« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019.10.26

第160回天皇賞(秋) 見解

天皇賞秋は「天皇陛下御即位慶祝」競走として施行されます。
今年は中山記念が「天皇陛下御在位30年慶祝」競走として行われ、今回天皇賞秋に出走する芦毛の15番ウインブライトが制しました。馬券は1-3の紅白馬券でした。
上位2頭が人気を集めて、2番人気と3番人気が同じ5枠同居するという出馬表から上位3頭での決着は十分考えられますが、攻めるならこの15番含みの馬券。
この馬が来ない場合は、裏番02番アーモンドアイか同枠16番アルアインが絡むとみています。

人気を集める02番アーモンドアイの減点材料は安田記念直行のルート。
過去30年遡っても勝った馬はおらず、10頭が出走し、2着馬と3着馬が1頭ずついるのみ。昨年1番人気のスワーヴリチャードが安田記念3着からの直行で10着敗退だったことを考えると嫌な材料です。
10番サートゥルナーリアの買った神戸新聞杯からは、シンボリクリスエスとディープスカイの2頭がいますが、いずれも東京優駿で連対した実績がありました。東京優駿で4着に敗退し、東京コースで実績のないサートゥルナーリアは危険な感じがします。

天皇賞の資格継承でみるならば、昨年1番人気で敗退した04番スワーヴリチャードが気になる存在です。昨年は1着同枠2着裏番で馬券のフォーカスとなっていました。馬番04番は東京優駿2着、アルゼンチン共和国杯1着と東京コースで連を外していません。

平成元年の天皇賞は春・秋ともに武豊が勝利。
今年の春はルメール騎乗のフィエールマンが勝利していますので、安田記念直行実績と反しますが、02番アーモンドアイは1着も含めて馬券が必要になります。
武豊騎乗馬は08番マカヒキ。3頭出しの友道厩舎金子真人Hの1頭ですが、こちらは萎んだディープ産駒ということで軽視しています。友道厩舎では3着候補として06番ユーキャンスマイルを。

勝負馬券は04番と15番から入りたいと思います。

続きを読む "第160回天皇賞(秋) 見解"

| | コメント (0)

2019.10.20

第80回菊花賞 見解

牝馬三冠戦に引き続き、皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞です。
注目は皐月賞2着、東京優駿3着の13番ヴェロックスですが、秋華賞のクロノジェネシスと同パターンで頭に来るかどうかは微妙なところ。
馬券の軸としては機能しそうなので、三連複のゾロ目含みが狙いでしょう。
トライアル1着馬が不在の年は、夏の上がり馬に注目。
ヴェロックスの同枠15番ホウオウサーベルは2年連続で馬券になっている阿賀野川特別1着馬でもあり注目の1頭。近3年外国人騎手が勝利していることからスミヨン騎乗の07番ヒシゲッコウやデムーロ騎乗の10番カウディリーヨがフォーカスとなります。
穴人気ですが、皐月賞2着馬同枠、ダービー2着馬裏番の01番ザダルの2着付け馬券や3番人気02番ニシノデイジーの3着付け馬券を押さえで少々。
JRAのFBは2009年スリーロールス
 1-2(01-03-12)/人気08番07番06番
馬番:01番ザダル
08番人気:14番サトノルークス
前走:1000万特別戦1着→03番/07番/10番15番
同一種牡馬1、2着:02番11番、03番13番、05番14番18番、
         07番09番、08番17番、10番12番

続きを読む "第80回菊花賞 見解"

| | コメント (0)

2019.10.13

第24回秋華賞 見解

牝馬クラシック最終戦の秋華賞は桜花賞馬、オークス馬不在で行われます。2002年以来2度目となりますが、2002年は良血ファインモーションがローズSから参戦して1番人気を背負って無敗で秋華賞を勝っています。
1番人気は前哨戦ローズSを勝った01番ダノンファンタジー。
02番メイショウショウブの出走取消で同枠01番ダノンファンタジーと裏番17番エスポワールの人気のノーザンファーム生産馬2頭には注意が必要ですが、ダノンファンタジーはクラシック本番ではいずれもゴール前で甘さが出て敗退しています。エスポワールも休み明けで2勝クラスからの参戦ということで頭には押しにくい馬です。
ここは、桜花賞、オークスとどちらも馬券に絡んだ05番クロノジェネシスに食指が動きます。
秋華賞は桜花賞とのつながりが強いレースです。
2着馬14番シゲルピンクダイヤと3着馬05番クロノジェネシスが内外05番に配置されたことがポイントで、4番人気と11番人気ですが、この2頭がねらい目です。
相手は上記01番17番に加えて08番カレンブーケドールと11番フェアリーポルカ。
押さえに03番、09番とディープインパクト産駒13番15番までを。
◆10/13施行の秋華賞
 2013年 8-1(16-01-13) 人気03-02-15
 2002年 6-8(12-18-04) 人気01-03-07
また、過去傾向から重視するポイントは下記の通り。、
●社台グループ生産 9-6-6 
  01番03番05番07番08番09番10番11番12番13番15番16番17番18番
●前走4着以内 10-8-8 連対候補はほぼ前走4着以内
  01番03番04番05番07番08番11番13番14番16番17番18番
●前走の着差 0.2秒以内の勝ち負け 8-6-7
  01番07番08番11番13番14番16番18番
●前走4番人気以内 10-7-6 
  01番03番05番08番13番14番15番16番17番18番
●前走重賞競走 9-8-8
  01番05番06番07番08番09番10番11番12番14番15番16番
上記をすべてクリアしているのは01番08番16番の3頭です。

 

続きを読む "第24回秋華賞 見解"

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »