枠でミッキークイーンの裏番の07番ルージュバックまでが軸候補。
相手に02番、04番、05番、押さえに03番01番09番14番を。

JRAのFacebookは08年エイジアンウインズ。
 馬番06番:アスカビレン
 05番人気:08番クイーンズリング
 前走:阪神牝馬S1着11番ミッキークイーン
 社台ファーム生産:01番アットザシーサイド/08番クイーンズリング


【ヴィクトリアマイル】東京11R
06年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MA定 18頭 1-8(01-18-13)※内外01番カブ目
07年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MA定 18頭 2-2(04-03-16)※内外03番ゾロ目
08年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MA定 18頭 3-5(06-09-02)
09年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 3-1(06-02-01) 3枠内02番06番外13番17番※準ゾロ目
10年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 6-1(11-02-10) 1枠内02番※11番取消
11年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 17頭 8-7(16-13-04) 
12年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 6-8(12-16-01) 8枠内16番
13年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 6-4(11-08-01) 6枠内01番外18番※15番中止
14年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 7-2(14-04-01) 内01番外18番
15年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 3-4(05-07-18) 
16年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 18頭 7-5(13-10-15) 
17年 2東8 11R G1牝国指 芝1600MB定 17頭 
---------------------------------------------------------

★女王つながりで同年クイーンCの出目
 10年クイーン16頭 5-5(09-10-01)→ヴィクト18頭 6-1(11-02-10) 内10番外08番
 11年クイーン16頭 5-2(09-04-10)→ヴィクト17頭 8-7(16-13-04) 内04番
 12年クイーン16頭 5-6(09-12-03)→ヴィクト18頭 6-8(12-16-01) 6枠内12番
 13年クイーン15頭 8-3(15-04-02)→ヴィクト18頭 6-4(11-08-01) ×※内外08番
 14年クイーン16頭 3-1(06-02-14)→ヴィクト18頭 7-2(14-04-01) 内14番
 15年クイーン16頭 3-7(06-14-11)→ヴィクト18頭 3-4(05-07-18) 3枠
 16年クイーン16頭 3-1(06-02-03)→ヴィクト18頭 7-5(13-10-15) ×
 17年クイーン16頭 8-6(15-11-06)→ヴィクト17頭 8枠6枠/15番11番06番/16番12番07番

 

★古馬牝馬G1
 14年エリザベス女王杯  18頭 1-3(01-05-15)
  1着ラキシス     川田将雅 角居勝彦(フーラブライド/アロマティコ)
  2着ヌーヴォレコルト 岩田康誠 斎藤誠 (メイショウマンボ/サングレアル)
  3着ディアデラマドレ 藤岡康太 角居勝彦(スマートレイアー/オメガハートロック)
 15年ヴィクトリアマイル 18頭 3-4(05-07-18)
  1着ストレイトガール 戸崎圭太 藤原英昭(ディアデラマドレ/ウエスタンメルシー)
  2着ケイアイエレガント吉田豊  尾形充弘(バウンスシャッセ/アルマディヴァン)
  3着ミナレット    江田照男 大和田成(ショウナンパンドラ/タガノエトワール)
 15年エリザベス女王杯  18頭 6-8(12-18-08)
  1着マリアライト   蛯名正義 久保田貴(ウインリバティ/シャトーブランシュ)
  2着ヌーヴォレコルト 岩田康誠 斎藤誠 (シュンドルボン/パワースポット)
  3着タッチングスピーチルメール 石坂正 (シャトーブランシュ/ウインリバティ)
 16年ヴィクトリアマイル 18頭 7-5(13-10-15)
  1着ストレイトガール M.デム 吉村圭司(ウキヨンカゼ/マジックタイム)
  2着ミッキークイーン 浜中俊 池江泰寿(カフェブリリアント)
  3着ショウナンパンドラ池添謙一 高野友和(シュンドルボン/ウリウリ)
 16年エリザベス女王杯 18頭 2-5(03-09-01)
  1着クイーンズリング M.デム 吉村圭司(マリアライト/プリメラアスール
  2着シングウィズジョイルメール 友道康夫(タッチングスピーチ/マキシマムドパリ)
  3着ミッキークイーン 浜中俊 池江泰寿(パールコード)  
 

★東京芝1600mG1
 12年NHKマ18頭 3-8(05-17-12) 
 12年ヴィクト18頭 6-8(12-16-01) 6枠内12番外07番
 12年安田記念18頭 2-2(04-03-08) ※ゾロ目
 13年NHKマ18頭 4-8(08-17-12) 内08番外11番
 13年ヴィクト18頭 6-4(11-08-01) 4枠内08番外11番
 13年安田記念18頭 5-1(10-02-16) 
 14年NHKマ18頭 5-1(10-02-01) 1枠5枠内02番10番外09番17番
 14年ヴィクト18頭 7-2(14-04-01) 内01番外18番
 14年安田記念17頭 5-6(10-12-11) ※準ゾロ目3接触
 15年NHKマ18頭 4-5(07-09-12) 5枠内12番外07番※内外07番
 15年ヴィクト18頭 3-4(05-07-18) 4枠内07番外12番
 15年安田記念17頭 3-7(06-13-12) 外12番※内外06番
 16年NHKマ18頭 2-3(04-05-18) 3枠
 16年ヴィクト18頭 7-5(13-10-15) 
 16年安田記念12頭 5-6(06-08-10) 5枠内10番
 17年NHKマ18頭 8-7(16-14-06) 8枠7枠/16番14番06番/15番13番05番
  
 
■過去10年間馬券対象馬前走成績
  1着        2着        3着       
16年阪神牝馬 09着(03) 阪神牝馬 02着(01) 産経大阪 02着(01)
15年高松宮記 13着(01) 京都牝馬 01着(09) 福島牝馬 05着(14)
14年阪神牝馬 11着(05) 産経大阪 07着(03) 高松宮記 03着(01)
13年産経大阪 06着(04) 阪神牝馬 14着(06) 福島牝馬 02着(03)
12年中山牝馬 05着(02) 中山牝馬 11着(04) 阪神牝馬 02着(02)
11年マイラー 04着(04) DWC  08着(--) 中山牝馬 01着(10)
10年DSG  02着(--) 阪神牝馬 13着(03) 中山牝馬 01着(04)
09年DDF  07着(--) 福島牝馬 01着(07) 卯月S  01着(10)
08年阪神牝馬 01着(05) DDF  04着(--) 阪神牝馬 02着(01)
07年ダービー 02着(09) 阪神牝馬 08着(02) ダービー 06着(06)
 阪神牝馬 3-4-2-52 11番ミッキークイーン/05番アドマイヤリード/
           03ジュールポレール/01番アットザシーサイド/
           13番ヒルノマテーラ/16番クリノラホール/
           08番クイーンズリング/ 
 高松宮記 1-0-1-07 14番レッツゴードンキ/04番ソルヴェイグ/
 福島牝馬 0-1-2-36 12番ウキヨノカゼ/15番フロンテアクイーン/
           10番デンコウアンジュ/17番リーサルウエポン/
 
 
■人気傾向
 01番人気 3-3-0 11番ミッキークイーン
 02番人気 1-0-1 14番レッツゴードンキ
 03番人気 0-1-2 07番ルージュバック
 04番人気 1-0-1 02番スマートレイアー
 05番人気 2-0-1 08番クイーンズリング
 06番人気 0-0-1 05番アドマイヤリード
 07番人気 1-1-1 03番ジュールポレール
 08番人気 0-1-1 12番ウキヨノカゼ
 09番人気 0-1-0 04番ソルヴェイグ
 11番人気 1-1-1 10番デンコウアンジュ
 12番人気 1-2-0 15番フロンテアクイーン
 18番人気 0-0-1 

|

« 第22回NHKマイルカップ 見解 | トップページ | 第78回優駿牝馬 見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29206/65276768

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回ヴィクトリアマイル 見解:

« 第22回NHKマイルカップ 見解 | トップページ | 第78回優駿牝馬 見解 »