カテゴリー「ギャンブル」の1344件の記事

2017.11.19

第34回マイルチャンピオンシップ 見解

マイルGIの影響馬12番イスラボニータ、05番サトノアラジンの2頭が鍵。
いずれも年内のマイル重賞1着歴があり、有力馬となります。
ただマイル戦線は世代の入れ替わり時期でもあり、鞍上にムーアを迎えた11番エアスピネルや、気薄の京都巧者06番ダノンメジャーが軸や穴で面白いと思います。

11月19日施行のマイルチャンピオンシップの出目から10番07番16番。
年内マイル重賞1着歴のある10番クルーガーと16番ウインガニオンが穴の狙い目。

JRAのfacebookは2005年ハットトリック。
馬番⇒05番サトノアラジン
前走天皇賞秋⇒05番サトノアラジン
京都金杯1着⇒11番エアスピネル
03番人気⇒07番レッドファルクス
京都マイル連対率100%⇒11番エアスピネル
前走7着⇒14番ガリバルディ
4歳牡馬⇒11番エアスピネル
外国人騎手⇒01番07番10番11番12番18番

軸は11番12番
相手に05番10番16番06番
押さえに03番04番07番13番16番18番

続きを読む "第34回マイルチャンピオンシップ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.12

第53回福島記念 見解

11年移行6年連続で前年出目を継承。
3年連続で01番が馬券になっていて、唯一牝馬の01番プリメラアスールには注意が必要。
前年出目の03番ウインブライト、13番スズカデヴィアスも馬券対象ととなります。
人気の16番サンマルティンも唯一牝馬01番の裏番のノーザンファーム生産という点から有力で、同枠15番フルーキーも上位実績から狙ってみたい馬です。
福島巧者の07番フェルメッツァも実績から軸候補の1頭。
押さえに04番08番11番を。

続きを読む "第53回福島記念 見解 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第42回エリザベス女王杯 見解

過去の11月12日施行エリザベス女王杯を振り返ってみると、ゾロ目や内外対称での決まり目が多く、降着があったり、人気薄の台頭も目立っていて、波乱要素が多くなっています。

2006年 8-4(15-08-11) 人気07-02-04 ※内外08番 16番1着⇒12着降着14番取消
2000年 1-1(02-01-14) 人気03-01-10 ※ゾロ目
1995年 4-4(07-08-04) 人気10-05-02 ※ゾロ目
1989年 3-7(06-17-08) 人気20-10-14 ※最低人気馬勝利

FBは2008年リトルアマポーラ。
馬番:16番ヴィブロス
騎手:ルメール⇒16番ヴィブロス
生産者:社台C白老F⇒13番ジュールポレール
3歳:05番06番11番
クイーンC1着⇒14番ウキヨノカゼ
ルメール騎乗の1番人気16番ヴィヴロスへの指示とみる場合、17番ルージュバックとのゾロ目含みが有力です。
秋華賞敗退の3歳馬という視点で見ると、3枠のゾロ目含みも一考。

昨年の1着馬07番クイーンズリング3着馬10番ミッキークイーン、2015年の3着馬08番タッチングスピーチの3頭が、牝馬G1戦線の資格継承馬としての相手候補。

ゾロ目、内外対称含みで、上記の馬から穴目を期待した馬券を購入したいと思います。

続きを読む "第42回エリザベス女王杯 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.11

第22回東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス

22回ゾロ目開催。出目の流れからはゾロ目または内外対称の馬券が狙い。
フェブラリS上位の16番カフジテイク、12番ベストウォーリアの外枠勢が中心。
相手に02番05番06番08番10番13番14番を。
1番人気同枠で前走ブラジルC1着の05番メイショウウタゲは05-12の内外05-06ゾロ目の穴目で狙ってみたい。

続きを読む "第22回東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第52回デイリー杯2歳ステークス見解

共通出目は08番カツジ
04番メガリ-ジョンと06番ヒシコスマーも出目から有力となる。
重賞勝ちの02番フロンティアとセンター配置の05番カイアイノーテック。
池江厩舎の03番ジャンダルムまでを。

続きを読む "第52回デイリー杯2歳ステークス見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.29

第156回天皇賞(秋) 見解

春の芝2000mの新G1大阪杯と天皇賞春の2つを制した07番キタサンブラック。
秋は上記の連勝でリセットされたと考えるか、秋まで統一させるかがポイントとなります。
いずれにせよ大阪杯の07番キタサンブラック-12番ステファノス-05番ヤマカツエースの内外07番含みの馬券や同目の05-04-13は押さえたい馬券です。

もうひとつの狙いは菊花賞の出目となる7枠13番04番13番のゾロ目含みの馬券。
昨年の2着馬04番リアルスティールを含んだ毎日王冠上位の組み合わせで押さえで一考。

07番キタサンブラック軸で穴狙いの線と7枠ゾロ目or裏表含みの線の2本立てで臨みたいと思います。

JRAのFBは2001年アグネスデジタル。
10番:ミッキーロケット
4歳牡馬G11着歴:15番マカヒキ。
マイルG11着歴:09番ソウルスターリング/14番サトノアラジン

10月28日の天皇賞秋
 12年6-2(12-04-06) 人気05-01-02 前走:毎日王冠09着(02番人気)
 07年1-5(01-09-06) 人気01-07-06 前走:宝塚記念02着(02番人気)
 01年7-5(10-06-02) 人気04-01-02 前走:南部杯 01着(01番人気)
 90年4-4(07-08-06) 人気03-05-04 前走:宝塚記念03着(04番人気)

いずれも06番が馬券に絡んでいる点から大穴は重巧者の06番ディサイファを。

続きを読む "第156回天皇賞(秋) 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.28

第6回アルテミスS見解

過去5回では1番人気or2番人気が連対中。
軸候補は、14番トーセンブレスか13番ラッキーライラックとなるが、
新馬同士の馬券決着はなく、複数競争の経験馬が過去傾向では優勢。
01番05番07番08番11番は馬券候補としては割引となる。
14番-02番、13番-03番と相手は2枠が中心で、13番-12番のゾロ目含みも狙いとなる。
これらの三連複の相手に09番とセンター配置の08番。
あとは新馬勝ちの01番07番11番を押さえで。
出目から14番軸の馬券を厚めに購入したい。

続きを読む "第6回アルテミスS見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.22

第78回菊花賞 見解

今年の菊花賞は16番アルアインが鍵となりそうです。
クラシックの戦歴は皐月賞1着、東京優駿5着(1着裏番)。
ドバイマジェスティの仔という良血で池江厩舎所属。
道悪での勝利経験もあり、鞍上もルメールということで軸として有力です。
菊花賞の8枠はプラチナヴォイスやマイスタイルといったクラシックで馬券対象馬の同枠配置だった馬が同居していて、アルアインのサポート役となっているように見えます。
もう一つの注目点は、クラシック両レースの3着が音無秀孝厩舎で、
皐月賞3着の15番ダンビュライトが東京優駿で3着裏番配置だったこと。
3着候補はダンビュライトの15番と裏番04番同枠13番14番と、
もう1頭の音無厩舎所属馬03番と裏番16番がフォーカスとなります。
また皐月賞、東京優駿とも2番人気3番人気が馬券になっている点から、2着候補として13番キセキや12番ミッキースワローのいずれかが来るのではと考えています。
皐月賞、東京優駿で馬券になっているM.デムーロ騎乗の13番キセキがより有力でしょうか。
押さえは、上記に加えて10番08番11番06番05番02番と幅広く。


アルアインが馬券に来なかった場合、同厩舎で昨年買った里見オーナーの08番サトノアーサーと11番サトノクロニクル絡みの馬券を別線で。

JRAのFBは2005年ディープインパクト。
皐月賞馬:16番アルアイン(裏番含み統制三冠)
馬番:07番アダムバローズ
騎手:武豊15番ダンビュライト
生産者:ノーザンファーム:

続きを読む "第78回菊花賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.21

第20回富士ステークス

出目から人気の05番ペルシアンアイトが軸候補。
マイル実績で上位の11番グランシルクとの内外05番が狙いの馬券。
いずれも道悪で馬券対象になった実績があり、これら軸とした馬券が有力となる。
マイル重賞で実績のある前走で人気していた01番06番16番を相手に、
軸馬の同枠裏番04番10番とセンターの08番を。

続きを読む "第20回富士ステークス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15

第22回秋華賞 見解

オークス馬ソウルスターリングが古馬路線へ向かい、主役不在の感がある秋華賞。

近3年は、ディープインパクト産駒が1着。昨年はミスプロとの配合が上位を独占。
それ以前は、母父にノーザンダンサー系の血を持つ馬が馬券となっている。
ディープインパクト産駒は05番ブラックスピーチ、08番カワキタエンカ、16番ファンディナの3頭。

10/15施行の秋華賞は
2006年 6-8(12-16-05) 人気02-05-04
2000年 2-7(04-14-05) 人気010-07-05
 05番が3着、ローズS3着馬が3着
ローズS3着で桜花賞2着オークス5着の07番リスグラシューの3着固定が狙い。
ディープ産駒社台ファーム生産の05番ブラックスピーチが大穴

過去傾向からは、
●社台グループ生産 9-7-7 勝ち馬は下記から選びたい。
 01番アエロリロット(ノーザンファーム)
 05番ブラックオニキス(社台ファーム)
 07番リスグラシュー(ノーザンファーム)
 11番ミリッサ(ノーザンファーム)
 13番リカビトス(ノーザンファーム)
 14番ディアドラ(ノーザンファーム)
 15番ヴゼットジョリー(社台ファーム)
 17番ポールヴァンドール(ノーザンファーム)
 
●前走4着以内 9-8-8 連対候補はほぼ前走4着以内
  01番02番03番07番08番10番11番13番14番17番18番
●前走の着差 0.2秒以内の勝ち負け 8-8-6
  02番08番10番13番14番17番18番
●前走4番人気以内 10-6-7 
  01番04番07番10番12番13番14番16番17番
上記をすべてクリアしているのは条件戦からの参加の13番リカビトス、紫苑S1着の14番ディアドラ、同3着の17番ポールヴァンドール。過去の人気傾向からは14番デイアドラを狙いたい。

馬券は14番-**-07番の三連単、三連複。2着には13番17番01番02番04番06番11番16番を。

続きを読む "第22回秋華賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧