カテゴリー「ギャンブル」の1337件の記事

2017.10.22

第78回菊花賞 見解

今年の菊花賞は16番アルアインが鍵となりそうです。
クラシックの戦歴は皐月賞1着、東京優駿5着(1着裏番)。
ドバイマジェスティの仔という良血で池江厩舎所属。
道悪での勝利経験もあり、鞍上もルメールということで軸として有力です。
菊花賞の8枠はプラチナヴォイスやマイスタイルといったクラシックで馬券対象馬の同枠配置だった馬が同居していて、アルアインのサポート役となっているように見えます。
もう一つの注目点は、クラシック両レースの3着が音無秀孝厩舎で、
皐月賞3着の15番ダンビュライトが東京優駿で3着裏番配置だったこと。
3着候補はダンビュライトの15番と裏番04番同枠13番14番と、
もう1頭の音無厩舎所属馬03番と裏番16番がフォーカスとなります。
また皐月賞、東京優駿とも2番人気3番人気が馬券になっている点から、2着候補として13番キセキや12番ミッキースワローのいずれかが来るのではと考えています。
皐月賞、東京優駿で馬券になっているM.デムーロ騎乗の13番キセキがより有力でしょうか。
押さえは、上記に加えて10番08番11番06番05番02番と幅広く。


アルアインが馬券に来なかった場合、同厩舎で昨年買った里見オーナーの08番サトノアーサーと11番サトノクロニクル絡みの馬券を別線で。

JRAのFBは2005年ディープインパクト。
皐月賞馬:16番アルアイン(裏番含み統制三冠)
馬番:07番アダムバローズ
騎手:武豊15番ダンビュライト
生産者:ノーザンファーム:

続きを読む "第78回菊花賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.21

第20回富士ステークス

出目から人気の05番ペルシアンアイトが軸候補。
マイル実績で上位の11番グランシルクとの内外05番が狙いの馬券。
いずれも道悪で馬券対象になった実績があり、これら軸とした馬券が有力となる。
マイル重賞で実績のある前走で人気していた01番06番16番を相手に、
軸馬の同枠裏番04番10番とセンターの08番を。

続きを読む "第20回富士ステークス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15

第22回秋華賞 見解

オークス馬ソウルスターリングが古馬路線へ向かい、主役不在の感がある秋華賞。

近3年は、ディープインパクト産駒が1着。昨年はミスプロとの配合が上位を独占。
それ以前は、母父にノーザンダンサー系の血を持つ馬が馬券となっている。
ディープインパクト産駒は05番ブラックスピーチ、08番カワキタエンカ、16番ファンディナの3頭。

10/15施行の秋華賞は
2006年 6-8(12-16-05) 人気02-05-04
2000年 2-7(04-14-05) 人気010-07-05
 05番が3着、ローズS3着馬が3着
ローズS3着で桜花賞2着オークス5着の07番リスグラシューの3着固定が狙い。
ディープ産駒社台ファーム生産の05番ブラックスピーチが大穴

過去傾向からは、
●社台グループ生産 9-7-7 勝ち馬は下記から選びたい。
 01番アエロリロット(ノーザンファーム)
 05番ブラックオニキス(社台ファーム)
 07番リスグラシュー(ノーザンファーム)
 11番ミリッサ(ノーザンファーム)
 13番リカビトス(ノーザンファーム)
 14番ディアドラ(ノーザンファーム)
 15番ヴゼットジョリー(社台ファーム)
 17番ポールヴァンドール(ノーザンファーム)
 
●前走4着以内 9-8-8 連対候補はほぼ前走4着以内
  01番02番03番07番08番10番11番13番14番17番18番
●前走の着差 0.2秒以内の勝ち負け 8-8-6
  02番08番10番13番14番17番18番
●前走4番人気以内 10-6-7 
  01番04番07番10番12番13番14番16番17番
上記をすべてクリアしているのは条件戦からの参加の13番リカビトス、紫苑S1着の14番ディアドラ、同3着の17番ポールヴァンドール。過去の人気傾向からは14番デイアドラを狙いたい。

馬券は14番-**-07番の三連単、三連複。2着には13番17番01番02番04番06番11番16番を。

続きを読む "第22回秋華賞 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.14

第65回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス

今年からアイルランドトロフィーを冠とした府中牝馬S。
昨年のアイルランドトロフィーと府中牝馬Sの共通出目は01番。
参戦過程に不安なあるが、01番ヴィブロスには人気でも外せない。
アイルランドトロフィーの出目04番に入った、昨年の勝ち馬04番クインズリングもポイントとなる1頭である。
相手に05番トーセンビクトリー、07番アドアイヤリード。
10番クイーンズミラーグロ、14番バンゴール、03番デンコウアンジュに
穴で08番ロッカフラベイビーまでを。

続きを読む "第65回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.01

第51回スプリンターズステークス 見解

高松宮記念馬券対象馬がすべて出ていた年のスプリンターズSは、3頭のうちいずれかが馬券対象になっている。
また、51回芝1200mの傾向として3番人気が好走している点と内外対称の馬券で決着していることを踏まえて、08番レッドファルクスと09番メラグラーナの内外08番の2頭軸の馬券が最有力である。ここは抜け無しの総流しを。
03番セイウンコウセイが3番人気におちることを考慮して、中山巧者の14番ネロとの内外03番の馬券が押さえ候補。
相手の上位は上記以外で、今年芝1200m重賞or準オープンで1着のある06番ワンスインナムーン、07番ダイアナヘイロー、13番ファインニードル、16番ダンスディレクター。
G1影響馬として01番スノードラゴン、02番レッツゴードンキ、10番ビッグアーサーを押さえで。

Facebookは2012年ロードカナロア。
馬番:16番ダンスディレクター
性齢:4歳牡馬→03番セイウンコウセイ/13番ダインニードル/15番シュウジ/
前走:セントウルS2着→05番ラインミーティア/
騎手:岩田康誠→02番レッツゴードンキ/
厩舎:安田隆行→11番モンドキャンノ/
同年高松宮記念3着→08番レッドファルクス/
キングカメハメハ産駒→02番レッツゴードンキ/

続きを読む "第51回スプリンターズステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.24

第63回産経賞オールカマー 見解

人気の08番ステファノス、09番タンタアレグリアが出目からも軸故候補。
相手には前走重賞で5番人気以内の06番ルージュバック、12番デニムアンドルビーの牝馬2頭に加え、前走重賞5着以内の02番アルバート、15番カフジプリンス。
穴目の押さえに08番ディサイファと昨年3着の16番ツクバアズマオーを

続きを読む "第63回産経賞オールカマー 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.10

第31回産経賞セントウルステークス 見解

今年から産経賞の冠付となったセントウルS。
共通出目は06番ラインミーティアだが、ゾロ目含みや内外対称の馬券に注意を払いたい。
傾向からは2番人気の14番フィドゥーシアが中心。
01番や13番を相手にして、03番06番07番02番12番へ。

続きを読む "第31回産経賞セントウルステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第62回京成杯オータムハンデ 見解

10番ダノンプラチナが出走を取り消し、15頭で行われる京成杯オータムハンデ。
出目からは2枠03番ガリバルディが有力。
年内でマイル重賞で実績のあるのは、02番ボンセルヴィーソ、05番マルターズアポジー、06番グランシルク、08番ブラックスピネル、13番ダンンリバティが相手候補。
06番グランシルク以外は、割引材料も多い上位人気で、穴目で中山マイル実績のある16番マイネルアウラート、14番ミッキージョイ、01番ダイワリベラルなどを狙いたい。

続きを読む "第62回京成杯オータムハンデ 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.30

第65回北海道新聞杯クイーンステークス 見解

G1馬2頭が内外02番に配置された。
この2頭を中心として、マーメイドS組から1着の06番マキシマムドパリと1番人気だった01番トーセンビクトリー、優駿牝馬経由の07番ヤマカツグレース、秋華賞2着の10番パールコードへの馬券が本線。
別線で01番と06番のキンカメ産駒を軸とした馬券を。

続きを読む "第65回北海道新聞杯クイーンステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

第22回プロキオンステークス 見解

出目の狙いは02番ベストマッチョ。
相手に昨年4着で裏番配置の14番ブライトライン。
昨年3着の12番キングズガードと同枠の13番イーデンホール、裏番の04番アキノクレッセント。
押さえに上位実績だが、後方一気の脚質の12番キングズガードとセンター配置の1番人気08番カフジテイク、上昇気配の01番と05番を。

続きを読む "第22回プロキオンステークス 見解"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧