« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019.05.26

第86回東京優駿 見解

令和最初の東京優駿。
11R施行の東京優駿は、皐月賞馬で01番人気オルフェーブルが勝った2011年以来2度目。
過去の5月26日施行のダービーは01番人気が制している点から、既定路線ならば、06番サートゥルナーリアの5連勝での二冠が濃厚です。
日米オークスを制したシーザリオの仔で、エピファネイヤ、リオンディーズといったG1馬を兄に持つ良血というのも人気を集める要素となっています。
ただ、実力的には皐月賞上位3頭に差はないようにも見受けられます。
東京コースでの重賞実績があり、早い上がりが使える07番ダノンキングリーは、昨年1番人気で06着に敗退したダノンプレミアムと同馬主。巻き返して前年の雪辱というストーリーに加えて、オークス馬のラブズオンリーユーと同じディープインパクト×ストームキャットの配合ということも後押しの要素となります。
01着は、この2頭のいずれかだと思いますが、両雄並び立たずという過去の傾向から、3強以外の馬が飛び込んでくることを期待しています。
連下の狙いは、穴で父と母父がともにダービー馬の14番ランフォザローゼス、10番クラージュゲリエ、16番タガノディアマンテ。
加えて青葉賞、京都新聞杯連対組の15番、11番、01番を押さえで。

Facebbok
1987年 メリーナイス
馬番:08番メイショウテンゲン
4番人気:12番アドマイヤジャスタ
前走:皐月賞08番人気⇒04番サトノルークス
毛色:栗毛⇒16番タガンディアマンテ
2歳G1:06番サートゥルナーリア
戦歴:キャリア7戦3勝馬⇒09番ニシノデイジー

続きを読む "第86回東京優駿 見解"

| | コメント (0)

2019.05.19

第80回優駿牝馬 見解

桜花賞馬不在のオークス。
過去桜花賞馬不在のオークスは全て桜花賞敗退馬がオークスを制しています。
 2016年桜花賞2着2番人気 当日1番人気
 2007年桜花賞4着9番人気 当日5番人気
 2005年桜花賞2着1番人気 当日1番人気
 2002年桜花賞6着4番人気 当日4番人気
桜花賞1桁着順、1桁人気の馬が勝ち馬になっていいますが、該当馬は下記6頭で、当日5人気以内はそのうち3頭が対象となります。
 02番クロノジェネシス  3着3番人気 
 08番ダノンファンタジー 4着1番人気
 16番ビーチサンバ    5着4番人気
 ------------------------------------
 11番シゲルピンクダイヤ 2着7番人気 
 05番エールヴォア    7着8番人気
 04番シェーングランツ  9着6番人気
2016年のシンハライト以外は1800mオープンでの連対実績があった点を重視すると、02番クロノジェネシスが軸馬として最適です。先週ヴィクトリアマイルを制したノームコアの妹であることも後押しの要素となります。
相手には桜花賞とフローラで上位入線している4枠と6枠の4頭と無敗の13番。
押さえに03番16番と同枠01番と裏番17番を。

JRA faebookは2010年アパパネ、サンテミリオンの1着同着。
馬番:17番メイショウラブ/18番フィリアープラ
人気:01番人気⇒13番ラヴズオンリーユー/05番人気⇒07番シャドウディーヴァ
厩舎:国枝栄⇒10番カレンブーケドール/
前走:フローラS01着⇒12番ウィクトーリア/
馬主:金子真人H⇒16番ビーチサンバ/
※ゾロ目内外02番

続きを読む "第80回優駿牝馬 見解"

| | コメント (0)

2019.05.12

第14回ヴィクトリアマイル 見解

1番人気の06番ラッキーライラックが4倍台で上位5頭が10倍以内、10番人気の08bデンコウアンジュでも20倍と人気分散傾向のヴィクトリアマイルです。
マイルG1の馬券対象馬は、下記5頭。
 06番ラッキーライラック(阪神JF01着/桜花賞02着)
 08番デンコウアンジュ(ヴィクトリアM02着)
 11番アエロリット(NHKマイル01着/安田記念02着)
 14番レツゴードンキ(桜花賞01着)
 16番ソウルスターリング(阪神JF01着/桜花賞03着)
東京マイルG1で実績のある2頭が内外08番目に配置されている点がポイントとなります。
人気の11番アエロリットと人気薄の08番デンコウアンジュが狙い。
東京マイル重賞で古馬連対実績のある02番レッドオルガ、世代限定線で勝利したことのある、06番ラッキーライラック、18番フロンテアクイーン3頭が上記の相手候補。
押さえに阪神牝馬S上位人気組から15番カンタービレ、07番ミッキーチャーム、今期古馬混合マイル重賞実績のある09番プリモシーン、10番ミエノサクシードを。
NHKマイルの出目を継ぐ場合は、10番と18番が穴目をなります。

JRAのFacebookはこのレースを連覇した16年ストレイトガール
 馬番:13番⇒サトノワルキューレ
 人気:07番人気⇒15番カンタービレ
 性齢:7歳牝馬⇒14番レッツゴードンキ
 騎手:戸崎圭太⇒03番クロコスミア
 調教師:藤原英昭⇒02番レッドオルガ
 馬主:廣崎利洋HD⇒14番レッツゴードンキ
 前走:阪神牝馬03番人気⇒02番レッドオルガ
 前年:05番人気⇒16番ソウルスターリング
ここからは、14番レッツゴードンキや02番レッドオルガが狙いです。

続きを読む "第14回ヴィクトリアマイル 見解"

| | コメント (0)

2019.05.05

第24回NHKマイルカップ 見解

令和最初のG1はNHKマイルカップ。
桜花賞を圧勝した07番グランアレグリアが抜けた1番人気。
2歳G1でグランアレグリに先着した皐月賞04着の17番アドマイヤマーズが2番人気とG1勝ち馬2頭が人気を集めています。
これら2頭を軸とする場合は、等間隔の12番ワイドファラオ、03番ダノンチャーサーとの馬券がフォーカスとなりますが、人気の03番との組み合わせは3連単マルチの押さえ、12番との組み合わせが儲け馬券となります。
これらはいずれも先行脚質の2頭なので、本音は差し脚鋭い東京コース向きの人気薄馬の台頭を期待したいところです。
新潟2歳1着の18番ケイデンスコールやニュージーランドT3着の15番ヴィステルバッハ、アーリントンC2着の10番カテドラル、京王杯2歳2着、朝日杯FS4着の13番ファンタジスト、アーリントンC3着の16番トオリヤセイトが狙い。
押さえに08番ヴァルディゼール、02番プールヴィルを。

Facebookは大穴馬券となった2007年ピンクカメオ
馬番:14番⇒ハッピーアワー
人気:17番人気⇒09番ミッキーブラック
前走:桜花賞⇒07番グランアレグリア/02番プールヴィル/
性齢:牝馬⇒07番グランアレグリア/04番イベリス/02番プr-ルヴィル/
騎手:内田博幸⇒12番ワイドファラオ/
決まり目:14-10-18(3間)

続きを読む "第24回NHKマイルカップ 見解"

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »